ルーン文字リーダー資格とは?

「ルーン文字リーダー」の資格を取得して、占術上級者に!資格取得方法は?おすすめ講座も紹介!

古来ヨーロッパから伝統的且つ神秘的な占いとして伝わる「ルーン占い」は、ルーン文字という特殊な文字を利用した占術のひとつです。

占術の上級者からも人気のルーン占いですが、ルーン文字の理解や占いスキルをしっかりマスターすれば初心者でも扱えます。

今回は、ルーン占いを正しく学ぶための講座や資格について紹介していきます。

ルーン文字リーダーとは

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している、ルーン占いができる資格が「ルーン文字リーダー」の資格です。

「ルーン占い」は古代ヨーロッパから伝わり、現代も活用されている占いのひとつです。

木や石などに「ルーン文字」を刻み行っていた占いの歴史から、その文字は特殊であり、意味をしっかり理解しなければなりません。

ルーン文字リーダーは、ルーン占いに使用する24のルーン文字が指す意味や象徴、色などを理解し、インスピレーションを広げて占える人に与えられる資格です。

ルーン文字リーダーは、ルーン占いを行うのに必要な知識が証明できる資格として活用できます。

ルーン文字リーダーが活用できる職業

ルーン文字リーダーが活用できる職業

ルーン文字リーダーの資格が活かせる職業には、どのようなものがあるのでしょうか?

占い師

「ルーン占い」は、占いの中でも上級者向けといった位置づけもあり、資格の取得は占い師としてのスキルアップや、占いの信頼面で大きなプラスになります。

占い師はひとつの占いに特化することなく、いろいろな占いを組み合わせたり、使う占いの結果を総合的に判断したりして、独自のスタイルで占いの結果を出していくという場合もあります。

すでに占い師として活動している場合には、ルーン占いの資格取得で自分が占える手数も増えるでしょう。

占いの的中率や結果に沿ったアドバイスをさまざまな角度から行えるようになります。

占い師は直接的に占うだけでなく、雑誌やコラム、書籍の出版など、占い師として監修することもあります。

アドバイザー/カウンセラー

占い師は、企業や組織などの大きな母体を相手にして占う場合もあります。

そもそも占いは、未来や近い将来の悩みや向かうべき方向へと導いてくれるためのツールとして活用されます。

アドバイスをしたり問題の解決をしたりする手段のひとつとして、占いの利用が必要な場合もあり、カウンセラーやアドバイザーとして招かれる場合もあります。

もちろんルーン占いだけの資格で、アドバイザーやカウンセラーとして通用するわけではありませんが、占いの仕事の幅を広げる資格として、役立てられるのは確かです。

講師

カルチャースクールの需要も高い昨今、占いに関する講座の開催も増えてきました。

また、自宅などの一室でもスクールは気軽に開校できることから、占い師として活動しながら講師活動も平行して行っている方もいます。

副業としての講師活動や独立しての講師活動もルーン文字リーダーの資格は、講師活動に有効に利用できます。

ルーン文字リーダーを取得する方法

ルーン文字リーダーの資格を取得するには、「資格協会認定の通信講座を利用する」方法と、「資格試験を受験して合格する」方法の2通りがあります。

ルーン占いを行う場合、必ずしも資格の取得が必要というわけではありません

しかし、ルーン文字という特殊な文字をしっかり理解して読み取る力や正しい知識がなければ、ルーン占いを行うことはできません。

資格取得は、ルーン文字をしっかり読み解く能力を証明し、プロとしての活動や正しい知識とスキルをアピールできる最適な方法です。

以下は資格試験の概要です。

受験料10.000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法インターネット

在宅受験でできる資格試験なので、自分の学習の進捗状況や知識取得加減で試験を受けられます。

協会認定の通信講座の場合には、資格取得に特化したカリキュラムが用意されているので、試験を突破できるような学習が効率良くできます。

「確実な資格取得を目標としている」「資格取得を早期に実現したい」といった方は、認定講座の受講が最も効率よく資格取得できる近道といえるでしょう。

ルーン文字リーダー

ルーン文字リーダーを取得できる通信講座

ルーン文字リーダーを取得できる通信講座

ルーン文字リーダーの資格を取得できる通信講座は「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」です。

「ルーン文字リーダー」だけでなく「ルーン占い師」の資格が同時に取得できるよう、カリキュラムが組まれています。

ルーン占い師W資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「ルーン占い師W資格取得講座」は、ルーン占いに関する基礎知識はもちろん、占い技術や注意すべき点など、ルーン占いのために必要な知識をマスターできるおすすめの資格取得講座です。

基本講座初期費用を抑えて学習を始めたい方におすすめです。

対象となる資格ルーン文字リーダー
ルーン占い師
受講料59,800円
分割3,300円の20回払(初回4,276円)
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回

スペシャル講座資格試験が免除になるカリキュラムになっています。

対象となる資格ルーン文字リーダー
ルーン占い師
受講料79,800円
分割3,800円の24回払(初回3,891円)
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回+卒業課題1回

スペシャル講座の場合、講座の添削を全て修了した後、課題提出をクリアすることで試験が免除となる仕組みです。

認定講座の利用は、同時に2資格を取得できるのも受講のメリットです。

ルーン占い師W資格取得講座

ルーン占い資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのルーン占い資格取得講座は、「ルーン文字リーダー」と「ルーン占い師」の2資格の取得が対象です。

完全オリジナル教材を使った学習で、資格取得を完璧にサポートしてくれます。

基礎知識に加えてルーン占いの実践スキルも十分に身につけながら、しっかり学べる内容になっています。

基本コースの内容は以下の通りです。

対象となる資格ルーン文字リーダー
ルーン占い師
受講料59,800円
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回

試験免除で資格取得が可能なコースはプラチナコースです。

対象となる資格ルーン文字リーダー
ルーン占い師
受講料79,800円
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回+卒業課題1回

初期費用を抑えたい方におすすめの資格学習コースは基本コースになります。

確実な資格取得を目指したい方には、学習修了後の卒業課題の提出によって試験が免除されるプラチナコースでの学習がおすすめです。


ルーン占い資格取得講座

同時取得できるルーン占い師とは

日本占い師協会(JFTA)が認定している資格です。

ルーン占い全般の知識やその歴史や起源など、ルーンについて幅広い知識を持っている方に認定される資格です。

ルーン文字リーダーと一緒に所持していることで、知識やスキルを確かな物にし、プロとして活動していくのに役立ちます。

ルーン占い師

ルーン文字リーダー資格で、神秘的な力を自分のスキルにしよう!

上級者向けの占いとも言われるルーン占いですが、ルーン文字が書かれた物を持ち歩くことでお守り的要素もあるとされ、身近に取り入れやすい面もあります。

その神秘的な力をしっかり使えるようになれば、自分にとって進むべき道に迷った時の歩む方向を導いてくれるでしょう。

ルーン文字リーダーの知識やスキルは自分だけでなく、身近な人にも有効に使えます。

ルーン文字リーダーの資格は、自分の力を最大限に変えてくれるものとして、メリットも十分です。

紹介した資格の資料請求は無料です。

ルーン文字リーダーの資格を取得して、神秘の力を自分のスキルにしてみてはいかがでしょうか。