パワーストーン資格人気の資格徹底比較

パワーストーン天然石資格

運がないなと思ったとき、ちょっと不安だなと思ったとき、パワーストーンを身につけることがあります。パワーストーンにはそれぞれの石で効果に違いがあり、それぞれの目的に応じたパワーストーンを身につけるようになっています。中にはパワーストーンを使ってオリジナルアクセサリーを手作りする人も。そんなパワーストーンに関する知識を備えている人にもらえる資格があることを知っていますか?今回はそのパワーストーンの資格を人気の資格徹底比較でご紹介します。

パワーストーン鑑定士

パワーストーン鑑定士

パワーストーン鑑定士は日本生活環境支援協会が認定している資格です。パワーストーンの種類や歴史、浄化法、パワーストーンとジュエリーの関連性、ルビーやガーネット、アクアマリンなど誕生石の種類、意味、効果、使用法などパワーストーンに関するあらゆる基礎知識を持っていると認定された資格になっています。
さらにパワーストーンには組み合わせや相性などがあり、それらも理解し最適なパワーストーンを選ぶことができる能力も必要になります。趣味の延長線上として資格を取る人や副業としてパワーストーンを販売するために知識を深めたいという人にオススメの資格になっています。

パワーストーン鑑定士資格取得のメリット

パワーストーン鑑定士は、パワーストーンの種類やそれぞれのパワーストーンが持つ意味合いを理解したうえで、相談者一人一人に適したパワーストーンを選択できる能力を持った人物を認定するものです。パワーストーンをファッションの一部として取り入れたいけれど、あまり知識はない、そんな人たちにとって相談相手となる存在となる心強い味方といえるでしょう。

パワーストーン鑑定士の仕事について

パワーストーン鑑定士の仕事は、主にそのパワーストーンについての奥深い知識を生かし、パワーストーンを欲しがる人々に対して、適切なパワーストーンを選択できる相談役のような立ち位置としての仕事がメインとなるでしょう。雑貨屋や宝石店など、直接パワーストーンを扱っている店では、知識のある人材として非常に即戦力となれるかもしれません。また、自分の身の回りでも、パワーストーンに詳しい人物として頼りにされることでしょう。
パワーストーン資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  パワーストーン資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

天然石鑑定士

天然石鑑定士

天然石鑑定士は日本メディカル心理セラピー協会が認定している資格の一つです。天然石の種類や色・産地・浄化法・使用法などの知識はもちろん、それぞれの石がもつ意味・効果などを理解し、恋愛や仕事、人間関係、金運、健康、成長などの願いや悩みに対して最適なパワーストーン選び、サポートすることができる能力を持つ方へ認定される資格です。
天然石鑑定士は主に悩んでいる人に最適なパワーストーンを選ぶことによって、その人の心の癒しとなることが中心の目的となっていると思います。パワーストーンの知識を持っているというよりはパワーストーンの実践的な使い方を行うのが天然石鑑定士です。

天然石鑑定士資格取得のメリット

天然石鑑定士とは、パワーストーンや天然石といった鉱物をはじめとする素材に深い知識を持ち、またそれぞれのストーンの由来などを熟知している人物を認定するものです。ファッションをはじめ、自営業を営む人物にとっては店に飾ったり、自宅に飾ったりなど、さまざまな要素のある天然石ですが、知識とその依頼者の希望に合わせて最適なストーンを選ぶことのできる存在といえます。また、天然石を通じてその人に対して効果的に働きかけることもできる大変有意義な資格といえるでしょう。

天然石鑑定士の仕事について

天然石鑑定士の仕事は、主に天然石を選ぶ際にサポートとしてアドバイスすることができる存在として、雑貨屋や宝石店などで勤務する際に役に立つでしょう。セラピスト資格であるために、自分自身が主体的となってクライアントにふさわしいストーンをアドバイスしたり、ストーンを通して、その人の抱える悩みを解決するなどの心理的なアプローチが可能であるため、単純にパワーストーンや天然石を販売するだけでなく、人のために役立つ仕事といえるところが特徴です。

パワーストーンセラピスト

パワーストーンセラピストは一般財団法人JADPが認定している資格の一つです。パワーストーンセラピストとして必要な基礎・応用知識だけでなく、悩みを持つ人にカウンセリングを行うスキルも必要とされます。またパワーストーンのアクセサリー制作を学ぶことができるのがパワーストーンセラピストです。 パワーストーンを使った幅広い知識とスキルが欲しいという方にはオススメの資格になっています。

パワーストーンセラピスト資格取得のメリット

パワーストーンセラピストは、非常に種類豊富なパワーストーンをつぶさに理解し、またそれぞれのパワーストーンが持つ意味合い、具体的なその効果を熟知したうえで、その効果を利用して、相談者により良い状態を提供することができる能力を認定するものです。ストーンの知識を持つことで、非常にその人にとって意味のある装飾品を作成することも可能です。

パワーストーンセラピストの仕事について

パワーストーンセラピストの仕事は、パワーストーンを通して、悩みを抱える人々に寄り添い、その環境をより良い方向にしていくアプローチをすることが仕事となります。単体でストーンのみを求めるクライアントだけでなく、いくつも石をつなぎ合わせて、その人により最適な状態へ導く心強いアイテムとして保持してもらうことで、より人の心に寄り添った存在として認知されれば、より有名になったり、講演などの依頼を受けることもできるでしょう。

ストーンコンダクター

日本パワーストーン協会が認定しているのがストーンコンダクターという資格です。パワーストーンの代表的な144種類の石の効果や組み合わせ・ブレスレットの制作方法などを習得します。
日本パワーストーン協会では「パワーストーンの専門家」の育成を目的にストーンコンダクターの講座を実施しており、パワーストーンの知識を専門的に学びたいという人に人気の資格です。全国各地にはたくさんのストーンコンダクターがいらっしゃいます。

ストーンコンダクター資格取得のメリット

ストーンコンダクターの資格は、さまざまな天然石やパワーストーンといった石に関する奥深い知識を有している人物を認定するものです。特にコンダクターとして、石をうまく管理し、組み合わせることで適切な効果をもたらすことができることを知っていて、その知識を有効活用できるのがポイントです。

ストーンコンダクターの仕事について

ストーンコンダクターの仕事としては、さまざまな天然石やパワーストーンなどを適切に管理し、そして適切な相手に適切な形態で身に着けてもらう、部屋に飾ってもらうといった行いを仕事とすることになります。主に天然石のショップオーナーや店員さんなどにはまさに最適な資格といえるでしょう。基本的に知識ベースの資格ではありますが、パワーストーン自体が、その効果を適切に流用してこそ意味があるものですから、そうしたとりまわしや適切な相手を見極めるといった点においても、頼れる存在として認知されるでしょう。

天然石検定

人気となっている天然石は本物が流通する一方で、偽物が流行していることもあります。そのため天然石としての価値が曖昧になっており、市場では適正な流通が損なわれる危険性があります。それを阻止するために天然石に関する正しい知識を持ち、市場で適正な流通を行えるようにすることを目的にしているのが天然石検定です。パワーストーンとしての意味や効果の知識よりも価値のあるパワーストーンの流通に重点を置いている資格になっています。

天然石検定資格取得のメリット

天然石検定は、主に天然石の種類とそれぞれの意味、由来などを詳しく理解していることを認定するための資格です。多くの天然石の種類を一つ一つ正確に覚えている人というのは、実はあまり多くはないため、専門家として十分な知識を持っていることを認定してくれるありがたい資格といえるでしょう。検定の過程で学習も兼ねていることから、これまで非常に天然石に興味はあるものの、なかなかレベルアップができずにいた人にとっては導入という観点から見ても大変適当な資格といえるでしょう。

天然石検定の仕事について

天然石検定の仕事としては、主にパワーストーンを取り扱うお店などで働く際にその知識をアピールできるため、実際に天然石を買いに来たお客様に対して説明などの機会を得ることもあるでしょう。正規の高価な宝石にも通ずるものがありますから、これから鑑定の技術を磨いていく環境においては、非常にやる気を見せることができ、また知識の勉強にもなり、直接こうした仕事内容とつながるともいえそうです。
パワーストーン資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  パワーストーン資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

パワーストーン資格の学校について

パワーストーン資格を取得するための学校というのは、あまり見かけません。どちらかというとその知識の量と習得するスキルの性質からいって、主に通信教育で学び、あとは資格勉強で培った知識をもとに実践で身に着けていくといった解釈が正しいものとなるでしょう。多くのパワーストーンや天然石の資格が通信教育で受講できるため、非常に忙しい方にとっても取得しやすい資格といえそうです。

パワーストーン資格の試験難易度

パワーストーン資格の試験難易度は、資格試験という観点から行くと極めてライトなものとなる傾向があります。もともと国家資格ではなく、資格認定もペーパーベースで知識を習得するのが主な目的となりますから、初心者の方にも非常に敷居は低い傾向がありますただ、実際に多くのパワーストーンに対する意味合いなどを一つずつ理解する必要があるため、試験慣れしていない人や、記憶力に自信がない人は苦労するかもしれません。どちらにしろ、パワーストーンや天然石が大好き、という人にとってはあまり苦労せず取得できるものではないでしょうか。

パワーストーン資格の給料・年収

パワーストーン資格の給料や年収は、非常にばらつきがあるものといえます。大多数はパワーストーンにかかわるアルバイトなどが主となるため、収入的にも平均的なアルバイトの金額の域をでないでしょう。しかし、自分で天然石を仕入れ、そして個人で店を持ち、クライアントに対してカウンセリングも行うようになると、個人事業主としてのビジネスとなりますから、場合によっては名前が業界で知れ渡るなどの状態となれば、そこそこの収入が得られる可能性もあります。

パワーストーン資格取得後は

パワーストーン資格取得後は、自らパワーストーンに関する知識と取り扱いを深めながら、主に知り合いや正式なクライアントに対してストーンをチョイスしたり、心理的な相談に乗ったりといったことができるようになります。このため、雑貨屋やストーンショップ宝飾店などで勤務する方が多い傾向にあります。一方で個人でコツコツと経験を重ね、講演やワークショップなどを開いていく人物も存在します。

パワーストーン資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  パワーストーン資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA