風水資格人気ランキング

風水資格人気ランキング

風水の歴史は中国から始まり、中国では方位、色、様々な側面で生活に風水が活かされています。風水に関する、現在注目されている資格について詳しく解説いたします。風水師・占い師

1位:風水セラピスト

1位:風水セラピスト

風水セラピストとは

心理療法、精神療法、心理セラピーとは、物理的また化学的手段に拠らず、教示、対話、訓練を通して認知、情緒、行動などに変容をもたらすことで、精神障害や心身症の治療、心理的な問題、不適応な行動などの解決に寄与するとされ、セラピストの役割は、心理療法が民間の療法として定着した、その施術を行える資格を持つ人のことです。一方、風水とは、「気を招き入れる」といわれる、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想、その体系的な占いと伝統的な習慣が融合した、歴史の古い思想です。風水セラピストとは、こうしたそれぞれの役割を融合して、風水に対する知識を持ち合わせ、陰陽、五行、八卦の考え方から空間の気の巡りを整え、空間の気を理想的なバランスに保つ能力、知識と経験を基に、一般の家庭における生活改善や、精神にもアプローチを行います。円滑でバランスの取れた暮らしやすい環境を整えるための、手助けを中心に風水セラピストは大変、近年、話題と注目を集めています。風水資格の風水セラピスト

風水セラピスト資格取得のメリット

生活改善と暮らしの中の精神安定には、昔からディフーザーを使ったアロマテラピー、オイルマッサージによる身体のリラックス、キャンドルや暖炉を利用した照明などの工夫が、数々行われてきました。一方で、新築や転居など、様変わりする現代の生活では、核家族化によって、一般家庭は外部環境から隔離されて、どうしても孤立しやすいことから、環境は素晴らしくても、暮らしがどうしても精神的に安定しないなど、そこで暮らす人の心の問題がクローズアップしています。風水セラピストは、人に対して占いやマッサージ、あるいは癒やしを提供するこれまでの手法から、環境と暮らす人との密接な関係に注目し、その関係を切り離すこと無く、方位や空間の「気」という概念をもとに、伝統的な手法と考えで改善をはかるというやり方を使います。これにより、家庭全体の雰囲気を変える事ができるため、現代の一般家庭では普遍的な需要が見込めるセラピストとして、活躍が期待できます。

風水セラピストの仕事について

自宅に直接訪問して、風水の思想に基づく提案を行える他に、陰陽、五行、八卦の考え方から空間の気の巡りを整えるための、様々な工夫を一般家庭などに提案できる、コンサルティング業務などが行なえます。講演の他、様々な書籍の執筆、風水に役立つ数々の気の流れを良くする小物の販売や、家具の配置など、インテリアに関する販売事業も風水セラピストの仕事として、なし得るものです。風水セラピスト認定試験・口コミ評判

2位:住宅鑑定風水インストラクター

2位:住宅鑑定風水インストラクター

住宅鑑定風水インストラクターとは

方位などに当てて吉凶を占う八卦、風水の重要な考え方の五行などの一定レベル以上の知識を持ち、風水における視点から、住宅を鑑定する能力を持つといった、風水の専門的立場から、戸建て住宅、マンションなどの分譲物件の立地条件などを、総合的に判断し、新築や転居、住宅の購入に関してアドバイスを行えるのが、住宅鑑定風水インストラクターです。住宅の鑑定は、これまでは路線価に代表される交通の利便性、周辺環境などの外部要因と、住宅そのものの設備や大きさと日当たりを中心に評価がされてきました。住宅鑑定風水インストラクターはそれを踏まえた上で、更に方位、風や水、火元などの風水思想の中にある、場所に適正な生活空間を適切に判断し、場合によっては新たにリフォームしたり、より快適で運勢の良い生活手段を提案する仕事に従事する事が可能です。風水資格の住宅鑑定風水インストラクター試験

住宅鑑定風水インストラクター資格取得のメリット

初めて新居を購入する一般家庭や、新しい土地に転居するなど、新しい生活を始める際には、やはり初期投資の他に、その土地や風土に対して、いち早く馴染んで、自分たちが暮らしやすくなれるかが重要なポイントになります。住宅鑑定風水インストラクター資格取得のメリットは、一般家庭ではそれぞれ独自の環境や生活習慣があることから、これまで踏み込めなかったプライベート空間に対して、第三者の視線と考え方から、適切に相談やアドバイスを行える、普遍的なレクチャーを行えるので、現代社会にこれから必要とされる立場になる可能性を秘めています。

住宅鑑定風水インストラクターの仕事について

大きな費用が発生するリフォームなどでは、どうしても施工後に生活が余計に狂ってしまったなどの想定外のことがよく起こります。また良い環境と思って購入した新築、分譲住宅が、思いの他、そこで暮らしてみたら、家族がどうも精神的に安定せず、イライラ、不満が募るとか、原因はわからないが、なんとなく暮らしにくいと感じることはよくあるものです。住宅鑑定風水インストラクターは、直接的で物理的なアプローチではなく、例えば「この位置にトイレと水場があるのは、気の流れを狂わせる」として、トイレの壁紙の色を変えるとか、金属にカバーを施す、窓を追加する、あるいは換気扇を取り付けるなどのアドバイスといった、提案を主体に行います。あくまでも思想に基づく提案型のコンサルティングですので、仕事にかかるコストは殆ど発生しないメリットも多く、独立して起業することも、負担を低く抑えて始める事ができます。住宅鑑定風水インストラクター認定試験・口コミ評判

3位:風水アドバイザー

3位:風水アドバイザー

風水アドバイザーとは

中国伝統風水の実践者として、個人や世帯、それぞれの心のケア、不安などを取り除くために、中国の伝統的な吉凶を占う手法を利用して、その改善を行う提案、アドバイスを行えるのが風水アドバイザーです。風水とは、占いとは根本的に異なり、北の方角には日が当たらず湿気が溜まりやすいことから、水があればそこに気が停滞して、その場の空気と雰囲気が非常に暗く、陰気を帯びたものになるなど、伝統的な経験則と、暮らしの中から長い歴史で蓄積された知恵です。風水アドバイザーは、風水師とほぼ同じ立場で、個人や家庭の環境と立地や、方角、間取りや所有物などから、現状よりもより精神的改善して、暮らしを良くするお手伝いを行えます。

風水アドバイザー資格取得のメリット

一般的な占星術は、対個人の考え方、方向性を見極めますが、風水アドバイザーは、個人だけではなく、その個人が関係する、家族と生活環境、周辺環境などを考慮して、思想的見地、伝統的考え方を取り入れて生活改善を行おうとする、独特の手法を用います。応用の幅が広く、色や立地、間取りや家具の配置から、よく使う生活用品の選び方まで、広範囲に及ぶ場合があります。様々な風水の伝統的思想を学ぶことで、現代生活に対して、科学的、理論的では説明がつかない、改善できない部分に光を当てることが出来るため、資格所得後では、様々な住宅関連、生活関連、生活に関するものの考え方に良い意味で、第三者に対してアプローチを行うことが可能となります。

風水アドバイザーの仕事について

生活改善全般だけではなく、風水は商業的にも中国では重要な役割を果たします。店舗の炊事場の位置や、トイレの場所、日差しが窓から差し込んでどこを照らすかなど、そうした環境次第で商売に様々な影響をもたらすと信じられています。商売は、不特定多数の他人を相手にし、しかもその第三者の行動は誰も予測できないことから、風水は、こうした人間の能力を越えた予測不能な不測の事態を未然に防いで、事故や災害から身を守り、財産や命までも守ろうと考え出された思想です。風水アドバイザーの仕事の範囲は大変広く、なにか事業を起こす場合や、大きな転機となる生活の変化に関して、適切なアドバイスと提案を行える仕事に従事する事ができます。

4位:風水鑑定士

4位:風水鑑定士

風水鑑定士とは

新築・改築の間取りの風水鑑定. 個人の恋愛や金運風水、 住宅の間取りの風水鑑定と改善、事務所や店舗などの風水鑑定など、様々なケースで現状を調査・精査し、風水の思想に基づく現状改善の提案やアドバイスを行うのが、風水鑑定士です。風水師と立場は近く、個人から、様々な事業者に対して、風水に基づく、機運上昇のアドバイスを行う資格所有者です。様々な相談を、方位と立地、備品や家具や持ち物、内装・インテリアなどの側面から鑑定し、適切なアドバイスを行います。

風水鑑定士資格取得のメリット

古代中国に端を発する「陰陽思想」と「五行思想」が結びつき発展した思想なので、例えば、日の当たる場所の正反対の場所では、建物内では必ず日が差さない影となるのが普通といったように、陰陽思想では、必ず良い事とそうではないデメリットは、輪廻のように存在するといった思想に基づいています。五行思想とは、この世は火と水、土と金属(鉄や銅など)、基本的な元素で人間の生活が出来上がるということから、この循環によって人の生活はバランスが保たれているといった五行説に基づく思想です。冷たい水と土地と土(コンクリートなど)からなる建物などは、極端に「火」を嫌うことから、バランスが悪いとされ、中国では商売で色の「赤」が多用されるのはこのためです。風水鑑定士は、現状をみて、そこに追加、あるいは、一部その物を別のものに交換したり、色や置き場所、持ち物などに焦点を充てて、その改善や提案を行うため、占い以上に、多岐に渡るアドバイスを様々な人に行うことが出来ます。

風水鑑定士の仕事について

「努力しているのに、お金が貯まらない」、「接客も良いはずなのに、何故かお客さんがなかなか来ない」、「来店するけど、何も買わずにでていってしまう」など、世の中には、考えても理解できない理不尽な事が多いものです。単に「運が悪い」などでは解決できない、どうしても理解できない側面に対して、実は「なんとなく陰気で、縁起が悪い感じ」とか、「いるだけで息苦しい」など、そこで生活、仕事をしている人では気が付かない、気の流れがあるものです。風水鑑定士の仕事は、そうした科学的、従来の心理学などでは解決できない雰囲気や、空気感の流れを変えるために、様々な相談やアドバイスを行う仕事に従事することが可能です。

5位:国際風水氣学本鑑定士

5位:国際風水氣学本鑑定士

国際風水氣学本鑑定士とは

初心者のための風水勉強会、また準鑑定士、本鑑定士の認定講座を随時開講している、国際風水氣学協会が認定する風水の資格が、国際風水氣学本鑑定士です。東洋学の真髄を学び、地理風水の陽と天文学、氣学、奇問遁甲の陰を組み合わせて人々の人生の羅針盤の役割を果たすため、同協会は、平成22年6月30日に設立されました。

国際風水氣学本鑑定士資格取得のメリット

一般社団法人 国際風水氣学協会の認定する鑑定士は、風水に基づく全ての学問を通して、自己の確立をし、自分の知識や意識を常に成長させ、人や地域社会の手本になるべき行動をとり、社会貢献をし、自分を取り巻く環境をより良いものに、そして心身ともに健康であるためと、活動理念に明記しています。幸運というこれまで単に運命で片付けられてしまった、個人、会社、事業などの機運を、風水の側面で思想から根底を支えて行こうというものになります。

国際風水氣学本鑑定士の仕事について

「気は風に乗り、水に溜まり財を成す」と言われ、風水の思想は日本でも庭園造成で実は取り入れられています。日の当たる場所に池を造成するのも、こうした思想の影響の現れです。また、風の通りが良い場所には、良い空気の循環が生まれ、そこにいる人の気分にも大きな影響を与えます。国際風水氣学本鑑定士の仕事は、こうした様々な人がそこで活動する、外部影響を様々な側面で考察して改善をはかろうとする、色々な提案を行うことが可能となります。

6位:風水建築士

6位:風水建築士

風水建築士とは

日本風水建築協会が認定する、中国伝統の風水を基準とした、風水の観点で建築設計を行う、建物の配置や分割、機能性、インテリアなどの概念を伝えながら、新しい建築基準として、民間に風水を取り入れた建築設計を行う、建築士を認定された資格所有者です。風水の概念を身近な生活に取り入れ、心身共に健康的、快適な空間を作り上げる、直接的な建設設計に関わる仕事に従事する事が出来ます。

風水建築士資格取得のメリット

数多い民間の建築士では、近年のシステマチックな欧米式組み立て型の平面構成住宅設計で、どうしても多くは没個性となってしまいがちで、必ずしも快適な生活空間として、人に優しい建築設計になりえるとは限りません。風水は自然の論理を日々の生活に取り入れ、個々の暮らしやすい生活空間を追求する上では、生理的、精神的に、より人間に近い、有機的な馴染みやすい環境を整える役割があります。日常の何気ない一般家庭の住環境にアプローチしながら、新しい概念を紹介できるメリットが、他の建築士との差別化をはかれるメリットがあります。

風水建築士の仕事について

建築士は、現在大手事務所の他に、個人事務所など、幅広い規模で行われている人気の職業です。それゆえに同業他社との差別化は難しく、フラットな概念でどうしても標準化された、どこにでもあるデザインや、見た目だけに終始するものです。風水建築士は、そうした従来の固定概念を越えて、より人間らしい、自然と一体化しながら、心地よい住空間を作り上げる設計を行えるので、近年、非常に注目されている専門業種として成り立っています。
風水  風水師

風水資格の学校について

風水は、非常に長い数百年以上の歴史を持つ思想体系を背景にしていますので、その習得は伝統的なところでは、師弟関係で本来習得するのが常でした。現在では、比較的、他の資格所得に比べて、かなり幅広い学習を必要とするので、通信教育の他に、風水の専門教育機関などを随時利用しながら、深く学んでいくことが望まれます。

風水資格の試験難易度

風水の試験の受験資格自体が、なかなかハードルが高く、趣味を越えて、実務的な試験や知識をテストするものが多いため、学習期間はそれなりに、費用も期間もかかることが予想されます。試験の難易度は、他の資格に比べて難しいと言えるでしょう。ただし、一度習得して体得した知識は、相当に利用価値のあるものとして応用が効くため、その技術、知識は、まさに手に職として体得することが出来ます。

風水資格の給料・年収

建築士やコンサルタント業務などでは、実際の実務経験を多数必要としますが、風水は歴史ある庶民に認知された概念の一つでもあるため、努力と一般周知に力を入れれば、同じ同業の他の事業に比べて差別化がはかれ、非常に独自に高い収入を得ることも可能です。

風水資格取得後は

風水は、思想を基にした歴史ある概念の一つで、それは実際に表明されて、しかも数々の証明さえもされている思想でもあります。その学習には、時間も学習範囲もかなり広いことは確かですが、合理的、効率的を追求する現代においては、風水資格は、伝統的、ナチュラリズムの回帰的な概念として、これからも社会に必要となってくるのは間違いありません。
風水  風水師

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る