スープ資格人気の資格徹底比較

スープ

肉や野菜、魚介類からとれる栄養分、エキスをつかった液体の料理、それがスープと全般的に呼ばれています。日本の味噌汁も、「ミソスープ」として海外によく知られ、 世界三大スープと呼ばれるものには、中国のフカヒレスープ、タイのトムヤンクン、フランスのブイヤベースなどがあります。料理の主役、あるいは前菜として広く親しまれ、日本では汁物と吸い物というような細かい分類もあります。

人気:スープマイスター

スープの食材には、野菜や魚介類を主体に使って、味噌や醤油と合わせて作る物が多く、それぞれ出汁に食材が使われる事が多いです。また出汁そのものをスープとして、汁物のベースとする料理も日本では一般的です。例えば、一般家庭で調理される味噌汁の場合は、味噌と呼ばれる熟成発酵した調味料に、カツオを乾燥して作る加工食品の鰹節や、日干しした海藻類のコンブや、同じく乾燥した小魚を出汁としてベースに使います。

一方で、アジアではトムヤンクンのように、香辛料、スパイス中心の調味料に、ココナッツミルク、海鮮食材から抽出されるエキスと合わせた、複雑な味のスープを作る場合があります。

ブイヤベースは肉類と野菜を長時間煮込んで、それを濾した液体、エキスをそのままスープとして食します。また、ラーメン・スープの様に、鶏ガラ、牛や豚の骨やすじ肉を長時間煮込んで出汁として、醤油と脂で味付けするパターンなど製法は様々です。スープマイスターは、こうしたスープの調理方法、製法、応用の仕方や、世界の地域性、料理コースでの役割などを周知した、スープのマイスターとなります。

スープアドバイザー

スープは、食材のエキスを水の中に溶かし込むため、長時間煮込んだり、あるいは圧力釜で調理したりと様々な方法でエキスを抽出します。必ず加熱処理して調理した上で、色々な料理のベースとなることが多いです。その為、栄養価も非常に高く、場合によっては体力の低下した高齢者や、成長に必要な栄養を効率良く摂取するための、幼児食や、健康食品としても活用されます。食材に関しても、食材そのものを加工するのではなく、あくまでも煮込んで、エキスを抽出するため、咀嚼を必要とせず、あるいは様々な料理のベースとなることも可能です。

スープアドバイザーは、こうしたスープの色々な料理への応用、または、本来は食材そのものを食す料理を、液体化することで効率良く摂取する方法をアドバイスできる民間資格所有者です。野菜から灰汁を抜き、美味しく作るコツ、肉などから適切な出汁を取る煮込み方の伝授など、様々な分野、料理の中で、出汁やベーススープの作り方を学んでいる必要があります。また、健康に必要な栄養価を考えるだけではなく、アレルギーや慢性疾患にも対応できるような、スープ作りも熟知しているのが、スープアドバイザーです。

スープソムリエ

世界の伝統的な食材、製法をつかったスープや、日本の地域性のある出汁、汁物、椀物から、ラーメンスープ、煮込み料理のベーススープなど、スープの歴史やその発展、現代のスープの応用料理を熟知し、スープ料理などの評価や分析なども出来る資格がスープソムリエです。世界の有名料理はもちろん、使われる調味料、スパイス、加工方法などにも精通している必要があります。

西洋料理だけではなく、アジア料理や中東、世界の食材や調味料の使い方や原材料にも習熟している必要があります。スープは必ずしも温かいものばかりではなく、冷製スープや、冷やして楽しむスタイルもあるので、スープ全体の応用にも精通している必要があります。

また食材の全ての栄養素を、余すところなく得られるのがスープなので、スープの楽しみ方、ライフスタイルとしてオシャレなスープの利用方法などを、人に提案できる資格となります。資格所得後はスープのグルメ・リポート、世界のスープの製法から、新しい食材の提案、スープの総合的なスペシャリストとして、セミナー、料理教室、あるいは個人的な料理研究や活動に役立てる事ができます。

 

スープ資格  スープ資格