植物資格人気の資格徹底比較

植物資格

植物を育てたり、美しい花を自分の好みに合わせて飾ったりしたいと思っていませんか。自然な美しさをもつ植物は、見ているだけでも元気になりますよね。とはいえ、植物や花は生きているので、扱い方にはいろいろな知識が必要となります。そういった知識を自分で学ぼうとしても、なかなか必要な知識をすべて網羅するのは難しいでしょう。しかし、植物の人気資格を選べば、初めてでも気軽に植物や花について学ぶことができます。今回は、植物の人気資格について見てみましょう。

ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザー
ガーデニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催している資格です。ガーデニングの基本的な知識やスキルをもっていると認められる人にガーデニングアドバイザーの資格が認められています。木や花の種類や植え方に加え、庭全体の設計や管理の仕方についても的確な知識をもっていることが求められます。ガーデニングについて正しい知識をもちたいと思っているなら、ガーデニングアドバイザーの資格はぴったりだと言えるでしょう。

ガーデニングアドバイザー資格取得のメリット

ガーデニングアドバイザーの資格を取得することができれば、ガーデニングに関して必要な知識を体系的に網羅できます。そのため、実際にガーデニングをスムーズにおこなえるようになるでしょう。庭でガーデニングを楽しむことを趣味として本格に始めることも可能です。また、ガーデニングアドバイザーの資格があれば、仕事としてガーデニングの知識を活用することもできます。

ガーデニングアドバイザーの仕事について

ガーデニングアドバイザーの資格があれば、ガーデニングに関する専門家としても仕事ができます。ガーデニングの正しい方法について教える講師や先生として活躍することも可能です。自分の自宅で教室を開いたり、カルチャースクールで活動したりする方法があります。多くの人にガーデニングの楽しさを伝えられるようになるので、仕事としても大きなやりがいを得られるでしょう。

園芸インストラクター

園芸インストラクター
園芸インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格です。園芸に関する幅広い知識をもっている人が園芸インストラクターの資格を取得できます。園芸インストラクターを目指す場合、ガーデン図面の描き方や植物の育て方などまで幅広く網羅する必要があります。さらに、職業として店舗づくりや売場づくりに関する知識も身に付けなければなりません。

園芸インストラクター資格取得のメリット

園芸インストラクターの資格を取得することができれば、園芸に関するプロフェッショナルとして働くことができます。庭に関する幅広い知識をもっていることから、周囲の人からも高く評価されたり、頼りにされたりする機会が増えるはずです。庭づくりに関わる仕事をするのであれば、園芸インストラクターの資格を所有していたほうが有利になる可能性が高いです。

園芸インストラクターの仕事について

園芸インストラクターは庭の設計から実際の庭造りまで幅広い知識をもっています。そのため、実際に庭づくりをおこなう仕事で活躍できるでしょう。また、それだけでなく園芸インストラクターの資格があれば、庭づくりに詳しいプロとして講演をおこなうこともできます。カルチャースクールで講師として活動したり、フリーランスとして教室をもったりしてもいいでしょう。

フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。フラワーアレンジメントに関する的確な知識をもっている人にフラワーアレンジメントの資格が認められています。フラワーアレンジメントはさまざまな場面で利用されているため、それぞれの場面に応じた効果的なフラワーアレンジメントの方法についても熟知している必要があります。

フラワーアレンジメントデザイナー資格取得のメリット

フラワーアレンジメントデザイナーの資格を取得すれば、自分で花を素敵にアレンジできるようになります。花はそれだけでも素敵なものですが、工夫してアレンジするとよりその美しさが引き立つものです。フラワーアレンジメントデザイナーになるためにはそれなりにしっかりとした勉強が必要ですが、勉強の成果は実際の場面で活かしやすいです。よって、勉強すればその分、その知識を活かして活動することができるようになります。

フラワーアレンジメントデザイナーの仕事について

フラワーアレンジメントの知識やスキルがあれば、プロとしてフラワーアレンジメントに携わることも可能です。生花店に勤め、依頼主の希望に合わせてお花を準備することができるでしょう。さらに、インテリア業界で働く場合もフラワーアレンジメントデザイナーの資格は役立てられます。なぜなら、インテリアとともに花が飾られる機会はとても多いからです。フラワーアレンジメントデザイナーの資格を活かし、実績もしっかりと積めば、講師として活躍できる可能性も出てきます。

ベランダ菜園士

ベランダ菜園士は、日本生活環境支援協会が認定している資格です。ベランダ菜園士になるには、野菜の育て方を正しく把握し、実際においしい野菜を作るスキルをもっていることが求められます。ベランダ菜園士はもともと「ベランダ菜園アドバイザー」でしたが、名称が途中で変更になっています。ベランダ菜園士に変更になった後も、試験の内容や合格基準について変更はありません。ベランダ菜園士の試験を受けるために受験資格は特になく、インターネットから申し込みで誰でも受験可能です。

ベランダ菜園士資格取得のメリット

ベランダ菜園士になると、ベランダ菜園に詳しい専門家としてさまざまな野菜を育てることが可能になります。ベランダで育てやすい野菜について熟知できるため、よりおいしい野菜を育てられるようになるでしょう。ベランダ菜園士としての資格を活かせば、ベランダ菜園に関する内容を扱う仕事もおこなうことができるようになります。

ベランダ菜園士の仕事について

ベランダ菜園士になれば、ベランダ菜園について指導する講師として活動できます。ベランダで野菜を育ててみたいと思っていても、やり方が分からなくてなかなか始められないという人は少なくありません。しかし、ベランダ菜園士になれば、その道のプロとして正しいベランダ菜園のやり方を伝えることができるでしょう。講師として有名になれば、メディアの取材を受けたり、より多くの人にベランダ菜園の素晴らしさを伝えたりする機会も増えていくはずです。

盆栽士

盆栽士は、日本デザインプランナー協会が主催している資格です。もともとは盆栽クリエイターという名称の試験でしたが、現在では盆栽士に名前が変わっています。ただし、試験内容について変更はありません。盆栽士の資格を取得するには、盆栽士について幅広い知識を有していることが求められます。盆栽の基本的な用語や盆栽の種類はもちろん、盆栽の歴史や文化についても幅広く理解している必要があります。

盆栽士資格取得のメリット

盆栽士の資格を取得することができれば、盆栽について正しい知識が得られるため、より盆栽を楽しむことができるようになるでしょう。盆栽のことを知っていても実際には詳しい知識がない人は少なくありません。しかし、盆栽士の資格があれば、そのような人よりも多くの知識を身につけることができます。受験資格は特に定められていないため、盆栽に興味があってしっかりと勉強しようという気持ちがある人なら、誰でも盆栽士の資格取得を目指せます。

盆栽士の仕事について

盆栽士になれば、盆栽に詳しいプロとして活動することができます。カルチャースクールで盆栽について指導したり、自分で教室を開いて盆栽を教えたりすることもできるでしょう。盆栽に関わる仕事がしたいと思っているなら、盆栽士の資格取得を目指してみると役立つ可能性が高いです。
ガーデニング  ガーデニング

植物資格の学校について

植物の資格を取得する場合、通信講座を選べばわざわざ学校に通わなくても家にいながら勉強を進められます。通信講座では専門のカリキュラムに沿って学習を進められるため、植物について学ぶのが初めてでもスムーズな学習が可能です。植物の資格取得を目指すなら、ぜひ通信講座で専門の講座を選びましょう。

植物資格の試験難易度

植物に関する資格は、しっかりと勉強すれば誰でも取得を目指せます。もちろん、植物についての専門的な知識が必要となるため、時間をかけて勉強に取り組まなければなりません。

植物資格の給料・年収

植物の資格を取得した場合、植物に関する仕事を始めたいという人も多いでしょう。その場合、得られる収入はそれぞれの働き方によっても大きく変化します。会社員として働くのであれば毎月一定の給料を得られますが、個人で仕事をするのであれば仕事の量によって得られる収入は変わってきます。植物に関する資格を活かして仕事をしたいのであれば、実際にどれくらい収入を得られそうかよく確認しておくといいでしょう。

植物資格取得後は

植物の資格を取得すれば、植物に関するたくさんの知識やスキルを得られます。資格取得によって得た知識やスキルは、趣味として植物を楽しむうえでもおおいに役立つはずです。正しい知識やスキルがあることにより、楽しみ方の幅が増えたり、より長く植物の美しさを楽しめたりするようになるでしょう。植物の資格は仕事にも役立てることが可能です。資格を活かせば自分自身の専門性をアピールできるので、仕事ももらいやすくなります。講師として活動すれば、植物の素晴らしさをより多くの人に知らせるきっかけ作りもできるようになるでしょう。植物の資格にはさまざまなものがあるので、自分の希望に合ったものを選ぶことが重要だといえます。植物の資格を取得して今後に活かしていきましょう。

ガーデニング  ガーデニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA