カクテル資格人気ランキング

カクテル資格人気ランキング

お酒が飲める、飲めないを問わず、シーンに花を添えてくれるドリンクこそ、【カクテル】ではないでしょうか。素敵なカクテルでお祝いした経験が思い出深かったり、カクテル目当てに出掛けたことがある方も多いのでは?カクテルは、使用するリキュール等の種類や、色合いもざまざまで、好みの色や味を出したり、温度設定には技術が必要です。最近話題のフルーツカットとのコラボレーションも盛んで、カクテルと組み合わせる食材もスパイスからクリームまで幅広くなっています。また【カクテル】を作る人には、女性も増えているんですよ!それでは人気資格から順番に、どのような資格があるか具体的に見ていきましょう。ご紹介している資格や通信教育のなかには、ワイン、ビールなど一般的なお酒から、度数の強いウィスキー、ブランデーなど蒸留酒の歴史や知識、シェイカー技術・カクテルの作り方までをまとめた内容もありますが、【カクテルソムリエ】【カクテルコンシェルジュ】は、カクテルに特化した専門資格になっており、口コミ評判を集めている資格ですよ。出店、飲食業界で働きたい方は、せひチェックしてくださいね。

1位カクテルソムリエ

1位カクテルソムリエ

【カクテルソムリエ】は、「食」や「飲料」に関する資格のエキスパートである、日本安全食料料理協会(JSFCA)で大人気の資格です。ひと昔前は、【カクテル】を作るためにシェイカーを振るのは、男性(バーテンダー)が役割を担っていましたが、趣味で【カクテル】を楽しむ女性が増えたので、年齢や年代に関係なく申し込みが増えていますよ。また年齢制限や受験に関しての制限が一切ないので、【カクテル】やカクテルに関連する総合的な能力を証明したい方には、絶好のチャンスです。

「カクテルソムリエ」日本安全食料料理協会(JSFCA)

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/cocktail/

カクテルソムリエ資格取得のメリット

様々な種類のスピリッツやリキュール類、ソーダや柑橘系飲料、塩や砂糖などの調味料や、ノンアルコールのジュース類などを組み合わせたカクテルの種類や、その味、カクテルに合うおつまみなどの組み合わせに精通したソムリエが、カクテルソムリエです。カクテルを趣味で作ったり、あるいはバーなどで楽しむ人は多いと思いますが、その味、使われているスピリッツや柑橘系などの風味付けの特徴などを、他人に詳しく説明できるほどの知識を持つ人は、一般的には少ないはずです。カクテルソムリエの資格は、正しく正確なお酒の銘柄を特定できたり、基本となるベースのお酒から、その味の表現までを、わかりやすく他人に説明することが出来ると、第三者の機関や、カクテルに関係する団体や協会が認めたことを示すことになります。これによって、新しいカクテルの開発や、レシピの公開、カクテルに合う料理のレシピなど、様々な活動を通じてカクテルの普及に務められます。

カクテルソムリエの仕事について

組み合わせ、その種類はよく知られているものでも、50種類以上、更に発展したオリジナルカクテルを含めれば、星の数ほどレシピが存在します。カクテルソムリエは、基本となるお酒の種類と配合割合、シェーカーなどのカクテルに使われる道具の使い方から、冷やし方、注ぎ方、提供の仕方や飾り付けにまで詳しい、カクテルの専門家としての知識を認められた資格となります。民間資格ながらも、カクテルは通常、お酒を扱うバーテンダーが主に詳しい存在の1人ですが、なかなか、一般のお酒に詳しくない顧客の場合は、バーでカクテルを注文するのも、ややハードルが高いものです。カクテルは、プライベートでの交流の中でも、1対1の少人数で楽しむケースが多いため、カクテルに詳しいことは、お酒を通じた人付き合いでも、他者に比べて優位性があるものです。カクテルソムリエは、そういったカクテルを楽しむ人に対して、様々なシチュエーションに応じたカクテルを紹介したり、粋な計らいの手段などを与え、アドバイス出来る仕事に従事することが出来ます。

2位カクテルコンシェルジュ

2位カクテルコンシェルジュ

【カクテル】と関係のある【スパイスインストラクター認定試験】や【ソムリエインストラクター認定試験】を実施している、日本インストラクター技術協会(JIA)のカクテル資格が【カクテルコンシェルジュ】です。【カクテルコンシェルジュ】は、ノンアルコールカクテルを含む【カクテル】に特化した専門資格で、カクテルの作り方に始まり、カクテル作りに必要な道具・レシピなどに精通した方が、認定試験を受験したのちに取得できる資格になっています。開業や就職・転職に有利なのはもちろんのこと、【カクテル】について教える”講師”になりたい方にもおすすめの内容ですよ。

「カクテルコンシェルジュ」日本インストラクター技術協会(JIA)

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/cocktail/

カクテルコンシェルジュ資格取得のメリット

有名なカクテルの殆どは、ウォッカやテキーラ、ジンなどのアルコール度数が高いスピリッツがベースになっています。このため、強いお酒に不慣れな女性にとっては、男性のエスコートが、かなり重要になる場合が多いです。またお酒の席での恥ずかしい経験は、誰もが思い出したくない記憶となる場合が多いものでしょう。女性をお誘いするような、デートの場合のバーは、特に男性にとってハードルが高いことは言うまでもありません。カクテルコンシェルジュは、そういった男女の交流の席で、脇役でも重要なお酒、それも見た目も美しいカクテルのレシピや、その種類を通じて、他人にそのカクテルに相応しいシチュエーションや、想定される場面などを基に、多くの男性にも需要が見込まれる、カクテルのアドバイスを行えるという資格となります。

カクテルコンシェルジュの仕事について

初対面から、付き合いが深くなったカップルなどに対して、バーでの人前で恥ずかしくない、カクテルの知識を教える事が出来ますので、相手の趣向、好みを通じて、シチュエーションに相応しいカクテルの種類や、提供、紹介するタイミングや、それにあった店の選出、おつまみやカクテルに合う料理なども紹介しアドバイスすることが出来ます。恋愛相談の一部を担うようなケースもあるため、カクテルコンシェルジュは、書籍やホームページなどで、需要のある情報を提供しながら、それを収益化することも出来るでしょう。

3位カクテルマイスター

3位カクテルマイスター

飲食業界で働きたい方に向けた、カクテルの通信教育で、基礎から応用まで身に付きます。ほかの資格と比較すると、検定料を含んだ費用がやや高額になりますが、通信講座なので、受講者のペースで勉強を進められる点が特徴です。試験はWeb試験なので、結果がすぐ分かる仕組みになっています。

「カクテルマイスター」formie(フォーミー) / 株式会社モーニングハイ

費用:27,000円~(税込み)

カクテルマイスター資格取得のメリット

スピリッツ、ウイスキー、ワインなど、様々なベースとなるお酒の種類とその役割や、柑橘類、氷の取扱いから、ミキサーやシェーカーなどの専門調理器具に関しても、深い知識を必要とするため、資格所得によって、独立したバーの経営、バー経営の中核となる、スクルの高いバーテンダーとしても活躍できるメリットがあります。

カクテルマイスターの仕事について

マイスターは親方・巨匠・大学者・師と翻訳されることもあるため、バーテンダー同様、高い知識に加えて、自分でもカクテルを作れる技術を有した、人格的にも優れた人である事を証明された資格所有者となることが出来ます。より深く踏み込んだお酒の知識が必要となるため、味覚も鋭敏で、それなりの才能を必要とする資格となります。カクテルを通じたキャリアアップの中では、必須の資格と言えるかもしれません。バーテンダーとしても、新しいカクテルを生み出す開発者としても活躍するほどの高い知識と技術を有しているので、カクテルを通じて独立を考える人には、とても役立つ資格となるでしょう。

4位カクテルアナリスト

4位カクテルアナリスト

自宅でカクテルを自分で作って楽しみたい方を始め、バーや居酒屋店を開業したい方、飲食業界に就職したい方に有利な資格です。一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する「カクテルアナリスト」を目指しており、キャリカレの教材には経営ノウハウも含まれています。費用は、テキストやDVD教材のほか、レシピが付随した教材セットの費用です。

「カクテルアナリスト」資格のキャリカレ / 株式会社キャリアカレッジジャパン

カクテルアナリスト資格取得のメリット

アナリストは、評論家としての立場・役割もあるため、非常に幅広いカクテルの知識を多くの人に普及と貢献において、広めることが出来ます。カクテルの評価、味の判定にも長けており、カクテルをよく知る存在として活躍することが出来るでしょう。

カクテルアナリストの仕事について

証券会社や銀行などの金融機関や投資顧問会社などに所属し、企業の増資や新製品開発の動向、収益や経営状態、そして国内外の全般的な経済、政治情勢など、幅広いデータや情報を調査・分析して、株価の評価や金融の将来予測を行うスペシャリストのことを、一般的にアナリストと呼ばれています。カクテルをテーマにした書籍の執筆や、バーやバーテンダーの評価、様々なメディアを通じて、カクテルの普及に貢献できる仕事に就くことが出来ます。

費用:36,000円~(税込み)

5位カクテルアドバイザー

5位カクテルアドバイザー

HBA主催のカクテルアドバイザー試験で、20歳以上の方が受験できます。内容は通信教育形式で、申し込み後にテキストやDVD、問題が郵送され、添削を受けたあと受験するという内容です。試験込みの費用になっていますが、カクテルアナリストと並び費用は高額。また合格までに時間を要するので、ある一定期間を勉強に充てる必要があります。

「カクテルアドバイザー」 一般社団法人ホテルメンバーズ協会(HBA)

費用:36,000円~(税込み)
いかがでしたか?カクテルに関連する資格は種類が多いですが、通信講座を選択するときは、試験まで含まれる内容なのか、受験は別途必要かどうかに留意しましょう。また通信講座は、受験までペースを維持するほうが良いので、時間に余裕のある方、高額な費用を負担できる方の方が好ましいでしょう。【カクテルソムリエ】【カクテルコンシェルジュ】は、口コミ評判を集めているカクテルの専門資格で、スケジュールが組みやすく、受験のしやすさに定評があるので、ぜひとも視野に入れてみてくださいね。

カクテルアドバイザー資格取得のメリット

20歳以上であれば、男女問わず講習を受講可能で、カクテルをもっと楽しみたい、あるいは自宅や他の場所やイベントで、カクテル作りを披露したい人などには、とてもわかりやすく、カクテルの知識を得られるメリットがあります。また、すでにバーテンダーとして働いている人でも、スキルアップの手段の一つとして受講するのも、メリットが大きいでしょう。

カクテルアドバイザーの仕事について

一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会などが認定している資格の一つで、 カクテルをライフスタイルに取り入れたい人やさらに仕事のスキルアップを目指す人などに最適な資格として知られています。日本ホテルバーメンズ協会は、 日本全国のホテルバーメンを中核に、本格派バーのあり方とカクテルを中心とした 飲料文化の発展・バーテンダー育成に努める協会となります。カクテル・アドバイザー通信講座を運営しているので、資格所得までの道程が、比較的わかりやすく、誰でも挑戦できるのが魅力です。仕事に活かす場合は、バーテンダーなどに従事している人には、更にスキルアップが目指せる他に、一般の方では、より本格的なカクテルの世界の登竜門として活用する事ができるでしょう。これからカクテル、バーなどで働きたい人には、資格を所得することは損はないといえます。
カクテル  カクテル

カクテル資格の学校について

昔から人気のある分野で、しかも多くはアルコールを使うために、成人向けの資格として人気があるのが、カクテルの資格です。学校については、協会や団体が運営する講座や、広くはバーテンダー育成のカリキュラムがある調理専門学校なども含まれることになります。学べる場所や手段も多いのが魅力の一つです。

カクテル資格の試験難易度

カクテルは、お酒や素材の組み合わせだけではなく、その混ぜ方、冷やし方でも味が千差万別になるほどレシピが多いものです。したがって、お酒の週類を覚えるだけではなく、割合も微妙にそのレシピを完全に覚える必要があるため、筆記試験でもそれなりにハードルが高いことはいえるでしょう。

カクテル資格の給料・年収

カクテルの専門知識を活用して、数多くの書籍が刊行されています。加えて、カクテルソムリエも、多くのインターネットや動画で、そのオリジナルレシピを紹介したり、デートや男女出合いの場のエスコート方法などをアドバイスする立場として活躍しています。バーテンダーでもカクテルを扱う人は、職人としての待遇で、他の人よりも給与も高いことが多いようです。

カクテル資格取得後は

個人活動以外に、バーなどの宿泊施設付随の店舗での就職など、実務的に多くの職種を考える事ができます。廃れることがない分野の資格ですので、資格所得後は、カクテルの普及及び、カクテルの提供者としても活躍する事が可能です。

カクテル  カクテル

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る