カクテルソムリエ口コミ評判

カクテル

全ての人を魅了するカクテル

カクテルとはベースとなるお酒に果汁、リキュール、クリームなどを混ぜ、さらにフルーツなどの副材料を添えることで無数のレシピが存在する、魅惑のお酒です。各カクテルの名前にも様々な意味が込められており、カクテルにまつわるエピソードも様々。まさに大人の嗜みです。
 バーでカクテルを飲み、その奥深さにすっかり虜になってしまい、もっとカクテルのことを知りたくなった、という方も多いでしょう。そこでこの記事では、カクテルに関する知識をワンランクアップさせる、「カクテルソムリエ」という資格についてご紹介します。

カクテルソムリエとは

 カクテルソムリエとは、一言で言えばカクテルに関する様々な知識を持っていることを証明する資格です。例えばカクテルの製作技法1つにしても、材料をシェーカーにいれて混ぜるシェーク、ミキシンググラスに霜を取った氷とともに入れて混ぜて冷やすステア、ジントニックのように直接グラスに氷と材料を入れ炭酸でアップするなど、作り方も様々です。また、似たようなレシピのカクテルでもステアで作った場合は1つ1つのお酒や果汁の主張が強く、アルコール度数を感じられる仕上がりになるのに対して、シェークで作った場合は材料全体が同化しまろやか味わいになります。カクテルやお酒の基礎をしっかりと理解し、様々なカクテルへと応用させていける力を持っているかどうかを、カクテルソムリエの資格が証明してくれます。

カクテルソムリエの資格を取るには

 カクテルソムリエの資格を取るには、日本安全食料料理協会が主催する「カクテルソムリエ認定試験」を受験し、合格する必要があります。日本安全食料料理協会は、食料・料理技術の各スキルがある一定以上であると認定をするため、カクテルソムリエ以外にも様々な資格試験を行っている、信頼のおける協会です。
受験資格は特にありませんので、興味のある方は誰でも受験できます。日本安全食料料理協会のホームページから申し込みをすると、自宅に問題・解答用紙などが送られてきますので、自分の都合の良い時に自宅受験をし、解答を発送すれば完了です。
合否は1ヶ月後に送られてきます。70%以上の正答率で合格となり、受験料は税込みで1万円です。また試験は2ヶ月に1回行われていますので、実質随時受験可能という状態に近いと言えます。

カクテルソムリエ認定試験の対策方法

 現在のところ、カクテルソムリエ認定試験の過去問題集などは市販されておらず、独学での対策は難しいと言えます。インターネット上で探してみてもなかなか対策手段が見つからず、カクテルソムリエ取得を目指す方々には厳しい状況です。そこで、諒設計アーキテクトラーニングスクール(https://www.designlearn.co.jp/)の通信講座をお勧めいたします。諒設計アーキテクトラーニングスクールでは各種資格取得のための通信講座が多数用意されており、最短2ヶ月でコースを修了できるだけでなく、専属講師のサポートも受けられるという特典付きです。
カクテルソムリエの資格を取るために、一流のバーテンダーになる必要はありません。大切なことはカクテルの作り方のコツを知ることではなく、原料となる蒸留酒・醸造酒・リキュールに対する正確な知識と深い造詣を持つこと、その他の副材料や製作に必要な道具や技法の意味について理解をしておくこと、またベーシックカクテルのレシピとその歴史をデータベースとして持っておくことです。カクテルソムリエ認定試験で問われるような、絶対に外してはならない豊富な基礎知識を得るためにも、諒設計アーキテクトラーニングスクールの通信講座は試験対策に非常に役立ちます。

カクテルソムリエの資格の活用

 カクテルソムリエの資格は非常に新しい資格でありますが、今後の知名度の向上が期待されます。
これからバーなどでバーテンダーとして働くことを志望する若い方は、カクテルソムリエの資格を持っておけば就職の際の強みになります。また、カクテルコンペティションで賞を取ったことがない若手バーテンダーの方や、バーではないがレストランやその他飲食店でカクテルを提供されている方などはカクテルソムリエの資格を持つことでよりお客様の信頼を獲得できます。また、誰でも受験可能という間口の広さから、趣味としてのカクテルを極めたいという一般の方にも、カクテルの総合的な知識を身につけることができる絶好の機会となりますので、ぜひ取得されることをお勧めします。
カクテル  カクテル

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る