バリスタ

カフェオーナー

カフェやバールなどでコーヒーのスペシャリストとしてコーヒーを提供するのがバリスタ。バーのカウンター越しにカクテルなどのお酒を提供するのがバーテンダー、カフェやバールなどのカウンター越しにコーヒーを提供するのがバリスタと言います。

コーヒーは、コーヒー豆を焙煎して抽出する事によってコーヒーを作り出しますが、コーヒー豆には様々な種類があり、また、焙煎方法、抽出方法にも幾つかの方法が存在します。その為、同じ種類のコーヒー豆であっても、産地によって味に違いがあったり、焙煎方法や抽出方法を変える事によって味に違いが出るなど、コーヒーには幾つもの種類や味が存在します。また、同じ豆、同じ焙煎方法、同じ抽出方法であっても、季節や気温・湿度によって味が違ってくる繊細な飲み物でもあります。

バリスタは、コーヒーに関する深い知識と技術で、お客様が求めるコーヒーを提供するのが仕事です。その為には、豆の種類、焙煎方法、抽出方法、季節、気温、湿度など、すべてを考慮して一杯のコーヒーを淹れる技術と経験が必要である仕事と言えます。

また、コーヒーを作るだけでなく、フィームドミルクを使ってコーヒーの表面に絵を描いたりして、見た目にも楽しさを演出したりします。

バリスタはお客様に寛いで頂ける空間作りや会話、リラックスして頂ける雰囲気作りも重要な仕事と言え、お客様とのコミュニケーションも必要な仕事です。

バリスタの働く業界

カフェ、レストラン、ホテルのカフェ、コーヒー専門店などで活躍をしており、正社員やアルバイトとして働く方も居ますし、独立して開業される方も多く存在します。

  • カフェ
  • レストラン
  • ホテルなどのカフェ
  • コーヒー専門店

バリスタになるには

バリスタを目指すためには、コーヒーに関する様々な知識と技術が必要となるため、(般)日本バリスタ協会が指定する専門の学校に通ったり、実際にカフェで働くなどをして知識と技術を身に付けてから就職するのが一般的です。

バリスタの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

バリスタに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

バリスタとして働く際には、日本安全食料料理協会のコーヒーソムリエ資格カフェオーナー経営士資格などを取得していると就職に有利でしょう。

バリスタへの近道アドバイス

バリスタになりたいなら、カフェの通信教育で知識を身に付け、カフェなどで実際に経験を積んで資格を取得するのが一番でしょう

今業界で人気のバリスタ資格ランキング!!

  1. コーヒーソムリエ資格認定試験:日本安全食料料理協会
  2. カフェオーナー経営士資格認定試験:日本安全食料料理協会

カフェオーナー  カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA