ハンドメイド資格人気の資格徹底比較

ハンドメイド資格

ハンドメイドに興味をもっており、しっかりと知識や技術を身につけたいと思っている人もいるでしょう。最近ではハンドメイド作品を販売して副業にしている人も増えています。ハンドメイドについて学ぶ方法としてはさまざまな手法がありますが、1からすべてを自分で学ぼうとするのはなかなか大変です。ハンドメイドについてしっかりとした知識や技術を身につけたいのであれば、資格取得を目指して勉強してみるのがおすすめです。今回は、ハンドメイドの資格のうち、特に人気の高いものについて紹介します。

ハンドメイドマイスター

ハンドメイドマイスター

ハンドメイドマイスターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定をおこなっている資格です。ハンドメイドマイスターになるためには、装飾用の糸の扱い方を始めとし、ハンドメイドに関わる幅広い知識や技能を身につけている必要があります。なお、ハンドメイドマイスターは、もともと「クラフトマイスター」または「クラフトハンドメイドマイスター」という名称でした。試験の内容や合格基準はそのままとなっています。

ハンドメイドマイスター資格取得のメリット

ハンドメイドマイスターの資格を取得すると、ハンドメイド全般についての知識を得られます。自分自身でさまざまな作品を作ることができるようになるので、ハンドメイドの魅力を感じやすくなるでしょう。ハンドメイドの基礎から体系的に学べるため、ハンドメイドについて初めて学ぶ人でも戸惑うことがありません。ハンドメイドマイスターの資格を取得することができれば、自信をもってハンドメイドができるようになるでしょう。

ハンドメイドマイスターの仕事について

ハンドメイドマイスターになれば、ハンドメイドの知識や技術が確実に身につくので、本格的な作品を作ることができるようになります。ハンドメイドは自分で少しずつ学ぶこともできますが、資格によって体系的な知識や技術をもつことができていたほうが、上達は速いです。そうすれば、ハンドメイド作品をより多くの人に気に入ってもらいやすくなり、収入にも大きく影響するでしょう。

手芸アドバイザー

手芸アドバイザー

手芸アドバイザーは、日本生活環境支援協会が資格を認定しています。手芸アドバイザーになるためには、カービングやギャザーなどを始めとするさまざまな知識をもちあわせている必要があります。手芸アドバイザーになれば、ハンドメイドについて幅広いスキルを学べるので、自分自身の作品をより素敵なものにするために効果を発揮するでしょう。

手芸アドバイザー資格取得のメリット

主計アドバイザーになれば、ハンドメイドについての正しい知識やスキルを身につけられます。ハンドメイドに興味があっても、何から始めたらいいかわからないという人も多いです。しかし、手芸アドバイザーの資格を取得すると、ハンドメイドに必要な知識の全体像が分かります。また、それぞれについての基礎を把握している状態になるため、実際のハンドメイドにも取り組みやすくなるはずです。

手芸アドバイザーの仕事について

手芸アドバイザーの資格を取得して仕事を始めた場合、手芸に関する幅広い仕事ができるようになるでしょう。ハンドメイドについて専門的な知識が深まるので、ハンドメイドのプロを名乗ることもできるようになります。その結果、カルチャースクールの講師を務めることもできる可能性があります。また、ハンドメイドに関する知識やスキルを活かし、自宅で教室を開くことも可能です。

レジンアートデザイナー

レジンアートデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定している資格です。レジンアートデザイナーの資格を取得するには、レジンの扱い方やアクセサリーの作り方などを熟知している必要があります。レジンアートデザイナーの資格を取得することができれば、自分にとって理想的なアクセサリーを作ることができるようになります。また、レジンを使ったアクセサリーを販売するハンドメイド作家としても活躍しやすくなるでしょう。

レジンアートデザイナー資格取得のメリット

レジンアートデザイナーの資格取得ができれば、レジンやアクセサリーに関するさまざまな知識を体系的に身につけられます。レジンに関する知識を深めたいと思っているなら、資格取得は最もおすすめの手段です。資格を取得することにより、レジンについての専門知識や技術があることも証明しやすくなるでしょう。レジンアートデザイナーの資格があれば、趣味としてアクセサリー作りを楽しめるだけでなく、アクセサリー作りを仕事にすることもできるようになります。

レジンアートデザイナーの仕事について

レジンアートデザイナーの資格取得後は、レジンを扱ったさまざまな仕事もしやすくなります。資格を取得していれば、レジンについての基礎知識がしっかり身についているため、スムーズにアクセサリーを作ることができるようになります。プロとして活躍したいと思っているなら、レジンアートデザイナーはおおいに役立つでしょう。

キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)によって認定されている資格です。キャンドルについて幅広い知識と技術があることが求められる資格です。資格を取得することで、知識と技術について証明することができます。以前は「キャンドルマイスターデザイン」や「キャンドルデザインマスター」といった資格がありましたが、現在ではキャンドルデザイナーに名称が変更になっています。ただし、実際の試験の内容や出題範囲については変更ありません。

キャンドルデザイナー資格取得のメリット

キャンドルデザイナーの資格を取得するためにしっかり学習すれば、キャンドル作りの基礎知識やキャンドルの正しい扱い方について幅広い知識を身につけることができるようになります。そのため、実際に自分でキャンドルを作る際もスムーズに作業できるようになるでしょう。キャンドルについての初心者であっても、キャンドルデザイナーの資格の取得を目指せば基本的な内容を網羅的に学習できます。

キャンドルデザイナーの仕事について

キャンドルデザイナーになれば、自分が作ったキャンドルをたくさんの人に使ってもらえるようになります。キャンドルはさまざまなものがありますが、素材までしっかりこだわって作られているものは意外と少ないです。しかし、自分自身がキャンドルデザイナーになれば、素材から最もよいものを選んで作り上げることができるでしょう。キャンドルの素晴らしさを伝えたいと思っているなら、キャンドルデザイナーの資格を活かして講師として活動することも可能です。

ニードルフェルトデザイナー

ニードルフェルトデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が試験を開催し、認定している資格です。ニードルフェルトデザイナーの資格を取得する場合、ニードルフェルトのために使う道具や材料について正しく理解するとともに、テクニックに関してもきちんと理解しておかなければなりません。ニードルフェルトデザイナーはもともと「ニードルフェルトデザインマスター」という名称でした。試験の範囲や内容はニードルフェルトデザイナーについても変更はされていません。

ニードルフェルトデザイナー資格取得のメリット

ニードルフェルトデザイナーの資格を取得することができた場合、ニードルフェルトについて正しい知識をしっかりと身につけられます。ニードルフェルトはもちろん資格がなくても取り組めるものですが、正しい知識がないと誤ったやり方が定着してしまう可能性もあるので注意が必要です。ニードルフェルトデザイナーになるためにしっかりと勉強すれば、不安をもつことなくニードルフェルトについての基礎知識を身につけることができます。

ニードルフェルトデザイナーの仕事について

ニードルフェルトデザイナーになると、ニードルフェルトを自分自身の仕事として扱うことも可能になります。ニードルフェルトデザイナーの資格は、ハンドメイドを仕事にしたいと思っている人にぴったりです。自分に知識やスキルを活かして素敵なニードルフェルトの作品を作れば、多くの人に喜んでもらえるでしょう。
ハンドメイド資格を取得できる通信講座  ハンドメイド資格を取得できる通信講座

ハンドメイド資格の学校について

ハンドメイドの資格を取得する場合、さまざまな勉強方法があります。もちろん、自分のスキルに自身があるなら、独学で勉強することも可能です。ただし、ハンドメイドについては勝手な解釈で作品作りをしているアマチュアの人も少なくありません。プロとして活動したいのであれば、できるだけ正しいスキルを身につけられる方法を選んだほうがいいでしょう。その場合には通信講座による学習がおすすめです。

ハンドメイド資格の試験難易度

ハンドメイドの資格は受験資格が特にない場合がほとんどであり、初心者であってもしっかり勉強すれば合格を目指せます。特に通信講座できちんと勉強を進めれば、ハンドメイドに関する資格取得は目指しやすいでしょう。

ハンドメイド資格の給料・年収

ハンドメイドの資格を取得した場合でも、得られる収入は人によって異なります。ハンドメイドを仕事にすると、作品の売れ行きによって収入が変化するからです。人気作品を生み出せば収入は高くなりますが、最初のうちはなかなか収入が上がらない可能性もあります。まずは自分の実力を磨くことを大切にハンドメイドに取り組んでいくことで、少しずつ収入は上がっていくでしょう。

ハンドメイド資格取得後は

ハンドメイドの資格を取得すれば、ハンドメイドについて確かな知識やスキルを身につけられます。ハンドメイドの資格のなかにもいろいろな種類があるため、特に自分が学びたいと思うものを選ぶことが大切です。ハンドメイドの資格取得を目標にしてしっかり勉強し、ハンドメイドに対する理解やノウハウをしっかりと身につけられるようにしましょう。

ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容

毛糸や装飾用糸などを使って手作りの手芸品を制作・指導するのがハンドメイドマイスター。ハンドメイドマイスターは毛糸を使った編物、装飾用糸を使った小物装飾、ブローチなどの装飾品、布染めなどの技術を用いて、手芸品を制作したり、制作指導したりするのが仕事です。

マフラーや手袋、帽子などの毛糸を使った手編み商品などは、機械が作るよりも温かみがあり人気の商品でもあります。また、機械では作ることの出来ない難しい編み込み方法や毛糸で作る模様など、ハンドメイドマイスター独自のオリジナルな編み込みなどを施して、商品を制作します。

機械化が進む昨今ですが、手作りでないと作れない商品、手作りだからこそ出来る商品は数多く存在し、編み込みが単調なものは工業製品として、手袋やマフラーなどが存在していますが、編み込み方法としては限られており、複雑な編み込み方法を用いたものや、複数の編み込み方法を用いたものなどは、手作りでないと作れないのが現状です。またブローチなどの複数の材料を使った商品なども手作りで制作されています。そういった商品の制作に携わるのが、ハンドメイドマイスターであり、商品の企画・制作などを行っています。

また趣味として手芸をされている方などがハンドメイドマイスターの資格を取得し、カルチャースクールの講師などを務めている方もいます。
ハンドメイド資格を取得できる通信講座  ハンドメイド資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA