履歴書に書ける資格ランキング通信講座

履歴書に書ける

履歴書に書ける

何か資格を取得したいと考えているなら、履歴書に書ける資格を選んでみてはいかがでしょうか。資格としてはさまざまなものがあり、なかには仕事には直結しないものもあります。しかし、せっかく資格取得を目指すなら、自分自身のキャリアアップにも活かしたいと思いますよね。履歴書に書ける資格としては、さまざまなバリエーションがあります。そのため、履歴書に書けるかどうかという条件があっても、選べる資格の種類は幅広いです。また、自分がどのような働き方をしたいかによっても、選ぶべき資格の種類は異なるでしょう。大切なのは、どのような目標のために資格取得を目指すのかということです。今回は、履歴書に書けるおすすめの資格について紹介します。これから資格取得を目指したいと考えている人は、ここで紹介する資格を参考にして自分に合うものを選んでみてください。

ゆがみ矯正インストラクター

ゆがみ矯正インストラクター

ゆがみ矯正インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。整体に関する基本的なテクニックや整体に関する器具の使用方法を理解している人に対して認められています。女性や男性はもちろん、子どもと高齢者などの体の違いを理解しており、それぞれに適した整体の方法を知っていることが求められます。ゆがみ矯正インストラクターの試験を受けるための資格は特に定められていないため、スキルや知識があるなら誰でも挑戦できます。

ゆがみ矯正インストラクター資格取得のメリット

ゆがみ矯正インストラクターの資格を取得した場合、整体に関する知識やスキルを身につけていることを証明できます。資格取得のためにはそれなりにしっかりと学習する必要があるため、実務で役立つノウハウも身についているはずです。整体の仕事がしたいと思っているなら、ゆがみ矯正インストラクターの資格をもっていると就職や転職の面接においても有利になる可能性が高いでしょう。

ゆがみ矯正インストラクターの仕事について

ゆがみ矯正インストラクターとして整体の仕事をする場合、基本的に整体院に勤務する必要があります。場合によっては、自分で開業するという道もあります。ただし、開業を目指すには、集客の見込みもないと厳しいでしょう。そのため、まずは整体院に勤務して自分自身のスキルや経験を積むことをおすすめします。しっかりとスキルや経験を積むことができれば、将来的に理想どおりの働き方ができる可能性があります。

行動心理カウンセラー

行動心理カウンセラー

行動心理カウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催している資格です。人の行動を分析し、そこから読み取れる心理について専門知識をもっている人に認められます。心理に関する深い知識が求められる資格です。心理学の知識はさまざまなところで必要とされるため、履歴書に記載すればさまざまな場面で評価される可能性があるでしょう。試験の受験資格は特に定められていないため、心理学を大学などで学んだことがない人でも、専門的な資格の取得をスムーズに目指せます。

行動心理カウンセラー資格取得のメリット

行動心理カウンセラーの資格を取得できると、心理学に関する幅広い知識を身につけたことになります。よって、行動心理に関するアドバイザーを名乗り、活動することも可能です。資格があれば専門的な知識があることを証明できるので、仕事においても評価されやすくなるでしょう。相手からの信頼も得られる可能性が高まり、さまざまな仕事が舞い込む可能性があります。行動心理カウンセラーは比較的簡単に取得できる資格ですが、取得しておけば役に立つ場面が多いです。

行動心理カウンセラーの仕事について

行動心理カウンセラーとして働く場合、たとえば、企業や施設の専属のアドバイザーとして仕事を受けることもできます。気持ちに悩みを抱えている人に対してアドバイスし、よりよい状況を目指すための手助けをすることも可能です。行動心理カウンセラーの資格があれば専門家を名乗ることができるので、多くの人の心理的な相談を受けられるでしょう。企業で働くのではなく、フリーの行動心理カウンセラーとして活動するのも夢ではありません。ただし、そのためには実績やスキルが必要なので、まずは行動心理カウンセラーの資格を活かして企業で働き、ステップアップを目指すのがいいでしょう。

CADデザインマスター

CADデザインマスター

CADデザインマスターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している資格です。CADを使用した作図について一定以上のレベルに達している人に認められます。CADは、業界や企業によってはスキルが必須となっているケースもあります。そのため、CADデザインマスターの資格を取得していれば、履歴書に記してアピールすることが可能です。CADデザインマスターの必要性は目指す業界や企業によって異なりますが、自分自身が興味のある分野で必要なら、ぜひ取得しておくといいでしょう。

CADデザインマスター資格取得のメリット

CADデザインマスターの資格を取得すれば、CADに関するスキルや技術を証明することができます。CADのスキルは建築や機械などさまざまな分野で求められるものです。スキルの有無によって仕事に応募できるかどうかが左右される可能性もあります。よって、少しでもそういった分野に興味をもっているなら、CADデザインマスターの資格は早い段階で取得しておいたほうがいいでしょう。

CADデザインマスターの仕事について

CADデザインマスターの資格を取得していれば、CADを扱う可能性のある職種に就ける可能性が高まります。CADデザインマスターの資格があると、作図の仕事を任せてもらえるでしょう。また、CADデザインマスターの資格を活かせば、自分が人にCADについて教えることも可能です。講師としての評判が高まれば、講師業だけで生計を立てられる可能性もあります。CADデザインマスターの資格はさまざまな可能性につながるものなので、興味があるならぜひ取得を目指してみてください。

華道アドバイザー

華道アドバイザー

華道アドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格です。華道に関する基礎的な知識やスキルを有しており、実際の花の活け方や道具の扱い方について理解している人に認められます。華道は日本人にとって教養ともいえるものなので、資格を取得していれば履歴書にも記載できます。華道に対する理解があることをアピールできれば、自分自身の教養を伝えられるので、印象が良くなるのは間違いありません。華道に関する仕事がしたいと思っている場合は、華道アドバイザーの資格がより役立つ可能性があります。華道アドバイザーの資格試験の申込みは、インターネットから可能です。試験そのものも在宅でおこなえるので、普段の力をしっかりと発揮して資格取得を目指せます。

華道アドバイザー資格取得のメリット

華道アドバイザーの資格を取得すれば、華道に対するスキルのアピールになります。華道の資格といえば、華道教室で学んで時間をかけて取得する方法もあります。しかし、その場合、資格を得るまでに長い時間がかかります。しかし、華道アドバイザーの資格なら比較的スピーディーに資格取得を目指せるので、早く資格を手に入れたいという人でもメリットが大きいです。華道について何か資格が欲しいと思っているなら、最初の挑戦として華道アドバイザーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

華道アドバイザーの仕事について

華道アドバイザーの資格取得後は、華道に関する知識を活かした仕事をすることも可能です。華道アドバイザーとして華道に興味をもっている人たちに、知識を伝えることもできるでしょう。自分の実績が上がっていけば、より多くの人に自分のスキルや知識を伝えられる機会が増えていきます。この場合、個人で活動することになるので、仕事を進めるうえでは大変なこともあるでしょう。しかし、それもまた華道アドバイザーとして働くうえで醍醐味です。華道に関する自分自身の興味や関心を活かし、それを仕事としてつなげていきましょう。

ペットトリミングアドバイザー

ペットトリミングアドバイザー

ペットトリミングアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格です。犬や猫のトリミングについて必要な知識を理解しており、実際にトリミングをするために必要なスキルをもっている人に認められています。ペットのトリマーとして働きたいと思っているなら、ペットトリミングアドバイザーの資格があると就職の際に有利になります。特に未経験からトリマーを目指すなら、ペットトリミングアドバイザーの資格をとっておいたほうがいいでしょう。

ペットトリミングアドバイザー資格取得のメリット

ペットトリミングアドバイザーの資格を取得するには、犬や猫のトリミングに関する幅広い知識が必要です。そのため、資格取得を目指してしっかり勉強に励めば、トリマーとして働くために必要な内容をきちんと身につけられます。勉強は何も目標がない状態で始めてもうまくいかない場合が多いです。しかし、ペットトリミングアドバイザーの資格を取得するという目標があれば、自分自身のスキルアップを目指す動機にすることができるでしょう。そのようにしっかりと勉強したうえでペットトリミングアドバイザーになれば、その資格を活かして就職や転職を目指すことができます。

ペットトリミングアドバイザーの仕事について

ペットトリミングアドバイザーの資格取得後は、トリマーとして実際に犬や猫のトリミングをおこなえます。ただし、資格を取得しただけでは実践的なスキルはまだ弱い状態なので、勤務先でしっかりと実績を積んでいくことが大切です。ペットトリミングアドバイザーの資格があれば、将来的にトリマーとして独立できる可能性もあります。自分のサロンを持つことができたら、とても素敵ですよね。資格を活かし、自分のスキルとキャリアを少しずつ磨いていきましょう。

ページ上部へ戻る