ワインアドバイザー

ワインソムリエ

ワインの販売、酒類・飲料類の販売をするのがワインアドバイザー。ワインアドバイザーは、ワイン・酒類・飲料類の販売をしている従事者の資格所有者の名称であり、日本ソムリエ協会のワインアドバイザー呼称資格認定試験に合格した者の呼称です。注意点として、ワイン・酒類などのアルコール類の販売を個人で行うには、別途、国税庁が定める一般酒類小売業免許が必要となります。

ワインアドバイザーは、ワインを購入しに来られたお客様に対し、お客様の好みや要望に合ったワインの提供や購入のアドバイスなどを行います。ワインは、作られたブドウの種類、ブドウの生産国・生産地、生産年度によって味が異なる為、非常に多くの種類があり、ワインアドバイザーは、多数あるワインの中からお客様に対して最適なワインの提案をします。その為には、数々のワインの知識や毎年生産されるワインの知識などを常に情報収集する必要があり、ワインに対し広い知識が求められます。

またワインは保存状態によって味や風味が左右される為、ワインセラーの管理や販売環境の管理なども行わなければならず、ワインの味や知識だけでなく、管理の面に於いても深い知識が必要となる仕事と言えます。

来店されたお客様とコミュニケーションを取りながら、お客様がどのようなワインを求めているのか、どのようなワインを提供すると良いのか、などを即座に提案できることが、ワインアドバイザーの腕の見せ所と言えるでしょう。

ワインアドバイザーの働く業界

ワイン輸入業者、ワイン専門店、酒屋、個人店舗などで活躍をしていますが、就職をしてから資格を取得する方が多いように見受けられます。

  • ワイン輸入業者
  • ワイン専門店
  • 酒屋
  • 個人店舗

ワインアドバイザーになるには

ワインアドバイザーを目指すためには、ワイン・酒類などの販売経験が必要となる為、ワインを扱う販売業者に就職してから、ワインに関する知識を習得して資格を取得するのが一般的です。

ワインアドバイザーの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業時間によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

ワインアドバイザーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ワインアドバイザーとして働く際には、日本安全食料料理協会が認定するワインコンシェルジュ資格認定や日本インストラクター技術協会が主催するソムリエインストラクターを取得した方が良いでしょう。

ワインアドバイザーへの近道アドバイス

ワインアドバイザーになりたいなら、通信講座やソムリエ専門の学校に通い、ワインや酒類・飲料類などの知識を身に付け、ソムリエの資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のワインアドバイザー資格ランキング!!

  1. ワインコンシェルジュ:日本安全食料料理協会
  2. ソムリエインストラクター:日本インストラクター技術協会

ワイン  ワイン

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る