温泉観光資格人気ランキング

温泉資格

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーとは、外国人観光客だけではなく、日本人に対してもその温泉が持っている効果や効能、泉質や泉温といった情報を適切にアドバイスできる能力が求められる資格です。日本生活環境支援協会が認定試験を行っている資格の一つです。温泉観光地のアドバイザーは人気の職業となっていますが、意外と手が足りていない仕事としても知られているようです。資格の内容としては、日本各地の温泉の特徴を覚えていくだけで、取得をする事ができます。誰でも取得できる資格となっているので、温泉が好きな方だけではなく、温泉に関わる仕事をしてみたいと考えている方にも、おすすめの資格といえるでしょう。この資格は、評判も良く、取得がしやすいことや覚えやすいといった理由で、多くの方が取得を目指しています。温泉観光アドバイザーの評判は資格を取得した人だけではなく、日本各地の観光協会からも一定の評価を得ることができます。受験料も安く、取得も容易であるという上に、活用しやすい資格です。逆に、各地の温泉の歴史や貢献など、意外と深い部分まで覚える事が多く、大変だったという評価も無くはありません。温泉観光アドバイザーという資格は、立派な資格の一つですので、専門的な知識が必須になります。温泉が大好きで普段から調べるのが趣味だという方は、おすすめできる資格です。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーとは、温泉で使用される用語の理解など、健康アドバイザーとして温泉療養に精通している方に与えられる資格です。日本インストラクター技術協会が認定試験を主催している資格の一つとなっています。名称に馴染みの無い方も多いようですが、サナトリウムとは一般的に療養所の事を指し、現在では温泉地の事を示す名称として定着しています。各地の温泉地の泉質の種類に合わせた入浴の楽しみ方をはじめとし、年配の方や若い方からも注人気を集めている資格です。資格の難易度はそこまで高くはなく、意外と覚える事がシンプルです。温泉に特化している分だけ把握することで、資格取得することができるとして高い評価を得ています。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエとは、2002年に新潟県妙高市、赤倉温泉の遠間和広氏の発案により作られた資格です。この資格は、温泉ソムリエ協会主催・運営している民間資格となっています。 温泉ソムリエは、その名前の響きや業界のネームバリューにより、様々な業種の方が取得しています。例えば、医療従事者、研究機関、芸能人や一般の温泉マニアの方などです。 取得するためには、温泉分析書の読み方や入浴法などを受講する、温泉ソムリエ認定セミナーに参加する必要があります。温泉ソムリエ認定セミナーは、2種類あります。半日の講義を受けて取得できるタイプと、1泊2日で講義と実技を受けて取得するタイプです。 セミナーについては、主に東京表参道にある新潟県のアンテナショップ「新潟館ネスパス」にて開催されますが、札幌や名古屋、大阪、福岡などの地方都市や全国の温泉地でも開催しています。

4位 温泉観光士

温泉観光士は、温泉学の総合的学習を踏まえて温泉の本質を理解し、観光・保養温泉地域の発展・活性化に寄与する実践力を身につけていると認められた人に与えられる資格です。日本温泉地域学会が主催している資格で、群馬県草津町が後援している講座があります。この講座は、専門家による講師陣のもとに大学レベルの内容を平易に講義します。講義・野外実習・試験から構成され、試験合格者には「温泉観光士」の認定書が授与されます。 講座の概要としては、受講者は18歳以上で学習意欲のある人となっており、前年度の募集定員は50名です。また、参加費は10,000円です。

5位 温泉保養士

温泉保養士とは、「温泉の利・活用の仕方」と「温泉地の健康的な過ごし方」を提案できる人のことを言います。温泉医学、予防医学に基づき、温泉の持つ保健的機能を引き出す知識、技術を習得しており、温泉療法を活用した健康づくりを安全かつ適切にアドバイスできる力が求められます。資格を取得するには、(社)日本温泉保養士協会が実施する養成講習会で規定の講習を修了し、認定試験に合格する必要があります。この制度は、2001(平成13)年10月に創設されています。講習会では、温泉の基礎、温泉分析書の解読法、温泉療法と入浴事故防止、 現代型湯治システムなど11課程を3日間で修得することになります。受講資格は特にありません。受講定員は100名で、認定の有効期間は5年間、更新講習会を受講することで更新認定を継続することができます。
温泉観光  温泉観光

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る