ガーデニング資格人気ランキング

ガーデニング資格人気ランキング

一般家庭で楽しまれるようになった、ガーデニングに関する人気の資格、その詳細を詳しく解説します。以前からよく知られている資格や、新しい資格もあわせてご紹介いたします。ガーデンデザイナー

1位:ガーデニングアドバイザー

1位:ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーとは

ガーデニングとは、家庭で行われる造園や園芸の一種で、自分が所有する庭やベランダにおいて草花を植栽したり、柵や石畳などで装飾するなどして庭造りを楽しむことになります。庭先での花の栽培のほか、家庭菜園を営むといった場合も、ガーデニングと呼ばれています。マンション等のベランダでプランターによる、小さな家庭菜園から、戸建住宅の大小、様々な規模の庭に直接、観葉植物や観賞用の草花の株や苗を自ら植え、あるいは小さな畑を造成して、手作り野菜などを楽しむ場合があります。ガーデニングには、装飾用の様々なオーナメント、ガーデニング装飾や、レンガ、玉砂利、フェンスなどの色々な工夫でデザインされた小道具が、近年、多くの郊外にあるホームセンターなどで販売されているため、西洋風の庭の設計から造成、デザインまでを、プロフェッショナルではない、一般の方がチャレンジして、立派な庭を作り上げるケースも珍しくありません。ガーデニングアドバイザーは、そうした一般的な家庭用ガーデニングの工夫、造成に便利な道具や、装飾用の様々なアイテムを紹介、造成のアドバイスやコツを自分以外の他の一般の方に、指導やアドバイス、提案などを行える民間資格を所有しているということになります。ガーデニング園芸資格のガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザー資格取得のメリット

ガーデニングは、殆どが個人宅における家庭菜園、観賞用の植物を植えるための総合的なテクニック、造成、デザイン、配置や規模に相応しい植物の選択、必要な専門道具の使い方や工夫に関して、ある態度、慣れと専門知識が必要となります。そうした総合的な技術的、知識などは独学よりも、西洋風、和風といった、それぞれその世帯が好む様式に合わせて、一定の決まりやルール、雰囲気があるものです。そのため、日本では昔から庭師が、定期的な植物の手入れ、枝の選定などを行ってきました。庭師はこうした、家庭の庭のメンテナンスの専門家ですが、西洋では、自分の庭の手入れ、造成やデザインは、その家庭の世帯主、及びその家族が、自ら行うのが一般的です。そのため、その国や地域で様々な様式があり、特に西洋風、北欧風など、一定の様式美を想定して、デザインを決めて長期間、そのメンテナンスを行わなければなりません。植物には1年草など、その季節限定で楽しむ種類や、通年楽しめる植物の種類や、冬場は温室で育成する観葉植物の種類など、かなり多岐にわたるものです。こうした植物の種類、育成方法、日常のお手入れなどは、それぞれ専門的な知識も必要で、更には植える植物によって、造成の仕方も大きく異なります。ガーデニングアドバイザーは、こうしたガーデニングの様々な知識を、作例を交えて多くの人に提案やアドバイスを行えるので、豊かな生活の一例を多くの人に示してあげられる楽しさがあります。

ガーデニングアドバイザーの仕事について

現在、実際にガーデニングアドバイザーは、メディアの専門チャンネルに出演したり、海外ではTV番組で活躍したりする場合が非常に多く、書籍や様々な媒体を通じて活躍しています。日本では自費出版から、専門家としてホームページを立ち上げ、ガーデニングアドバザー自らが設計、デザイン、造成した庭を紹介したり、海外のガーデニングを紹介しながら、ガーデニングに必要な小道具、小物やオーナメント、装飾品を通販で販売している例も少なくありません。ガーデニングアドバザーは、ガーデニングの総合知識を有している資格ですので、提案型の様々なガーデニングを、他人に紹介したり、提案したり出来る、現代では大変需要のある職業、資格の一つになります。ガーデニングアドバイザー認定試験・口コミ評判

2位:園芸インストラクター

2位:園芸インストラクター

園芸インストラクターとは

一般的な園芸とは、多くの植物を、直接庭の地面に植えたり、鉢植え、プランターなどで、苗、あるいは種や株から育てる技術や、植え替えや、肥料を与える時期とタイミング、水やりなどの頻度など、植物全般の育成に対して技術や総合知識を有している必要があります。園芸インストラクターとは、文字通り、こうした植物育成のプロフェッショナルとして、高い総合知識を有しながら、実際に実践、その技術を他人に示すことが出来る、植物育成のインストラクターです。園芸検定資格は園芸インストラクター

園芸インストラクター資格取得のメリット

現代の日本においては、ガーデニングなど、西洋式の庭の普及以前から、「園芸」は園芸専門店などを通じて、その知識や技術を継承して、個人宅で鉢植えや花壇などで楽しまれてきました。日本では、植物の配置で庭を造成からデザインするよりも、植物の育成そのものを楽しむことが多く、盆栽などもその一例です。その植物の種類や植え替え、種のまき方、剪定や株分けなど、その家庭自ら自主的に行うのが園芸の特徴です。園芸インストラクターは、こうした植物を健康的に長く育成しながら、植物を育てる楽しみを紹介したり、その技術や知識を他人に教えることの出来る民間資格です。

園芸インストラクターの仕事について

園芸インストラクターは、日本ではかねてから、様々な名称で呼ばれ、公共放送の週末午前の専門番組を通じて活躍したり、盆栽や鉢植えの育成をしながら、大小様々な規模の庭や個人宅が設営する施設を通じて、趣味として広く世間に周知したり、品評会などに参加していたりもしてきました。著作も多く、園芸専門の特定の植物やそのジャンルに応じた、育成を紹介する書籍も数多くあり、そうした作者は、今日では園芸インストラクターとして名乗って活動している場合があります。園芸インストラクター認定試験・口コミ評判

3位:ガーデンコーディネーター

3位:ガーデンコーディネーター

ガーデンコーディネーターとは

ガーデンコーディーネーターとは、一言で言えば造成に関わる仕事に関係したコーディーネーターです。ガーデンとは、ベランダや戸建住宅の庭も同様に扱い、植物を植えてその小さな世界と空間をデザインしたり、様々な造成、改造や場所をコーディネートする事が基本です。植物を植える前に、まずガーデンという世界観をデザインします。ガーデニングコーディネーターは、そうした大小様々の植物が植えられた野外空間、温室の設計、ベランダの活用法に通じた専門家として必要な民間資格となります。

ガーデンコーディネーター資格取得のメリット

マンションなどのベランダでは、限られたスペースを使って、建築物に影響を受けない形で、また倒壊や飛散を防ぐ方法を通じ、スペースを有効活用する必要があります。また、土台となるものは、従来の鉢植えやプランターだけではなく、庭では芝生を活用、コンクリートの上には人工芝など、様々な工夫をしながら地面もデザインする場合があります。またレンガを敷き詰めたり、場合によっては戸建住宅では、コンクリート造成を自ら行い、ガーデンを設計するケースもあります。ガーデンコーディーネーターは、こうした様々なガーデンの総合的なデザインを、知識、技術ともに高いスキルを有していることを証明する資格所有者となります。

ガーデンコーディネーターの仕事について

構造物の設計に近い知識から、コンクリート造、レンガや芝、人工芝の知識や技術、柵やフェンス、温室の設計まで幅広い知識と応用を活かして、その設計に関係したり、様々なガーデニング造成を他人に紹介、アドバイスするのが、ガーデニングコーディネーターの仕事です。規模によって様々な空間、場所の演出に長けている必要があり、新築やリフォームなどでも、庭やベランダの造成に関して携わることが可能な資格となります。

4位:グリーンアドバイザー

4位:グリーンアドバイザー

グリーンアドバイザーとは

主に、公益社団法人 日本家庭園芸普及協会などが認定している資格の一つで、植物の育て方についての正しい知識や、園芸・ガーデニングの魅力や楽しさを伝えることのできる人に与えられる称号として紹介されています。現在約10,000人のグリーンアドバイザーが全国で活躍しているといわれ、園芸相談員、園芸セミナー講師、植物生産、植物市場、種苗会社などの他、園芸店・生花店、ホームセンターでも活躍している例があります。ほとんどの場合が植物育成に関わる販売店、あるいはガーデニングや園芸に必要な道具や鉢、プランターなどや、造成に必要な素材や材料を一般の方から相談を受けて、販売に直結する助言やアドバイスを行っています。

グリーンアドバイザー資格取得のメリット

グリーンアドバイザー資格取得のメリットは、園芸、ガーデニングに関する全ての関連したお店で必要とされる、総合的な知識を有している必要があります。誰にでもわかりやすく、植物の植え方、土の選び方や、鉢やプランターの選定、道具や小物の知識も幅広く有して、その使い方も熟知しているので、植物関連の販売店、自営業や様々なお店でも必要とされる資格の一つでしょう。

グリーンアドバイザーの仕事について

グリーンアドバイザーの資格を有していれば、植物の育て方についての正しい知識や、園芸・ガーデニングの魅力や楽しさを伝えることのできることが、実際に実務に活かせていけるので、独立して自分で起業に活かすことも可能となります。また就業でも、部屋の装飾の一つとして、観葉植物の植え替えや、植物を植える技術や植物を活ける技術に精通していることになるため、店舗での接客や、見本の作成など、様々な分野で活躍する事ができます。

5位:ガーデニングコンシェルジュ

5位:ガーデニングコンシェルジュ

ガーデニングコンシェルジュとは

コンシェルジュとは、本来、ホテルにて観光スポットの案内、チケットの準備、旅行のプランニングまで、顧客のニーズに応えて、多くのリクエストに応えるプロのスタッフのことですが、ガーデニングコンシェルジュは、ガーデニングにおける様々な顧客のニーズに応えて、必要な道具や様々な手法、造成から、植物の手入れ、ガーデンのメンテナンスにまで精通した、総合的なガーデニング専門のコンシェルジュとなります。庭・ベランダで植物を栽培する総合的な知識と技能を有するプロとして、比較的最近できた、新しい資格の一つとして注目されてます。

ガーデニングコンシェルジュ資格取得のメリット

園芸、ガーデニングや様式についても総合的な知識を有し、植える植物の種類や並べ方、植え方を通じて、ガーデニング総合デザインを提案できる資格の一つです。ガーデニングに興味のある顧客の、様々な細かいニーズに応えて、道具や造成、デザインや小道具の配置など、色々な提案が出来ることを、この資格を持って証明出来ます。

ガーデニングコンシェルジュの仕事について

主な仕事は、トータル的には戸建て住宅のエクステリア、あるいはマンションなどのベランダの工夫や、広義にはインテリアも一部含まれるので、非常に幅広い顧客のニーズに応えることが出来ます。他の建物の外装、内装に関する仕事に必要な資格を既に有していれば、更に顧客に新しいガーデニングなどの提案を加えて、施工における適切なアドバイスを行えるようになります。
ガーデニング  ガーデニング

ガーデニング資格の学校について

最近では、庭師という昔ながらの職人に代わって、ガーデニングデザイン専門学校等が誕生しており、通信学習講座以外でも、より本格的なガーデニングを学べるところが増えてきています。通信教育は非常に数も増えて来ており、テキストなどを使って、自宅で相手時間を利用して気軽に学べる通信教育は、既に一般的ですから、問題集や添削課題、質疑応答サポートといった試験対策をしながら、楽しく資格所得が出来る環境が整っています。

ガーデニング資格の試験難易度

多くの場合は、通信教育では必要な問題集とテキスト、様々な知識を手軽に、空いた時間で楽しみながら学び、その最後に認定試験が受けられるようになっているので、安心して合格する可能性は非常に高いです。また専門学校の場合は、専門の講師が丁寧にそのジャンルに応じた必要なカリキュラムを履修後、必要な資格認定を受ける事が可能で、そういった意味では難易度はそれほど高くはないでしょう。ただし、必要な受講時間は、幅広い知識と技術を習得する必要があるため、それなりの時間が必要であることは言うまでもありません。

ガーデニング資格の給料・年収

店舗や販売業では、この資格を持って、より専門知識を有するとして、収入面でも有利になる可能性は高いでしょう。自分のアピール力にも繋がり、採用でも非常に有効活用出来る可能性が高いです。またエクステリア施工業者であれば、この資格を通じて様々な施工例を示すことが可能となり、個人経営、事業者の収益面でも、従来の収入にプラスされた他社より有利な条件で受注することが可能となるでしょう。

ガーデニング資格取得後は

自宅で実際に楽しむ以外に、自分で様々な媒体でその技術や知識を披露したり、著作物を出版するなどの活躍の他、園芸やガーデニングに関する商業、店舗で、その資格を通じて得られた知識や技術を活用する事ができます。
ガーデニング  ガーデニング

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る