西洋占星術資格人気の資格徹底比較

西洋占星術資格

西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要なイメージがありますが、そんなことはありません。西洋占星術は星の位置や動きなどからホロスコープを作成し、分析することによって占いを行います。なので、特別な力がなくてもホロスコープを作成できれば問題ありません。そんな西洋占星術に関する資格をランキング形式でご紹介します。いったいどんな資格があるのでしょうかい。

西洋占星術士

西洋占星術士

西洋占星術は日本メディカル心理セラピー協会が認定している資格です。星や惑星の位置からホロスコープを作成し、人の運勢や本質・運勢を占うことができる人に贈られる資格になっています。資格取得には日本メディカル心理セラピー協会の認定試験に合格する必要があります。試験には特に受験資格はありません。西洋占星術は星の動きを分析することが必要ですが、そこに特別な力は必要ありません。その場にある星の動きを見ていくだけなので、興味があるという方は誰でも取ることができる資格です。誰でも取ることができる資格とあって人気になっているようです。西洋占星術資格の西洋占星術士認定試験

西洋占星術士資格取得のメリット

古代からの伝統的な占いという、極めて専門的な知識を必要とするため、従来の科学的見地では説明できない、人の運命、その未来予測を、統一され体系的な説明を行うことで、占いに対して個人の特別な能力を必要としないのが、西洋占星術の特徴です。従って、キチンと知識とホロスコープの作成に関して正しい解釈が行えれば、誰でもあっても占い師同様の仕事や、占いの世界を教えたり、周知させることが可能となります。アラブ世界や西洋諸国で発達してきた、天体が地球に及ぼす効果を研究し予言を行おうとする、古代から行われてきたのが、西洋の占星術です。古代の考え方では、天動説が主流で、地球のまわりを天体が回るという視点から、ある瞬間の太陽系の星の配置を地上から観察して一枚の図に表した図面を準備し、ネイタルチャート(バースチャート)と呼ばれる、人が生まれた時の天体の位置をホロスコープとして、その人の人生における、様々な運命を予想することが行われてきました。地球が球体である概念がない時代の考え方で、太陽系は10の天体、星は12の固定された配置、所謂12星座(サイン)に、人間が人生で遭遇するさまざまな出来事の分野を示すハウスと合わせて物事を占います。西洋占星術士とは、こうした古代から継承されたホロスコープなどの知識と技法などを習得して、その方法や占い方を他人に教えたり、占ったり、道具や概念の周知や普及に貢献できる資格となります。

西洋占星術士の仕事について

実際に西洋占星術を行う占い師の他に、そうした西洋占星術を利用した占い師を目指そうと考える人などに、西洋占星術の手法や考え方を教えたり、アドバイスすることが可能となります。ハウスとは太陽の通り道を「黄道」として12等分に分割し、ハウスは地球上のその人のいる位置を基準に12のブロックに分けたものとしています。4分に1度ずつ動き、緯度・経度によっても変わるため、正確な出生時間・出生場所が必要が、西洋占星術は、こうした天体の位置と配置、人の出生時間と出生場所をそれぞれ参考にしながら、アスペクトと呼ばれるに天体同士の角度を計算して、複数の側面からその人の将来の運命を予想します。

ホロスコープ鑑定士

ホロスコープ鑑定士

ホロスコープ鑑定士とは日本インストラクター技術協会が認定している資格です。西洋占星術においてホロスコープは重要な要素の一つで、ホロスコープの作成から分析までこなすことができ、深く読み解く事が出来る人に認定されます。

運勢や本質などを判断する前にまず正確なホロスコープ作成に重点を置いている資格になっています、この資格も受験資格はありません。ホロスコープを作ってみたいという人に人気の資格になっています。ホロスコープ資格のホロスコープ鑑定士試験

ホロスコープ鑑定士資格取得のメリット

西洋占星術では、この出生当時の天体の位置を調べてから、占いが始まるのが基本となるため、まず最初に占う人それぞれのホロスコープを予め作成する必要があります。ホロスコープ鑑定士は、天体の位置を示す図面の解釈と意味や論理的な解釈の仕方を学んでいる必要があるため、ホロスコープ作成の手ほどきを、他人に対して行うことが出来ます。

ホロスコープ鑑定士の仕事について

占星術に興味があり、なおかつホロスコープを利用した西洋占星術の基本を一から学びたいと考える人に、アドバイスや提案、読み解く力を身につける助言などが行えますので、一般の占いに興味がある人だけではなく、実際の占い師に対しても、アドバイス、提案や助言を行えるほどの知識を得ていることが証明された資格が、このホロスコープ鑑定士となります。

ホロスコープリーディングマスター

ホロスコープリーディングマスターは一般財団法人日本能力開発推進委員会が認定している資格です。ホロスコープにもいくつか種類があり、ホロスコープリーディングマスターはそれらホロスコープの理論や知識を持ち、相手の相談内容に応じた適切なアドバイス能力を備えていることを証明しています。

協会が認定している講座を修了し、試験に合格することで資格を取得することができます。試験は随時、在宅で受験できるようになっていますので、いつでも受験が可能です。

ホロスコープリーディングマスター資格取得のメリット

西洋占星術で使用される円盤状の道具の作成からその扱いまで、西洋占星術ではそのホロスコープを用いて、星の動きや星座の座標を導きだすことから、占う人の運勢や性格、才能などを導く提案や助言を行うのが、西洋占星術の基本となります。ホロスコープリーディングマスターは、西洋占星術の中心的役割を担う一つの手法なため、ホロスコープを使いこなせることを証明された資格が、ホロスコープリーディングマスターとなるため、実務的な西洋占星術の実践や、他の占星術と組み合わせて、占いの技術力を更に向上させる事が可能です。

ホロスコープリーディングマスターの仕事について

ホロスコープとはチャートと呼ばれる天体の配置図で10個の惑星が占う対象の人が生まれた時にどこに位置していたのかを示す事で運勢を導き出し、占う対象のあらゆる変化を読み取り、問題解決への方法を導き出すのがホロスコープ利用の大きな意味となります。ホロスコープリーディングマスターは、まさしくこのホロスコープの読み解く力が備わっている事を証明された資格所有者となるので、ホロスコープの他人への周知や知識の共有他、様々な他の占いと組み合わせて、より需要の高い占い師などを目指す事が可能となる資格の一つを持つことになります。

タロット リーディング マスター

占いの中でタロットは私たちにも親しみのある占いの一つです。カードを用いることで占いを行います。結果が正しいかどうかは別ですが、誰でもすぐに占うことができるものです。タロット リーディング マスターはタロット占いにおいて、相手の相談内容に応じ、タロットカードのリーディングと適切なアドバイスなどの能力を備えていることを証明する資格になっています。 またタロットカードの歴史やアルカナの基礎知識からさまざまなケーススタディなどの能力も問われる資格になっています。

タロット リーディング マスター資格取得のメリット

タロットは、ホロスコープと同じく、西洋の古代から伝わる占いに用いられる、1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられた一式のカード(デッキ)を指します。起源は様々な学説があるので正確な時期は定かではありませんが、伝承されて長く占いでは用いられてきたカードでもあります。合計78枚のタロットカードを使い、カードをシャッフルし、そこから偶然に出てきたカードによって、質問の答えを導き出すといった、偶発性を利用した占いに用いられています。タロットカードには、それぞれカードに絵柄が描かれているので、タロット リーディング マスターは、そうした一枚一枚のカードの図柄の意味を記憶し、それを説明出来ることが証明された人が持つことが出来る資格となります。

タロット リーディング マスターの仕事について

タロットカード占いは、技術よりもデッキを使いこなすための、様々なカードの図柄の組み合わせから、他人に具体的な意味や運勢を示す必要があるので、タロット リーディング マスターの資格を所有しているということは、タロットカードを使った占い、あるいはそうした占い師に対しても、適切なアドバイスや提案、助言を行える立場として活動する事が可能です。

日本手相能力検定

日本手相能力検定は日販が行っている検定試験の一つです。基本的な手相を見ることができる4級から実際に手相鑑定士として活躍できる1級まで受けることができます。手相に興味があるという人から仕事に役立てたいと考える人まで幅広く受験できる検定になっています。

日本手相能力検定資格取得のメリット

4級から、実際に手相鑑定士として活躍できるレベルの1級まで、その方の目的に応じて受験可能なので、手相の基本から、更に奥深い手相の知識を有しているか、第三者の機関の判断を通じて、適切にその知識の裏付けを行うことが出来ます。これにより易者、手相鑑定士など、様々な個人の活動も可能となり、また占いをしてもらおうとする人に対して、正確な知識を有していることの証明が出来ます。

日本手相能力検定の仕事について

日本手相能力検定協会が主催する、アジア伝統的な手相を読み解く能力をはかる検定試験が日本手相能力検定です。手相とは人の手のひらに現れる、その人の生活や習慣によって、一人ひとり異なった太いシワを見ながら、その人の性格や素養、素質を見て、現在の状態から、未来はどのような運命になるかを予想する、大変古い歴史がある占い術の一つです。
占い師として、手相はその手段の一つとして、他の占術を組みわせて使うことが可能となるので、研修会講師、出版評論、著述業、作家、占い鑑定と多岐に渡り活躍することが可能です。
西洋占星術資格を取得できる通信講座  西洋占星術資格を取得できる通信講座

西洋占星術資格の学校について

昔は伝承でしたので、師弟関係などで指南を受けながら、西洋占星術の技法と知識は学んでいくのが一般的でした。現在では、数多くの通信教育で、テキスト、解りやすい解説や動画などが充実しており、誰もが本格的な西洋占星術を独学に近い形で学べるようになっています。

西洋占星術資格の試験難易度

西洋占星術資格の試験は、一般的な試験同様、知識を確実に獲得しているかを推し量るのが目的となっているので、実技的な試験はほとんど無く、テキストによる試験を誰もが気軽に受検できるようになっています。いわゆる検定試験の形態をとるため、必要な知識を覚えておけば、試験の難易度は極めて低いものとなります。

西洋占星術資格の給料・年収

占い師と呼ばれる職業の殆どは、公的な資格がない分、非常に気軽に誰もが目指せるのが特徴となっています。その中で他社、あるいは他の占い師と差別化を図るには、民間資格であっても、その知識獲得の確実な証明を第三者に認めてもらった方が有利となるのは間違いありません。西洋占星術は特に多くの知識を必要とするため、需要を高めるため、収入を引き上げるには、出来るだけ多くの資格を得ている方が望ましいでしょう。

西洋占星術資格取得後は

西洋占星術を行う占い師の他、西洋占星術の魅力や面白さを伝える活動、著作活動や講演、セミナー、様々な手段で活躍する事ができます。古代から伝わる伝統的な手法を用いるため、今でも西洋占星術に対する人々の関心は高いでしょう。

 

西洋占星術資格を取得できる通信講座  西洋占星術資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA