ガーデニング園芸

個人宅の庭だけでなく、公園や公共施設などの造園の設計を行うのがガーデンデザイナー。

ガーデンデザイナーは、庭師のように実際に植物を植えたり、石を配置したりと実際の施工工事を行うのではなく、主に設計をするのが仕事です。

お客様と実際に庭を見ながらお客様の要望を聞いて、ガーデニングのプランニングと企画・提案を行います。お客様が抱くイメージと建物のイメージに沿った庭のデザインをすると共に、植物や植樹の選定、設置するエクステリア商品などの選定、排水・給水施設などの配置場所など庭全体をデザインしていきます。

ガーデンデザイナーには、多種多様の植物や植樹の知識、エクステリア商品などの商品知識、土木工事(給排水配管)など、ガーデニングに伴う深い知識が求められると共にデザイン性や作図などの技術が求められます。

また実際に庭の施工を行うのは庭師さんなどの造園業者さんが工事を行いますので、造園業者さんとの打ち合わせや工程指示、工期の監理業務なども行います。

ガーデンデザイナーとは施主様と工事業者さんとの橋渡し的な役目も担っており、施主様の予算に応じた提案・企画などの営業的な役割と、業者さんへの発注や商品の発注などの購買的な役目も行っております。

また企業などに所属している場合などは、公共施設や公園、ショッピングモールなど大規模な造園業務を請ける場合があります。

ガーデンデザイナーの働く業界

ガーデンデザイナーは造園業者や建設業者、設計事務所、ハウジングメーカーなどに就職し活躍をしております。企業に属しながらガーデンデザイナーの仕事をしている方が多く、独立して仕事を行う場合は他の資格と併用して行っている場合が多いと言えます。

  • 造園業者
  • 建設業者
  • 設計事務所
  • ハウジングメーカー
  • 独立

ガーデンデザイナーになるには

ガーデンデザイナーを目指す為には、造園業者や建設業者などに就職してガーニングなどに関する知識や技術を身に付け、資格を取得するのが一般的です。

ガーデンデザイナーの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:23~25万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

ガーデンデザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ガーデンデザイナーとして働く際には、ガーデニングアドバイザー認定試験(日本デザインプランナー協会)に合格する事で認定を受ける事が出来ます。造園に関するエクステリアプランナー(日本エクステリア建設業協会)などの資格も有すると就職に有利と言えます。

ガーデンデザイナーへの近道アドバイス

ガーデンデザイナーになりたいなら造園業者や設計事務所などに就職し、経験と知識を得てから資格取得を目指しましょう。

今業界で人気のガーデンデザイナー資格ランキング!!

  1. ガーデニングアドバイザー認定試験:日本生活環境支援協会
  2. 園芸インストラクター:日本インストラクター技術協会

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る