日本占い師協会の口コミや評判、評価をご紹介!

日本占い師協会(JFTA)は、さまざまな占いの資格をその知識や技術が一定レベルに達している人に与える機関です。自宅で試験が受けられ、副業に活かせるこということで、今注目されています。ここでは日本占い師協会の口コミ、評価、評判についてご紹介します。

1、日本占い師協会とは?

日本占い師協会は、占いの知識や技術が一定レベル以上であると認められた人に資格を与える機関です。

占い師には特別な資格が必要ありません。「占い師です」と言えば今からでも仕事ができます。しかし占いの基本的な知識や技術を学んでいなければ、正しい結果が出るはずもありません。

日本占い師協会は、そういった占い師として必要な知識や技術が身についていることを証明してくれる機関です。相談者に安心感や信頼感を持ってもらうためにも、必要なものと言えるでしょう。

2、資格を取得する方法は?

2‐1 資格の種類

日本占い師協会の資格には16種類あります。(2021年1月現在)

・風水セラピスト

・パワーストーン鑑定士

・手相鑑定士

・数秘術鑑定士

・宿曜占星術

・アーユルヴェーダアドバイザー

・ダウジングアドバイザー

・サイキックアドバイザー・

・西洋占星術士

・タロットカード士

・夢占い師

・ルノルマンカード占いアドバイザー

・ルーン占い師

・四柱推命占術師

・九星気学占術師

・水晶占い鑑定士

2-2 資格取得までの流れ

①日本占い師協会のホームページで受験の申し込みをします。

②その後受験票、試験問題、解答用紙が自宅に送られてきます。受験料(10,000円(税込):認定校を卒業している場合は10%割引)は代金引換で支払います。

③受験は在宅で行います。受験日は設定された試験期間内であれば、都合の良い日、時間を選べます。尚、合格基準は正解率70%となっています。

④解答後、試験問題に同封されている返信用封筒で、日本占い師協会に送付します。

⑤決められた合否通知日以降に、ホームページ上で合否確認をします。

⑥認定試験に合格すれば資格取得となり、希望者には合格者専用ページにて合格認定証(発行料:5,500円)、認定カード(発行料:5,500円)が発行されます。

認定試験は2カ月に1回実施されているので、受験できる機会が年に6回あるということになります。

3、日本占い師協会の口コミや評判、評価は?

3‐1 自宅で受験できる

日本占い師協会の認定試験は在宅受験で行われます。

在宅なので仕事で忙しい人は帰宅してから、あるいは休日の都合の良い時間に試験が受けられます。家事や育児で忙しい方なら、家族が寝てから落ち着いて受験できます。

これまで「時間的に試験会場に行くことができない」「地方なので試験会場が遠い」と言った事情で受験しづらかった方たちには、「試験が受けやすくてよかった」という口コミが多いのです。

3‐2 申し込みから受験まで全てインターネットでできる

受験の申込みは日本占い師協会のホームページでできます。その後問題用紙などが送られてきます。また合否もホームページで確認できます。

申し込みから受験まで全てがインターネット上でできるので、自分の都合の良い時間に手続きが済ませられます。

3‐3 支払いも簡単

受験料の支払いも簡単です。問題用紙などが手元に送られてきた際に、配達員に現金かクレジットカードで支払います。家から出ることもありませんし、インターネット上で手続きする手間もかかりません。

3‐4 副業にできる

占い師の資格を取得して、副業にする人も多くいます。今はさまざまなサイトでの登録で、電話やメールでの占いが盛んです。

自分のスケジュールに合わせて、占い師活動の副業も可能です。

3‐5 認定試験のチャンスは年に6回

認定試験は偶数月に行われます。つまり1年に6回チャンスがあるということです。資格取得者からは「今回がもしも不合格であったとしても、再来月また受験できると思うとあまり緊張せずに済んだ」などの口コミが見られます。

またスケジュール調整が難しい忙しい人たちからは、自分の都合に合わせやすいことで評判が良いようです。

3‐6 受験資格が必要ない

資格取得の受験には、学歴や経験、実績などの条件が付くことも少なくありません。

「受験資格が必要ないので自分でも資格取得できた」と、学歴などを気にする方からは受けやすいと評価されています。

3‐7 講師活動も可能

さまざまな占い師の資格を得たことで、カルチャーセンターや自宅などで講師活動をしている人もたくさんいます。

例え占い師の才能があっても、初めて会う人にはわかりません。資格取得することで知識や技術があることを証明でき、活動がしやすくなるので現役の占い師はもちろんのこと、講師をしている人たちからも高く評価されています。

3‐8 費用の負担が軽い

一般的に資格取得には高額な費用がかかることが多いものですが、日本占い師協会の認定試験で必要な金額は受験料の税込1万円だけです。よく耳にする入会金、年会費、更新手数料も全くありません。

「1万円なのでもし不合格でもまた受けられると、緊張せず受けられた」などと、費用の負担が軽いと評判です。

3‐9 合格認定証などで信頼度アップ

日本占い師協会では、合格した後希望する人に有料で合格認定証や認定カードを発行しています。「占いを受けに来た相談者からは認定証などがあることで信頼感をもってもらえるようになった」との口コミが見られます。

4、各資格の口コミや評価、評判は?

4‐1 タロットカード士

「以前は人に占ってもらっていましたが、今は自分で占えるようになりました。友人とのコミュニケーションツールとして、そしていずれはこのタロットカード士の資格で仕事につなげていきたいです」

「もっとリーディングの勉強をして、タロット占いの店を開きたいと考えています」

世界的にも有名な占いであるタロットカード占いですが、そのカードの絵は日本人にはなじみの薄いものです。自分自身で占えるようになれば、そのような絵柄の深い意味をすることができ、プロの占い師がはっきり言えないようなこともわかるため、タロットが好きな人からはこの資格が高く評価されています。

4‐2 西洋占星術士

「これまで資格を持たず独学で西洋占星術の占い師をやってきましたが、資格を取得したことで気持ちが楽になりました。今後は占う人に的確なアドバイスをしていきたいと思います。時間とお金に余裕があれば教える立場にもなりたいですね」

あまりにも有名な西洋占星術。プロの占い師も多いジャンルです。仕事としている方の中に、資格を持たない人も多いようです。この方のように資格を取ることで自信を持つためのツールとして役立っているという方もいます。

4‐3 夢占い師

「女性向けのメディアでライターをしています。女性に特に関心が高い占い、その中でもあまりない資格「夢占い師」の肩書きで、夢占いについての記事をたくさん書けるようになりました。今後は心理学についても勉強していきたいです」

「深層心理を読み解く夢占いは、どちらかというと心理学に近いんですね。一見単純そうですがある意味セラピストとしての側面があるので、奥が深くやりがいを感じます」

夢はその人の深層心理が働いて、無意識なうちに本心があらわれるといいます。この方たちが言うように心理学にも通じることがあるため、メンタルケアやセラピーに利用されることもあるようです。

4‐4 風水セラピスト

「風水にもともと興味があったので、もっと深く知りたいと思い資格を取ることにしました。これからは家族や友人知人にアドバイスしてみたいと思います」

「資格を取って自分の家を見直すきっかけになりましたし、新築するという友人にアドバイスすることもできました。風水にこだわった私の家に、興味を持ってくださる方が多くいらっしゃるので今後は自宅で教室を開くことを計画中です」

家の中では風水によって運気を上げる手法が多く使えます。このように風水の資格を取って自宅の運気アップに、更には副業にと考えているという口コミはこの方だけではありません。

4‐5 手相鑑定士

「地域のボランティア活動をしています。資格を取ったことを話すと講師をしてほしいとの依頼がありました。講演後、個別占いをしたところ『占ってももらって良かった』など喜んでいただき、大変やりがいを感じました」

「手相にとても興味があり、資格を取得しました。占い師になることはそう甘くないことだと思いますが、まずは家族や友人を占い、その後多くの人にアドバイスできたらという想いでいます」

手相に限らず、占いができることで人に感謝され、やりがいを感じているという口コミは大変多く見られます。

4‐6 数秘術鑑定士

「占いを仕事にするというよりは、好きなので詳しく知りって自分で楽しみたいと思い、数秘鑑定士の資格を取りました。今は友人や会社の仲間を占ってあげています」

「同じように歴史が古いものの手相や西洋占星術などに比べ、あまり一般的ではない数秘術に興味を持ちました。今は知り合いを見ている程度ですが、ゆくゆくは副業にできたらと考えています」

数秘術は単に占うだけでなく、相談者の話に耳を傾けて相手を癒す効果もあるといいます。また数字の統計的な知識が必要なので、自己流では応用がききません。資格取得によってその知識が正しく身についてこの口コミのような自信に結び付いているようです。

5、まとめ

日本占い師協会は、占いの基本的知識や技術が一定レベル以上身についていることを認めた人に資格を与える機関です。

「受験資格が必要ない」「費用の負担が軽い」「在宅受験で忙しくても受けやすい」など、評判が良い機関と言っていいでしょう。占いの種類も豊富で、それぞれ「副業にできる」「やりがいを感じる」「人の役に立てる」など良い口コミも多いようです。

占いに興味がある方、副業を探している方、将来に向け資格がほしい方は一度日本占い師協会にアクセスしてみてはいかがでしょうか?

ページ上部へ戻る