園芸インストラクター資格とは?

園芸インストラクター資格はどんな職業に活かせるの?取得方法や通信講座の紹介も

資格の取得を目標に新しい分野の知識を得る経験は、まだ眠っている自分の才能を開花させるための良い機会になります。

園芸インストラクター資格も、自宅のちょっとしたスペースを有効活用して癒しの空間作りを始められるなど、生活の質の向上が期待できる資格の1つです。

園芸インストラクター資格について、活用できる職業や資格の取得方法などをまとめていきます。

園芸インストラクターとは

園芸の基礎知識の習得はもちろん、ガーデニングに関する悩みを抱える人にアドバイスまでできるスキルを証明するのが園芸インストラクター資格です。

指導力を認定する資格を多数発行している日本インストラクター技術協会(JIA)が発行しています。

資格取得後は、植物や苗木の管理方法やガーデニングの設計や施工などについて専門知識が身に付くので、関連する仕事への転職やキャリアアップの際に有効活用できます。

園芸インストラクターが活用できる職業

園芸インストラクターが活用できる職業

園芸に関わる知識は、趣味で庭づくりを楽しむ他、草木・植物などに関わる専門的な仕事の中でも柔軟に応用できる奥深さが大きな魅力です。

ここでは資格を活用できる職業について紹介していきます。

造園師

園芸インストラクターの知識は、造園師の仕事に携わる際にも役立ちます。

主に個人宅を対象に、日本式の庭を制作していく仕事に魅力を感じる人に向いている職業と言えるでしょう。

主な勤務先は造園会社で、園芸に関する専門知識と共に、力仕事をこなせる体力も求められる仕事です。

ガーデンデザイナー

ガーデンデザイナーは、和洋問わず庭園やハーブガーデンなども手がける仕事です。

自ら植物を剪定したり、石を動かしたりする造園師とは違い、庭の設計が主な仕事になります。

園芸療法士

植物との触れ合いから生じる癒しに興味がある場合、園芸療法士が最適です。

高齢者や障害者、心のケアを必要とする人などを主に対象として、症状の改善を目指す仕事になります。

グリーンコーディネーター

主に企業から依頼を受けて公園やビル・ホテルの敷地内にある庭園のプロデュースなどを手がける仕事です。

他業種の専門家とやりとりしながら、植物のエキスパートとして植物の選定から給水・排水の構造までトータルで設計していくため、チーム作業が得意であるのも適性の1つと言えるでしょう。

花屋のスタッフ

生花や観葉植物などを販売する仕事でも園芸インストラクター資格は活用できます。

ただ、植物を運ぶのは想像よりも力仕事という点は、留意するポイントと言えるでしょう。

園芸(ガーデニング)の先生

知識を教えるなど、人材育成にやりがいを感じる人であれば、カルチャーセンターや自宅講座などで講師として活躍する方法があります。

目的に合わせた講座作りができると、担当するクラス数が増えて安定した収入につながりやすくなるでしょう。

園芸インストラクターを取得する方法

園芸インストラクター資格を取得するには、2つの方法があります。

  • 資格を発行する協会が主催する試験に合格する
  • 協会認定の通信講座の特別講座を利用する

以下は日本インストラクター技術協会が行う園芸インストラクター資格試験の概要です。

受験料10,000円(消費税込み)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
申込方法インターネットからの申込み

受験票や試験問題、解答用紙は、申込後に随時自宅へ郵送で届きます。

申込みの翌月末に試験期間と解答の郵送期限が設定されているので、事前に期日を確認しておくと良いでしょう。

一方、「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」の通信講座では、資格協会が認定した資格取得講座があります。

中でも特別講座は、通常の課題と卒業課題まで提出してクリアすると、試験免除で園芸インストラクター資格の取得となります。

資格試験を受けるにあたり学習方法に制限はないので、試験対策がしっかりできる協会認定の通信講座を利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

園芸インストラクター

園芸インストラクターを取得できる通信講座

園芸インストラクターを取得できる通信講座

園芸インストラクター資格を試験免除で取得できる講座を主催する「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」には、試験を受けて資格取得を目指す講座もあります。

それぞれの認定講座について、詳しく紹介していきます。

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「ガーデニングアドバイザーW資格取得講座」に、園芸インストラクター資格の試験対策ができる教材が含まれています。

基本講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格園芸インストラクター
ガーデニングアドバイザー
受講料59,800円
分割3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回

基本講座は、初期費用を抑えて資格取得を目指したい人に適しています。

資格協会が認める充実した教材を使用して、試験合格に向けた効率的な学習ができるのは大きな魅力です。

一方、スペシャル講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格園芸インストラクター
ガーデニングアドバイザー
受講料79,800円
分割3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回+卒業課題1回

スペシャル講座は卒業課題の提出を条件に、試験免除で資格取得ができます。

卒業課題を提出し卒業すると、園芸インストラクターとガーデニングアドバイザーの2つの資格が認定されます。

諒設計アーキテクトラーニングの認定講座は分割払いが可能なので、金銭的な負担を減らし確実な資格取得を目指したい人に、最適な講座と言えるでしょう。

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座

ガーデニング園芸資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでは「ガーデニング園芸資格取得講座」に、ガーデニング園芸資格の試験対策ができる教材が含まれています。

基本コースの内容は以下の通りです。

対象となる資格園芸インストラクター
ガーデニングアドバイザー
受講料59,800円
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回

プロ監修の下作られた教材は、初心者でもわかりやすい構成内容となっています。

一方、プラチナコースの内容は以下の通りです。

対象となる資格園芸インストラクター
ガーデニングアドバイザー
受講料79,800円
受講期間6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数5回+卒業課題1回

プラチナコースは、試験免除で対象資格が取得できる講座です。

最短2ヶ月で卒業できるので、目標が明確に定まっている人や早く転職活動を始めたい人には大きなメリットがあると言えるでしょう。


ガーデニング園芸資格取得講座

同時取得できるガーデニングアドバイザーとは

2つの認定講座で園芸インストラクター資格と共に取得できるガーデニングアドバイザー資格は、日本生活環境支援協会(JLESA)が発行している資格です。

JLESAの資格は、生活に関わるスキルを認定するもので、ガーデニングアドバイザー資格は基本的なガーデンデザイン知識と技術の習得を示します。

園芸インストラクターと併せた資格取得によって、多角的な知識の証明となり、仕事上で説得力のある言動ができるようになります。

ガーデニングアドバイザー

資格取得で一段上の癒し空間を作る園芸インストラクターに

園芸インストラクター資格は、多様な場面に通用するガーデンデザインの知識や技能の保有を認める資格で、取得後は幅広い分野で働く際に活用できます。

仕事以外でも、自宅の庭を癒しの空間にデザインしたり、家庭菜園を始めたりする際に持っていて損のない知識と技術と言えます。

また資格取得によって新しい視点が生まれ、より自分らしい豊かな生活を送れるようになるでしょう。

資料請求は、各サイトからいつでも無料で行えます。

生活に彩りを与える園芸インストラクターに興味がある人は、ぜひ資格協会や通信講座のサイトで、より深い魅力を確認してみてください。