POPライター

POP

店頭広告をイラストや飾り文字などを使って手書きで制作するのがPOPライター。店頭に並んでいる商品を宣伝する為に、飾り文字やイラストなどを用いて手書きで作られている販促用の広告をPOPと言い、POPライターは、これらを作るのが仕事です。

店頭で商品を販売する上で一番大事な事は、お客様に商品そのものの存在を知ってもらう事、商品の良さやお値打ち感に気付いてもらう事などであり、POPは、その為のツールとして、お客様が商品に気付くように、知ってもらうように作ります。その為、目立つように、また、お客様が興味を示すような内容で作るのがPOPライターの腕の見せ所でもあります。

POPの内容は様々ですが、基本的には商品の何をアピールするのかがPOPにとって一番大事な事であり、お値打ち感を出すのであれば割安感をアピール、人気の売れ筋商品であれば人気をアピール、使い勝手の良い商品であれば使い方の簡単な説明と使い勝手の良さをアピール、新商品であれば新発売をアピールするなど、販売する上での商品のアピールポイントや商品に対する理解をする事もPOP作りには必要な事であると言えます。

また、POPは主に手書きで書かれている事が多く、POPライターは飾り文字やイラストが上手く書けるという事も重要なスキルであります。

POPライターの働く業界

小売店、スーパー、百貨店、ドラッグストアー、電気店など、商品を店頭販売しているところであればPOPの需要は尽きませんが、店員も兼ねている場合が多く、専属でPOPライターを雇用しているのは大手の販売店に限られているようです。

  • 小売店
  • スーパー
  • 百貨店
  • ドラッグストアー

POPライターになるには

POPライターを目指すためには、飾り文字やイラストが書けるテクニックが必要となる為、イラストなどの専門的な知識を身に付ける為にデザイン専門学校や通信講座などでテクニックを身に付けて小売店やスーパー、百貨店などに就職をするのが一般的です。

POPライターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女平均:(男性)5:(女性)5

POPライターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

POPライターとして働く際には、日本デザインプランナー協会が認定するPOP広告デザイナー認定試験や日本インストラクター技術協会が主催する絵画インストラクターなどを取得していると就職に有利でしょう。

POPライターへの近道アドバイス

POPライターになりたのなら、専門学校や専門講座などを受講してイラストに関するテクニックを身に付けて、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のPOPライター資格ランキング!!

  1. POP広告デザイナー認定試験:日本デザインプランナー協会
  2. 絵画インストラクター:日本インストラクター技術協会

POP広告資格を取得できる通信講座  POP広告資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA