「日本安全食料料理協会」の口コミ評判を知りたい!

職業資格

日本安全食料料理協会って何?

現代は、日本のみならず世界的な健康ブーム。「ちょっとしたゆとりがあるヘルシーな生活」を求める人が増えています。

朝は駅前のコーヒーチェーン店で一息。ランチのあとはコンビニで、こだわりのカフェオレを購入したり。そんな、日常のささやかな楽しみが、わたしたちの健康な心身を保つ助けになったりしているのです。

広くニーズがある時代だからこそ、食文化を有効活用できる専門知識を持っている人が、企業でも重宝されています。

日本安全食料料理協会は、コーヒー、紅茶、ワイン、ハーブ、漢方など、食や飲物に関する専門的な知識とスキルをもったスペシャリストを育て、認定する資格を数多く取り揃えている機関です。

これらの資格を保有していると、食品・料理技術において、一定以上のスキルを持っていることを証明することができます。受験料は1万円。どの試験もインターネットで申込みができ、在宅で受験できるので、多忙な方にも嬉しいですね。

日本安全食料料理協会で、どんな資格がとれるの?

日本安全食料料理協会で認定される資格の種類には、どういうものがあるのでしょうか?まとめてみました。

・コーヒーソムリエ認定試験

コーヒーの選び方と、コーヒーをより深く楽しむための知識とスキルが問われる試験です。コーヒー豆について、歴史・産地・種類、おいしい豆の判別法、焙煎のコツと味の関係、ラテアートの作り方などの知識が必要です。

・カフェオーナースペシャリスト認定試験

カフェオーナーとして、マーケティングや店舗についての知識と実務的な技能を有してるかが問われる試験です。認定されると、カフェオーナーとしての仕事のほか、カルチャースクールや自宅で講師活動をすることができます。

・紅茶アドバイザー認定試験

カップ&ソーサーやオリジナルブレンド等、紅茶に関する基礎知識を有していることを認定する試験です。茶葉に関する等級・効能・生産地などの知識、紅茶のおいしい淹れ方、茶葉のグレードや製法などが問われます。認定後は、講師活動ができます。

・紅茶マイスター認定試験

紅茶オーナーとして、マーケティングの基礎知識やティールームの内装設備といった幅広い知識を有し、活用できる技能が問われる試験です。紅茶オーナーや講師として活動できます。

・ワインコンシェルジュ認定試験

ブドウの品種や世界各国のワイン事情、ワインのサーブやワインに合う料理まで、ワインに関する基本的な情報をマスターしているかが問われる試験です。酒類の製造販売。流通、飲食サービスなど幅広いジャンルでの活動が可能です。講師活動もできます。

・ハーブライフインストラクター

ハーブティー、ハーブの料理、ブレンドと効果、ハーブの栄養・有効成分など、ハーブを活かした豊かな生活を促進するための知識とスキルが問われ、認定される資格です。各方面で需要がある資格ですが、ハーブセラピストとしての活躍も可能です。

・薬膳調理師資格

薬膳の基礎知識があり、漢方的な観点からみた薬膳における食材がもつ効能、食療などの知識をもつ人が認定を受けられる資格です。

・漢方コーディネーター認定資格

漢方の思想や歴史・特徴・使い方などの基礎知識を有し、漢方の観点からみた診断方法や養生について、一定以上の知識があると認められた人に与えられる資格です。

・スパイス香辛料アドバイザー認定資格

世界各国のスパイスの種類と歴史、効能や利用方法など、様々なスパイスの知識があり実際に料理に使えるかを問われる試験です。

・和食エキスパート認定試験

だしの種類、和包丁などの道具の種類、煮物の作り方など、和食に関する知識と技能がエキスパートの域であるかを問われる試験です。認定されると、講師活動が可能です。

・食用オイルソムリエ認定試験

食用オイルについての種類、栄養・有効成分、美容効果・ダイエット効果など、基礎知識と活用方法を熟知しており、用途に合わせたオイル選びや効果的な活用ができる人に贈られる資格です。

・ベジスイーツマイスター認定試験

野菜を使ったスイーツに関する基礎知識、栄養や食材、作り方についての一定以上の理解があると認められた人が認定される資格です。資格取得すると講師活動が可能です。

・ドライフルーツセレクター認定試験

ドライフルーツの栄養素や、フィトケミカルに関する知識、抗酸化作用、生活習慣病の予防効果など、不ドライフルーツがもたらす健康効果について一定以上の知識が問われる試験です。認定されると講師活動ができます。

これらの資格の口コミでの評判は?

これらの資格試験の口コミでの評判を見てみると、「試験に合格できたので自信をもってカフェをオープンできた」「ワインでのおもてなしのときに友達に喜んでもらえた」「自宅で落ち着きながら受験できるのが嬉しい」といった口コミが見られました。

これまでは、飲食サービス業に従事していても、自分の技能レベルがどの程度であるのか、指標になるものがありませんでした。けれども、これらの資格を取得することで、自信をもてた人、自分の店をもつという目標ができた人、出産のため以前の職場を辞めたけれど資格を取得したことで講師として現場復帰できる人も居ます。

日本安全食料料理協会の資格は、その分野におけるスペシャリストであることを証明してくれます。社会生活や、人とのコミュニケーションにおける強力な武器であり効果的なツールとなりますね。

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る