ペン字・手紙資格人気の資格徹底比較

手紙の書き方

今、人との連絡手段に使われているのは主に携帯やスマホです。メールやSNSによって簡単に人と連絡をとれるようになってきました。そんな時代となったなかで手書きの字を書くことや手紙を書く機会はどんどん減っています。しかし、きれいな字やしきたりにのっとった手紙を書けることは大人としてのスキルを持っていると一目置かれます。そんなペン字・手紙に関する資格をランキング形式でご紹介します。

人気 レターライター

レターライターとは日本語の言葉遣い・季語・敬語などの持つ意味や効果を理解し、手紙を書く際に正しい日本語を書くことができると認定された資格です。手紙を書くときには拝啓や草々などの言葉を使います。もしかしたら初めて聞くという人もいるかもしれません。それほど手紙を書くという習慣はなくなっているのです。

この資格をもっておけば、いざ手紙を書くことになったときにすぐに対応することができ、相手にも自分の気持ちを誠実に伝えやすくなります。正しい手紙を書けるからこそ、相手に対して失礼のない言葉で書くことができるのです。

レターライターの資格をとるには日本デザインプランナー協会の実施している試験を受けます。特に受験資格などはありません。また在宅での受験になっていますので、スキルが欲しいけど忙しくて時間がとりにくい会社員などに人気の資格です。

手紙ライター

手紙ライターは日本インストラクター技術協会が認定している資格です。文章構成から手紙を書くときに必要な知識を持ち、レベルの高い文章を書くことができる人に認定されます。

レベルの高い文章を書ければ、人からも一目置かれますが、それは社会の中でも同じです。人に伝わる文章が書けるということは人の気持ちを動かすこともできます。人とのつながりが薄くなったこの時代だからこそ、手紙というが相手には真摯に伝わります。

この資格を取るには日本インストラクター技術協会が行う試験に合格する必要があります。しかし、特に受験資格などはいりません。年に6回も試験が行われていますので、いつでも受験が可能です。また在宅での受験になりますので、資格としては受けやすい試験になっています。

硬筆書写検定(ペン字検定)

硬筆書写検定は日本書写技能検定協会が資格認定しています。万年筆やボールペンなどを使い、美しい文字を書く技術を持っている人に与えられる資格です。人が履歴書や手書きの文書などを見るとき、文字の美しさやきれいさなどで人柄などを見られることがあります。それだけで判断できるのかと思いますが、目に見えない相手とのやり取りするときの判断材料は字や文章しかありません。

まして就職活動において多くの履歴書を見る企業ではパッと見た文字の美しさから判断することもあるそうです。おおげさだと思うかもしれませんが、それだけ文字の美しさというものが重要になっているのです。字がきれいに書けるようになりたい、書類審査を通るようになりたいと考えている人には字の上達を図るための資格として人気になっています。

試験は年に3回行われ、1級から5級までの幅広い級に分かれています。徐々に自分のレベルを上げていくのもいいと思います。3級まではある程度合格率がありますが、それ以上になりますと硬筆書写の専門的な知識が必要になります。自分のレベルにあった級を受けるようにしましょう。

 

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA