焼酎資格人気ランキング

焼酎は今や、日本国内外から愛される風物詩になっていますね。日本のお酒は、米や麦、芋を原料にしているので、健康面でも注目され、適量ならリラックス効果もあり、ひとりでも大人数でも楽しめます。【焼酎資格】は、相手の好みに合ったお酒を提供できる技量を中心に、専門知識や酒器などにも詳しい方が取得しています。なかでも【焼酎セレクトマイスター】【焼酎セレクトアドバイザー】は、趣味をランクアップさせたり、資格を取得して仕事に活かしたい方から人気を集めており、在宅受験できる点でも口コミ評判を集めていますよ。人気の資格から紹介しますので、しっかりチェックしてください!

 

1位焼酎セレクトマイスター

【焼酎セレクトマイスター】は、原料ごとに異なる【焼酎】の特徴を熟知し、料理との相性についても知識がある方に贈られる資格です。管轄は日本安全食料料理協会(JSFCA)で、認定試験を受け、合格すると資格を受けられます。申し込みも受験も自宅から可能なので、時間が取りづらい方にも好評で、受験地により受験を制限されることもありません。【焼酎】が好きな方に、たいへんおすすめの資格になっています。

【焼酎セレクトマイスター】日本安全食料料理協会(JSFCA

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/shochu/

2位焼酎セレクトアドバイザー

【焼酎セレクトアドバイザー】は、気候や風土に合った焼酎の知識や、飲み方に精通している方向けの資格です。【焼酎セレクトアドバイザー】とは、日本インストラクター協会(JIA)が管轄の認定試験で、合格したすべての方に資格を授与し、活躍の場を広げています。インストラクター資格(教える資格)なので、自宅開業したい方や、定年後の仕事にしたい方、カルチャースクールで講師になりたい方から評判です。日本インストラクター協会(JIA)には、【焼酎セレクトアドバイザー】のほか、「ソムリエインストラクター認定試験」や、珍しい「緑茶インストラクター」など話題の認定試験も揃っており、併願する方も増加中ですよ。

【焼酎セレクトアドバイザー】日本インストラクター協会(JIA

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/shochu/

3位焼酎唎酒師

【焼酎唎酒師】は、好みにあった焼酎を選べる唎酒師の資格で、酒類・飲食小売店や卸売業、宿泊業や旅行代理店に就職したい方が取得するケースが多いです。通信コースが人気ですが、通信または通学で学習し、その後会場受験することもできます。学習期間は3カ月~1年に設定されているので、長期間時間がとれる方向けです。

【焼酎唎酒師】日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI

受講費用:77,400円

URL:http://www.ssi-w.com/?page_id=21

4位焼酎検定

【焼酎】の歴史や文化、雑学の習熟度を検定試験で証明できます。【焼酎検定】は、3級から1級までの焼酎の検定試験で、1級、準1級になると、【焼酎】の継承発展を行えるレベルと認定されます。3級でも、焼酎の基礎知識や特徴、魅力を理解していると認識されますよ。通信講座は指定されていませんが、出題参考資料(3,240円)が準備されています。

【焼酎検定】日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI

検定費用:1級5,250円 ~ 3級3,650円

URL:http://www.ssi-w.com/?page_id=2450

5位焼酎きき酒師

【焼酎きき酒師】は、【焼酎】のプロを目指す方向けの資格で、産業能率大学の【きき酒師】(33,940円)を受講し、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)の認定試験を受ける流れになっています。FBO(料飲専門家団体連合会)へも同時に登録し、自身のスキルアップを測れる体制を整えますが、いずれも費用が高額です。

【焼酎きき酒師】学校法人 産業能率大学

受験費用:18,000円 ※別途、認定登録料(25,000円)、入会金(19,000円)等が必要

URL:http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/page/11499

いかがでしたか?お酒は、人と人とを結ぶツールであり、場をなごませたり、仕事でも大切なアイテムです。【焼酎資格】は、通信講座込みの資格試験が多かったり、特殊な専門知識を題材としているので、受験費用がかかるケースもありますね。【焼酎】人気は高まるばかりで、もともとプロ並みの知識がある方も多いジャンルです。【焼酎セレクトマイスター】【焼酎セレクトアドバイザー】なら、実力を証明したい方にピッタリ。資格試験の申し込みだけで、それ以外に費用はかからず、在宅で受験が可能です。日本安全食料料理協会(JSFCA)や日本インストラクター協会(JIA)では、実用的で人気の資格が目白押しなので、この機会に資格を取得しませんか?

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る