紅茶資格人気ランキング

紅茶資格人気ランキング

最近では生活の嗜好品も、より高級・本場志向がどんどん主流となり、道具から食器やその保管など、全てにおいてライフスタイル、特に話題のスローライフに関与した、生活に潤いと癒やしを求める意味で、紅茶に関する資格は注目されています。

1位:紅茶アドバイザー

1位:紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーとは

茶葉の知識から、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドまで、紅茶についての基礎知識を有していることを認定された資格所有者が、紅茶アドバイザーです。紅茶の樹は、紅茶やウーロン茶と同じツバキ科の常緑樹で、原種は中国の雲南省からチベット、ミャンマーにかけての山岳地帯に自生していたとされ、その歴史は嗜好品としては、煙草に次いで長いものです。ヨーロッパにお茶がもたらされたのは17世紀と古く、海上貿易で世界に雄飛していたオランダによって、中国から伝えられました。紅茶の趣向は、英国では貴族を中心に普及が進み、製造業者が買い手の嗜好に合わせてその発酵を進めているうちに、強く発酵した様々な紅茶が誕生したといわれています。また紅茶にはそれぞれ発酵の違いや産地、製造加工処理でその風味が変わり、その数が非常に膨大であることもよく知られています。紅茶アドバイザーはこうした紅茶の歴史や、紅茶の楽しみ方、手軽な方法やライフスタイルに取り入れる提案と、癒やしの空間のお供に提供するお店や、軽食店など、様々な業態で使われる嗜好品としての紅茶を、広く世間に周知させて普及を行う、紅茶の知識においての専門的なアドバイスを行えるアドバイザーです。紅茶資格の紅茶アドバイザー認定試験

紅茶アドバイザー資格取得のメリット

紅茶の産地や風味の違いなどを理解し、本場英国式の様々なマナー、紅茶のお供のお菓子や軽食などの知識を使って、癒やしとライフスタイルの提案が出来ます。店舗だけではなく、紅茶の輸入に関しての産地の知識、製造や味の違いについても充分な知識を有しているので、様々なサービスにおいて応用が効き、資格所得で得られる職種やサービスの幅は、今では非常に広義の意味で生活に密着したものとなっているでしょう。

紅茶アドバイザーの仕事について

一般の方に、正式な紅茶のいれかた、あるいは食器選び、マナーや紅茶を生活に取り入れるアドバイスを通じて、専門店のアドバイザーや接客業、料理教室やマナー教室の講師など、紅茶アドバイザーの役割とその活動範囲は、大変広いものとなっています。紅茶アドバイザー認定試験・口コミ評判

2位:紅茶マイスター

2位:紅茶マイスター

紅茶マイスターとは

イギリスで最初にお茶が売られた1657年当時、それはまだ“万病に効く東洋の秘薬”として普及し、1662年にチャールズ2世のもとに嫁いできたポルトガルの王女キャサリンが、中国の茶と当時は貴重であった砂糖を大量に持参し、宮廷に喫茶の習慣をもたらし、紅茶は英国王室においては無くてはならないものとなりました。17世紀後半から19世紀初頭までの100年間あまり、イギリス東インド会社はお茶の輸入を独占、1813年に廃止されるまで、その取引の利益が大英帝国繁栄の基礎を築いたとさえいわれています。 紅茶マイスターは、日本安全食料料理協会主催などの、紅茶に関する資格としては、より高い知識を求められるレベルの高い資格となります。紅茶に関する知識以外にも、紅茶店の経営、マーケティング、ティールームの設備・内装といったより実践的な内容が問われる場合があります。紅茶検定の紅茶マイスター認定試験

紅茶マイスター資格取得のメリット

基本的な紅茶の全般知識から、専門店向けの幅広く、深い教養を備える必要があるため、それなりに独学の他に、様々な紅茶に関する受講や経験が必要とされます。紅茶専門の輸入代行業、あるいは紅茶専門店として茶葉の販売や、サービス提供を考える人には、大変価値のある資格の一つといえるでしょう。

紅茶マイスターの仕事について

資格取得後は、自宅やカルチャースクールで講師として活動も可能の他、独自に個人経営の形態で紅茶に関する販売・サービス業の経営にも関わることが可能となります。非常に分野が独占的で、専門知識もより高いレベルを必要とされるので、収益面からも、他社、他のサービス業と比較して有利な経営が行えることが可能となります。紅茶マイスター認定試験・口コミ評判

3位:紅茶検定

3位:紅茶検定

紅茶検定とは

紅茶の歴史や文化、産地ごとの特徴、ブランド、器具、美味しい入れ方や保存方法など、紅茶の楽しみ方や知識を深めている事を証明する民間の検定試験です。日本が初めて紅茶を輸入したのは明治20年で、その輸入は、原産地の中国からではなく、ヨーロッパ文化への憧れとしてイギリスから行われたのもあって、長らく日本では紅茶は高級、高貴な楽しみの一つとして定着していました。ティーバッグの導入や缶入り紅茶ドリンクの開発などを契機に、飛躍的に需要は拡大したものの、英国の紅茶文化とはまだまだ比較にならないところが大きいのです。紅茶検定は、こうした1世紀以上に渡る紅茶の歴史の他に、いれかた、マナー、道具や正式な習慣、更には紅茶の嗜好品の周辺で提供される菓子類、軽食など、非常に多岐に渡る知識が必要とされます。

紅茶検定資格取得のメリット

紅茶について、各ブレンドの違いや産地から影響される、紅茶名の本当の違いや、風味、香りまでを熟知し、紅茶の鑑定から紅茶の普及活動まで役立つメリットが紅茶検定にはあります。

紅茶検定の仕事について

紅茶の鑑別などが行なえ、更には紅茶の歴史を広く普及させる意味では、個人で書籍を執筆したり、紅茶の楽しみ方、面白さwそ一般の人々に周知させることが可能となります。また紅茶の茶葉の特徴など、様々な側面での紅茶の違いを区別することにより、紅茶の茶葉販売店でも、その仕入れやサービスの提供にも活用する事が出来るでしょう。

4位:ティーインストラクター

4位:ティーインストラクター

ティーインストラクターとは

紅茶のおいしい入れ方などを指導する紅茶のスペシャリストのことで、日本紅茶協会などが資格認定を行っている、紅茶専門のインストラクターです。日本紅茶協会が開催する「ティーインストラクター養成研修」コースを受講し、資格認定証書を取得したティーインストラクターで組織する会として、「日本ティーインストラクター会」が設立され、現在正会員は全国合わせて741人参加しています。紅茶の消費拡大を図るための紅茶普及活動、日本紅茶協会が実施する事業の受託並びに同事業への協力や、紅茶に関する情報の収集および提供ならびに調査研究など、ティーインストラクターは、紅茶に関する様々な事業と関わることが可能です。

ティーインストラクター資格取得のメリット

日本紅茶協会は昭和14年に紅茶協会として設立され、その後種々変遷を経て、紅茶の輸入自由化が行われた昭和46年に現在の新しい組織に改組されるなど、非常に日本では古くから活動を開始している、大変意義ある紅茶に関する専門家を育成している団体の一つです。紅茶をより職業として選択して、事業者やその事業者育成に関わる業務に携わることが可能となるので、趣味から本格的な経営、実業家としての活動も視野に入れて活動することが出来ます。

ティーインストラクターの仕事について

紅茶に関する様々な専門店へのコンサルティングから、事業者へのアドバイス、及び独立開業などに役立つ、大変多くの知識を有した専門家なので、実務的な意味では、実際に仕事として成り立つ業務に従事する事が可能です。特に最近では、若い男女の新しい資格の需要ととして注目されています。

5位:ロイヤルミルクティーマイスター

5位:ロイヤルミルクティーマイスター

ロイヤルミルクティーマイスターとは

ロンドンティールームのプロ講座を受けた人の中から、ロンドンティールーム店主がロイヤルミルクティーのノウハウを取得された者に対して与える資格として有名です。ロイヤルミルクティーは別名(チャイ)とも呼ばれ、世界中で愛されているミルクティーとなります。特に英国では、ミルクを入れるタイミングや、その濃さにおいても数々の論争が起きるなど話題で、英国では紅茶にミルクと砂糖の割合そのものが、各家庭で決まりやルールがあると言われています。ロイヤルミルクティーマイスターとは、英国式ミルクティを入れる事ができると、民間の団体が認定する紅茶専門の資格です。

ロイヤルミルクティーマイスター資格取得のメリット

イギリス王朝風のミルクティーであるロイヤルミルクティーは、通常のミルクティーでは水や熱湯で煮出した紅茶にミルクを混ぜるところを、茶葉を直接牛乳で煮出す点に特徴があり、非常にその抽出には高い技術が要求される高度な知識も必要となります。特に使うミルクに対して水で薄める割合に関しては、個人の好みや英国では地域によってもその違いが大きく、技術の高いロイヤルミルクティーマイスターは、茶葉の味と風味を損なわず、コクを生み出すテクニックが必要となります。英国式紅茶職人のような、独自の職種を目指す場合になどは、とても役立つ資格となるでしょう。

ロイヤルミルクティーマイスターの仕事について

ロイヤルミルクティーマイスターとは、英国式ミルクティーの達人として位置しているため、紅茶の種類からいれるテクニック、様々な知識を活用する職人として活躍することなども可能です。

6位:紅茶コーディネーター

6位:紅茶コーディネーター

紅茶コーディネーターとは

紅茶に関する深い知識があり、紅茶全般について指導する民間資格の一つで、紅茶の本格的な知識と技能を比較的、知識に重点を置いた、幅の広い知識習得を必要とします。紅茶の基礎から全般までを網羅するため、一般の方で紅茶に興味があるなら、誰でも受講して認定試験を受けて、資格を得ることが可能です。

紅茶コーディネーター資格取得のメリット

メリットの一つはやや手軽に受講して、紅茶に興味があるなら気軽に誰でもチャレンジ出来るところでしょう。独学以上に紅茶に関して、より知識を高めたいのなら、認定試験を受ける価値は充分あります。

紅茶コーディネーターの仕事について

高い技能や知識を必要とする他の資格に比べて、基礎的な知識からやや広い知識までを学ぶので、この資格を起点として様々な他の紅茶に関する資格を所得すれば、様々な業種や起業や活動においても、重要な役割を担うところがあるため、資格の最初に受験することも勧められます。ティーインストラクター・紅茶アドバイザー・紅茶コーディネーター
紅茶  紅茶の資格通信教育

紅茶資格の学校について

ティーショップを基準とした新しい形で、有名メーカーのリプトンなどでも、サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザなどで、紅茶についての世界観が身につく4講座をバランスよく集中的に学ぶクラスなどの受講が出来るようになってきています。講師達がラグジュアリーな空間と時間をエレガントにエスコートする、非常に高貴な英国式紅茶の嗜みも、実際の紅茶教室などで、対価を払えば一定期間、学ぶことが可能となっています。UK TEA ACADEMYなど、様々な歴史ある英国式紅茶のマナー、楽しみ方を学べる講義やセミナーが増えてきており、女性だけではなく、近年では若い男性も紅茶に大変、興味を強く、関心を寄せる人々が増えています。

紅茶資格の試験難易度

紅茶に関する知識に応じて段階的に、そのレベルに応じた試験などが受験できる体制が整って来ているため、紅茶に関する試験の難易度はそれほど高くはないのが特徴です。在宅で受講し、そのまま筆記試験で知識を認定してもらい、そのまま資格を得ることも現在では可能です。

紅茶資格の給料・年収

紅茶に関する特徴は、嗜好品としては一般的に消耗品が少ないことや、使う道具や食器は、長く継続して使える陶器や金属製などが多いのが特徴です。ティーバッグなど簡易で便利な紅茶の楽しみ方はもちろん、より本格的な英国式ティータイムの実践やその紹介など、一部ライススタイルに関わることも含まれている場合があります。紅茶に関する資格を所得して、それを基に年収を稼ぎ出すには、他社及び、類似サービスや店舗、販売方法に工夫が必要な場合も多いのですが、紅茶の茶葉は世界中で栽培されているため入手がしやすく、紅茶を使った新しいメニューも開発が可能です。最近流行中のタピオカティーもその一つでしょう。テイクアウト、あるいは紅茶専門店、それに関わるコンサルティング業務や販売アドバイス等、幅広いアイデア次第で年収は高いものとする事が可能です。

紅茶資格取得後は

近年では紅茶に関する道具や食器など、多岐に渡る様々な雑貨の他に、その店舗やサービスが独特なオリジナル製品をブレンド、及び開発して販売・提供するケースが大変増えています。それまでの既成品、有名メーカーの製品以外に、茶葉を独自輸入したり、卸で仕入れてブレンドして販売するケースや、小物や道具を海外から独自に個人輸入して販売する場合などです。紅茶に関する資格所特後は、こうした店舗販売や接客業を中心に、その経験を活かして他店舗や第三者に対してコンサルティング業務など、幅広い職種に従事することも、工夫やアイデア次第で可能となるでしょう。
紅茶  紅茶の資格通信教育

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る