収納資格・片付け資格人気ランキング

収納資格人気ランキング

現代の生活スタイルでは、”断捨離”と言われるような、出来るだけ余計な物欲にとらわれない、シンプルで賢い収納を前提とした、空間を広々使う工夫が主流です。多くの家庭で関心の高い、収納についての資格について詳しくお伝えします。

1位:収納マイスター

1位:収納マイスター

収納マイスターとは

一人暮らしから、多人数の家族まで、生活に必要な道具や小物を、出来るだけ普段では露出せずに、「使いたい時にすぐ取り出せる」事を前提に、いかにシンプルに、使いやすく収納するかが注目されています。100均ショップなどの利用の普及で、多くの家庭で安価に、費用をかけずに収納できる工夫は、若い世帯を中心に、メディア、書籍など、多くの情報を頼りに、バリアフリー、限られたスペースを有効活用する手段が色々試みられています。また、近年では備え付けの家具やシステムキッチンなど、物や道具は、出来るだけその空間の邪魔をしない形で、見た目もシンプルに、しかし機能的に維持するのが流行です。収納マイスターは、そうしたトレンドを踏まえて、棚や引き出し、収納家具を増やすのではなく、限られた収納スペースを、出来る限り可能な簡易的な手段を使って、使いやすく、機能的に収納できる方法の数々を、現代の日常生活に提案できる、収納に関する専門家であることを証明する資格所有者となります。片付け収納資格の収納マイスター

収納マイスター資格取得のメリット

収納は、単に使いやすい家具を購入することに限らず、箱ものである、既にある収納スペースを有効に活用して、多くの日用品を上手に見た目も美しく、時にはインテリアの機能を持たせて収納することにあります。キレイに機能的に収納することは、日常生活では、生活で必要な様々な作業を、時間を短く、効率的に行える事を可能とすることから、共働きなどの、平日は昼間は自宅以外で労働に従事し、疲れて帰宅してからも、家事作業の負担軽減に繋がります。忙しい現代社会においては、個人の責任や作業が増える中、こうした普段の生活の中でも合理的、効率的な日常生活を送れることは、心の余裕や、より高い育児、結婚後のパートナー同士の連帯、協力を得られやすいとして、収納に関する提言、情報は、常に高い関心が世間にあります。

収納マイスターの仕事について

メディアでは、賢い収納方法など、様々な小道具や販売される仕切り、あるいは簡易な収納に使える安価な製品などを紹介し、様々な形で紹介され、更には近年のインターネットも、自宅以外で閲覧出来る高機能モバイルの普及で、情報を集めるのが容易になりました。収納に関する情報は、書籍やテレビから得られる情報だけではなく、個人のブログやSNSからでも気軽に得られる時代です。しかしながら、収納は空間の利用、世帯ごとの食習慣、スタイルによって様変わりし、それに応じた応用可能なヒントがなければ成立しません。収納マイスターはこれら、現代の各家庭の生活スタイルを考慮しながら、今風でオシャレでもある、収納術を教えて周知させることが可能となる提言を行えます。収納マイスター認定試験・口コミ評判

2位:整理収納インストラクター

2位:整理収納インストラクター

整理収納インストラクターとは

収納に関する知識を活用し、自身が望む理想的な空間をつくりあげることができる人に与えられる認定・資格が整理収納インストラクターです。限られたスペースを無駄なく活用できる整理方法と収納方法を身につけ、日常生活において、普段使うものと、滅多に使わないが、いずれは必要となる便利な道具やアイテムを、一定の基準を定めて整理し、収納手段を使って効率的な配置と、置き場所を提案し、第三者に提示し、その見本を示すことが出来ます。それまでは、整理整頓といえば、常に部屋を状態維持するために、単に元置いてあった場所に戻すという単純作業から、「使いやすく、見た目も美しい」ということが大変求められて来ています。整理収納インストラクターは、日用品、仕事や家事で必要となる道具や物品を、使いやすく、美しく整理し、作業の効率性、日常生活にスタイリッシュな見本となる、空間演出のお手伝いが出来る資格となります。整理収納検定資格は整理収納インストラクター

整理収納インストラクター資格取得のメリット

例えば、マンションなどのシステムキッチンは、その部屋に占める割合は後から変更が出来ず、加えてそこに新しい収納家具を備え付けると、その機能性が阻害されてしまいます。現代は、高機能な家電や、備え付けの様々な家電が既にマンションなどでは存在しており、大型家具の購入の必要性は徐々に失われている変わり、生活様式として食事や家事は昔からその作業性において、大きく変化することはありません。整理収納インストラクターは、そした現代の各家庭に存在する、キッチンやリビング、玄関やお風呂場など、その空間を広く使いながらも、各家庭で必要となる小道具は、露出を出来るだけ抑えて、機能的に収納することが求められています。整理収納インストラクターの資格は、そうした様々な部屋の模様替えや、新居の初期状態を出来るだけ大きく変更することなく、見た目も美しく、シンプルに収める手段の提案、見本を示したりすることが出来ます。

整理収納インストラクターの仕事について

様々な生活様式、戸建住宅からアパート、マンションなどで、賃貸から分譲など、その空間は各家庭でリフォームできたり、出来ない場合が多々あります。またせっかくモデルルームで理想の生活を想像しても、生活していく中で日用品や物品がどうしても増えてしまい、物が溢れてかえって探すのに手間や時間がかかってしまうことは多いものです。こうした不便で非効率な生活で必要な、様々な家事作業の負担を軽減するために、整理収納インストラクターの仕事は、役立つアイテムの紹介や、多額の費用をかけずに工夫できる数々のアイデアを駆使しながら提案できる立場となるため、個人で動画配信したり、記事やブログなど、メディアでもこの資格は、今非常に注目され、特に女性では既に活躍している方も多いです。整理収納インストラクター認定試験・口コミ評判

3位:整理収納アドバイザー

3位:整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーとは

確実に自宅にあるはずの探し物がなかなか見つからない、整理整頓は嫌ではないが、片付けてもやがてその整理が乱れてしまう場合は、日々必ず使うものと、滅多に使わない物の仕分けがなされてないことに起因していることが多いものです。整理収納アドバイザーは、そうした日用品、生活に必要な道具や食器、あるいは衣類や書籍など、物品ごとに整理するコツを知り、また非常に負荷の少ない形で取り出せる手段や方法を、各家庭ごとに普遍的な提案、手段や方法を第三者に教えられる資格となります。

整理収納アドバイザー資格取得のメリット

例えば書籍などでは、本棚に縦で収納するのと、平積みと組み合わせて収納するとのでは、収納できる書籍の量が大きく異なる場合があります。壁に棚を設置するのではなく、出っ張りのない形で網型の直立した平面を使って、日用品を敢えて露出した形で、インテリアの一つとして並べるなど、考え方、アイデア次第で、空間利用は合理的、効率的に美しく揃える事ができます。キッチン用品でも、カラー、素材が統一されたシリーズ製品が多くなり、物自体が見た目、インテリアの一つとして機能する製品も現代は多いものです。整理収納アドバイザー資格取得のメリットは、収納に限らず、収納しやすい日用品の紹介や、備え付けの家具などの機能を最大限に有効活用するアイデアを提案し、見本となる手段を提供できます。

整理収納アドバイザーの仕事について

賢く、負荷の少ない家事を行うことは、もはや現代人の生活には必須となる考え方です。「時短」も重要な要素で、これらを解決できる、整理収納アドバイザーの仕事は、モダンな生活様式の提案や、新築、あるいは転居で新しい生活をこれからチャレンジする家庭、世帯にとっては、非常に参考になることは間違いありません。通販が充実し、それほど出かけずとも、苦労なく自宅で多くの家事が行える現代では、自宅の空間を広々と有効に使いながら、効率的な作業性が重視されます。整理収納アドバイザーの仕事は、インテリア活用、またはライフスタイルの提案も可能となるため、様々なメディア、著作物やSNSなどを通じて、大いに活躍の場が広がっています。整理収納アドバイザー・収納マイスター

4位:ライフオーガナイザー

4位:ライフオーガナイザー

ライフオーガナイザーとは

片付け支援以上の暮らしの最適化をサポートする、家事代行型の整理収納サービスとは一線を画した、本格的なコンサルティング型の片づけ支援サービスを提供する職業に従事する専門職が、ライフオーガナイザーです。オーガナイズとは組織、企画や催しを施すという意味で、ライフオーガナイズとは、文字通り、日常生活の企画や生活設計を意味します。思考や感情の整理からはじめ、住む人自身が使いやすく戻しやすい仕組みづくり、「捨てる」から始めないという片づけ方法を提案する、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会などが提案する、新しい生活様式を指しています。

ライフオーガナイザー資格取得のメリット

一時流行した「断捨離」などでは、棄てることが基準であり、出来るだけ使わない物は買わずに、簡素な生活を目指すスタイルでしたが、ライフオーガナイズでは、そうした基準ではなく、物が増えても収納を工夫して、あるいは様々な家具や物品を応用、利用しながら、その世帯の生活全てを最適化していこうとする考え方です。まさに忙しい現代社会では、便利で手軽な物が増えただけ、高機能な日用品だけではなく、西洋風の食事やライフスタイルなどが、日本の各家庭に浸透しています。”減らすのではなく、最適化して再利用する”という手段も提案することにより、ライフオーガナイザーは、機能的で現代的なライフスタイルの提案が行える、重要な立場となることが出来ます。

ライフオーガナイザーの仕事について

「整理整頓」に限らず、敢えて効率的で機能的な道具や、便利な生活スタイルを付加させて、ライフスタイルを演出する手段や方法論を提示できる立場となるため、一例では、北欧風のライフスタイルや機能的なシステムキッチンやインテリアも含めた多くの提案を、第三者に行える、コンサルティング業務を請け負うなどが、ライフオーガナイザーには可能となります。まだまだ新しい職種ですが、これからかなりの確率で、需要が増えることが見込まれる、生活に関わる多岐にわたった、リフォームも含めた数々の仕事で重要な位置を占めることになるでしょう。

5位:ときめき片づけコンサルタント1級

5位:ときめき片づけコンサルタント1級

ときめき片づけコンサルタント1級とは

『片づけを終わらせてときめく毎日を過ごしたい』人のための学びの場を提供する協会として、女性を中心に設立された「日本ときめき片付け協会」が認定する公認コンサルタントのトップが、ときめき片づけコンサルタント1級です。「もっとたくさんの人が、片づけられるようになるためにはどうしたらいいだろう」ということを起点にして、体験セミナーを開催し、片づけレッスン、講座などの要望に応えて活躍しています。

ときめき片づけコンサルタント1級資格取得のメリット

ときめき片づけコンサルタント1級とは、日本ときめき片付け協会が提案する、セミナーなどの専任講師として活動ができる認定資格です。こんまりさんの愛称で人気の近藤麻理恵さんが監修した「こんまり流ときめき整理収納法」をよりわかりやすく、しかも生活が楽しくなる物に囲まれることで、生活に張りと潤いを与えるための提案を行えるコンサルタント資格を、実践的に学べる3日間講座を受けることで得られます。「自分の身の回りの生活道具すべても、好きなものに囲まれて生活したい」という方には、非常に相性よく、またその普及をしていきたい人にはオススメです。

ときめき片づけコンサルタント1級の仕事について

2010年末に出版した著書がミリオンセラーになった、整理整頓アドバイザー、近藤麻理恵の思想、方法論を学ぶことで、片付けリバウンドゼロの、所謂、”見せる収納”や、インテリアとしての日用品など、新しい片付け方の手段や方法論を学ぶことで、モダンなライフスタイルの提案を行えるコンサルティングを自分の仕事にすることが可能となります。

6位:北欧式整理収納プランナー

6位:北欧式整理収納プランナー

北欧式整理収納プランナーとは

北欧の生活様式とは、寒い地方故に自宅での空間を出来るだけ有効活用し、家の中で様々な作業を行え、柔軟に変化、工夫が凝らされた生活様式を指します。例えば、固定家具としてのベッドも、壁に収納してその裏側が平面だけではなく、それ自体が組み立て家具としてテーブルとして機能するなど、複数の機能を備えた合理的な設計が北欧家具には施されています。こうした北欧式の整理整頓方法をマスターし、北欧家具やカラー、素材を統一させて、美しくライフスタイルを演出するプランナーが、北欧式整理収納プランナーです。

北欧式整理収納プランナー資格取得のメリット

世界で評判の北欧式家具や組み立て、収納家具の様々な種類を把握し、北欧のモダンなライフスタイルの提案やアイデアを提示できるプランナーですので、北欧インテリアのポイントやディスプレイなど、北欧のインテリアについて、様々な角度で第三者に提示、教える事ができます。

北欧式整理収納プランナーの仕事について

最近では急速に数を減らしつつある家具店に代わって、家具だけではなく、周辺の家事に必要な小物などをトータルでコーディネートする、新しいタイプの雑貨店などが主流になっています。北欧式整理収納プランナーは、そういったライフスタイル提案型の店舗の設計やディスプレイなどの仕事に従事することが可能で、日本の一般家庭に、西洋式のライフスタイルの提案、コンサルティングを可能とする職業に就くことが可能です。
収納  収納

収納資格の学校について

民間団体、協会などが主催しているセミナーや講座を一定期間学ぶことで、主に理論からアプローチして習得する事が多いので、施設よりもまずは講師から理論を学ぶことが前提となります。

収納資格の試験難易度

整理整頓は、一つは思想、生活様式の考え方が基礎となるため、決まった試験というものは無いですが、理論をキチンと掌握しているかの認定試験は行われます。理論の応用という形で筆記試験が多いので、講座やセミナーの受講は必須で、その後に試験を受ける形になるのが通例です。

収納資格の給料・年収

従事する仕事の役割によって、収納に関する資格によってその年収は様々変わります。例えば、インテリアに関与するならリフォームやインテリア設計、家具の設計にも関わるため、事業者の規模次第で、その役割を認められ、高い収入を得ることは不可能ではありません。また、近年では、晩年の生前整理が話題となるため、遺品整理などでも、この資格は非常に重要な役割を担うでしょう。個人、あるいは雇用でも、徐々に注目されてきている資格の一つです。

収納資格取得後は

個人で活動する他、ライフスタイル提案型のインテリア店を経営、あるいはそうした店舗で、アドバイザー、プランナーとしても活躍できます。雑貨店などでも、収納に関する資格は、店の運営に重要な役割を担う場合が多いので、活躍の場は大変幅広いものとなっているでしょう。
収納  収納

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る