ハーブ資格人気の資格徹底比較

ハーブ資格

人に癒やしを与えるハーブには、さまざまな人が注目しています。ハーブについての知識を深めるために資格を取得したいと考えている人もいるのではないでしょうか。今回は、ハーブの資格のうち、特に人気の高い資格について紹介します。ハーブについて学びたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会が資格認定をおこなっています。ハーブによるさまざまな効果についての知識をもっており、そのスキルを活かしたカウンセリングをおこなうことができる人にメディカルハーブカウンセラーの資格が認められます。ハーブの効果としては、リラックス効果やデトックス効果など多岐に渡ります。メディカルハーブカウンセラーの資格試験には特別な受験資格は定められていないため、しっかりとした知識や技術をもっていれば誰でも資格取得を目指せます。

メディカルハーブカウンセラー資格取得のメリット

メディカルハーブカウンセラーの資格を取得すれば、ハーブのスペシャリストとして認められたことになります。そのため、自分自身の知識や技術に自身をもって、さまざまなところで能力を発揮することができるでしょう。自分自身のためにハーブの効果を活かすだけでなく、さまざまな悩みを抱える人のためになる活動も始められるようになります。ハーブが好きならメディカルハーブカウンセラーの資格取得を目指すと、さまざまな道が開けるでしょう。

メディカルハーブカウンセラーの仕事について

メディカルハーブカウンセラーの資格を取得すれば、ハーブの専門家として仕事ができます。たとえば、自宅でハーブについての教室を開いたり、ハーブをメインに扱うプライベートサロンをオープンさせたりできるでしょう。メディカルハーブカウンセラーの資格があれば、カルチャースクールで講師を勤めることもできる可能性があります。もちろん、最初からさまざまな仕事が舞い込んでくるわけではないので、資格取得後はさらに知識を深められるように努力する必要があるでしょう。

ハーブインストラクター

ハーブインストラクター

ハーブインストラクターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定試験を主催している資格です。ハーブの力をどのように生活に活かせばいいのかについて熟知している人にハーブインストラクターの資格が認定されます。ハーブインストラクターは、以前は「ハーブライフインストラクター」という名称でした。名称は変更になっていますが、試験の内容は同じままです。ハーブインストラクターの試験ではハーブの利用方法とともに、ハーブの栄養などに関するさまざまな内容が問われています。

ハーブインストラクター資格取得のメリット

ハーブインストラクターになるためにしっかりと勉強すれば、ハーブに関する専門的な知識をしっかりと身につけられます。そのため、ハーブインストラクターの資格を取ると、自分自身のためにハーブの知識をうまく使いこなせるようになるでしょう。それだけでなく、ハーブの知識を活かしてさまざまな悩みを解決するプロとして働くこともできるようになります。

ハーブインストラクターの仕事について

ハーブインストラクターになれば、ハーブを専門的に扱うセラピストとして活動できます。ハーブの力については、食品業界はもちろん、健康や美容の分野でも大きく注目されています。そのため、自分の希望を考慮してさまざまな方向性を目指すことが可能です。また、ハーブインストラクターの資格があれば、個人で教室を開いて多くの人にハーブの素晴らしさや使い方を伝えることもできるようになるでしょう。

ハーブセラピスト

ハーブセラピストになるための資格として、日本ハーブセラピスト協会が主催するハーブ検定もあります。ハーブ検定は2級から始まり、次に1級があります。その後、ハーブセラピスト養成上級講座を受講すると、ハーブセラピスト認定試験を受けることが可能です。ハーブセラピスト認定試験に合格すれば、晴れてハーブセラピストになることができます。ハーブセラピストになった後は、さらにハーブセラピーインストラクターやハーブセラピースペシャリストなどを目指せるようになっています。

ハーブセラピスト資格取得のメリット

ハーブセラピストの資格取得を目指せば、ハーブについて幅広い知識やスキルを身につけることができるでしょう。ハーブについて基礎から学べるので、初めてハーブについて学ぶ人でも始めやすいです。級が複数に分かれているため、ハーブセラピストになるまでには少し時間がかかりますが、じっくり取り組む時間があるという人にとっては問題ないでしょう。

ハーブセラピストの仕事について

ハーブセラピストの資格を取得できると、プロのハーブセラピストとして活動できます。ハーブの使い方や効能について幅広い知識やスキルをもてるようになるので、さまざまなところで講師や指導者として活躍できるでしょう。ハーブの栽培方法やハーブティーについても詳しい知識を身につけられるため、ハーブに関わる仕事であれば幅広く対応できるようになります。

メディカルハーブセラピスト

メディカルハーブセラピストは、一般財団法人日本能力開発推進協会によって認定がおこなわれている資格です。ハーブのもつ効能やハーブの扱い方などの幅広い情報を理解し、身につけていると認められる人に、メディカルハーブセラピストの資格が付与されています。メディカルハーブセラピストになれば、さまざまなジャンルでハーブの専門知識を活かせるようになるでしょう。

メディカルハーブセラピスト資格取得のメリット

メディカルハーブセラピストの資格を取得すると、ハーブが人にもたらす効果について正しい知識を身に付けられるようになります。ハーブの知識やスキルを仕事で発揮したいと考えているなら、メディカルハーブセラピストの資格はおおいに役立つでしょう。メディカルハーブセラピストの資格を取得するには一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している教育機関において教育訓練を受ける必要がありますが、その分、しっかりとした知識を正しく身につけられるはずです。ハーブについて幅広く学べるので、ハーブを扱ううえでも大きな自身が身につくでしょう。

メディカルハーブセラピストの仕事について

メディカルハーブセラピストになると、さまざまな業界においてハーブの専門家として活躍できます。たとえば、美容業界ではハーブを使ったマッサージも人気が高いです。メディカルハーブセラピストの資格があれば、ハーブの専門家としてお客様に適したハーブを選ぶことができるでしょう。また、飲食業界においてはハーブを使った料理やデザートを扱ったり、その人に合うハーブティーを提案したりできるようになります。メディカルハーブセラピストの資格があるなら、ハーブについて指導したり講演をおこなったりすることも可能です。

メディカルハーブコーディネーター

メディカルハーブコーディネーターは、日本メディカルハーブ協会(JAMHA)が認定をおこなっている資格です。メディカルハーブコーディネーターの資格を得るには、メディカルハーブ検定に合格しており、日本メディカルハーブ協会(JAMHA)の会員になることが条件となっています。そのため、他の資格に比べると資格を取得するためにかかる費用や手間が多めです。とはいえ、協会に所属できるため、ハーブについての知識があることをしっかりとアピールするのに役立つでしょう。

メディカルハーブコーディネーター資格取得のメリット

メディカルハーブコーディネーターの資格を取得すれば、ハーブに関するプロとして認められます。そのため、ハーブに関わるさまざまな分野で活動しやすくなるでしょう。ハーブの正しい知識を活かして自分の生活を豊かにしたり、多くの人にハーブの素晴らしさを伝えたりできるようになります。

メディカルハーブコーディネーターの仕事について

メディカルハーブコーディネーターになれば、ハーブを使ったエステサロンやアロマショップなどをもつことも可能になります。また、メディカルハーブコーディネーターの資格を活かせば、ハーブを使ってさまざまな人に癒やしを与える仕事を始められます。メディカルハーブコーディネーターの資格があれば、講師としても活動しやすくなるので、たくさんの人にハーブについての正しい知識を伝えられるようになるでしょう。
ハーブ資格取得の通信講座  ハーブ資格取得の通信講座

ハーブ資格の学校について

ハーブの資格を取得する場合、スクールに通ったり通信講座で学んだりする方法があります。ハーブについて資格取得を目指すなら、通信講座を選ぶのが最もおすすめです。スクールでは実際にプロからハーブについて教えてもらえますが、何度も通うとなると負担も大きいです。通信講座ならプロの作ったカリキュラムを使いつつ、自宅で自分のペースで学習できます。

ハーブ資格の試験難易度

ハーブの資格は取得が難しいと考えている人もいるかもしれません。しかし、実際には受験資格が特に定められておらず、実務経験がなくても受験できるものも多いです。そのため、しっかりと勉強すれば、誰でもハーブの資格を取得できる可能性は高いと言えるでしょう。

ハーブ資格の給料・年収

ハーブの資格を取得した場合、働き方によって収入は大きく異なります。企業に勤めながらハーブの資格取得を目指すのであれば、安定した収入を得られるでしょう。しかし、個人で仕事を始めるのであれば、客足によって収入は大きく変化します。

ハーブ資格取得後は

ハーブの資格を取得すれば、ハーブのスペシャリストとして幅広く活動していけるようになります。多くの人にハーブの魅力を伝えられるため、仕事としてハーブの資格を活かす場合もやりがいが大きいでしょう。ハーブの資格を取得して、ハーブについての知識をぜひ深めてください。

メディカルハーブコーディネーターカウンセラーとは・主な仕事内容

ハーブとは香草や薬草などの総称であり、メディカルハーブはハーブ(香草や薬草)の中でも特に薬効に優れた薬用植物として分類されている薬用ハーブの事です。メディカルハーブコーディネーターは、それら薬用ハーブを症状や状態に応じて、効能のある薬用ハーブの調合や使用方法などをアドバイスするのが仕事です。

ハーブの歴史は古く、また世界中で使われていた為に種類も数千種類とあり、欧米ではミント・ラベンダー・レモンバームなど、中国の漢方薬として高麗人参・葛根など、日本ではヨモギ・南天などと様々です。効能としては、滋養強壮、血糖低下、冷え性、風邪などに効果があるもの、がんに効果があるもの、中にはクスリと同等の効果があるものもあります。

ハーブの使用方法としては、煎じて飲んだり、熱湯を注いで芳香浴をしたり、香りを嗅いだりして使用する事が代表的で、手軽に利用出来る事から、近年ではセルフメディケーションの一環として取り入れる方も多くみえます。

メディカルハーブのサプリメントなどは医療品として扱われるなど、医薬品として使用される事もあり、その為、ハーブの使用方法や取扱には注意が必要であり、メディカルハーブコーディネーターの資格が活かされるとも言えます。

ハーブ資格取得の通信講座  ハーブ資格取得の通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA