ニードルフェルト資格人気の資格徹底比較

ニードルフェルト資格

最近、女性の間でハンドメイドが大流行しています。自分でオリジナルのハンドメイドを作り、身につけたり、売ったりすることが流行っているのです。ハンドメイドで作られているため、オリジナル性は非常に高く、お店にはないものも制作することができるとあって女性には大人気です。しかし、ハンドメイドといっても種類はさまざまあり、簡単なものから素人では作ることが難しいものまであります。その中の一つとしてニードルフェルトというものがあります。ニードルフェルトとは特殊な針をフェルトに刺していくことで繊維が絡み合い、様々な形に成形していくものです。その手軽さからハンドメイドの中でも始めやすい趣味の一つとして人気になっています。そのニードルフェルトにはいくつか資格があります。今回はその資格のランキングをご紹介します。

羊毛フェルトアドバイザー

羊毛フェルトアドバイザー

羊毛フェルトアドバイザーとはニードルフェルトに必要な基礎知識はもちろん、ニードルフェルトの製作知識・レシピを習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格です。

ニードルフェルトはハンドメイドとしては比較的簡単なものになっていますが、実際やってみると、人によっては難しいと感じる人がいます。また個人でやるだけでは限界があると思う人もいるでしょう。

そんな人に適切にアドバイスできるのが羊毛フェルトアドバイザーです。資格を取得すれば、講師として活動ができるようになっています。なので、自宅で教室やセミナーを開いて人にニードルフェルトを教えることができます。より知識を深めたい、教室を開いてみんなに教えたいと考えている人に人気になっているようです。また、趣味の延長で、副業として羊毛フェルトをやりたいという方にもオススメの資格です。

羊毛フェルトアドバイザー資格取得のメリット

成形、加工などの技術を修練せずに、比較的短期間で簡単な材料だけでアート立体作品を制作できるのが、羊毛フェルトの魅力です。自由度は高く、アーティストとして大型のタペストリーなどの作品を作る方も日本には存在しています。手のひらに乗る、可愛い動物の置物や、アニメや漫画など、自分が気に入っているキャラクターを、特別な図面もなしに、勘やコツを頼りに、コツコツ作る楽しさが羊毛フェルトにはあります。近年、材料となる羊毛もフェルティングニードル用に開発された羊毛であるランヴィエ、バッグやポーチなどの作品に用いられる事が多いロムニー、小さい作品の細工に向いているメリノ(メリーノ)や、シロップシャーなど、様々なものが市販され、オリジナル作品を作りやすい環境にあります。SNSではインスタグラムの他に、動画サイトでも、様々な作品を発表している一般の方も多いです。羊毛フェルトアドバイザー資格取得のメリットは、そうした手軽な趣味に興味や関心がある方に、羊毛フェルトの作り方の基本や、作品制作のコツ、材料の選び方から、道具などについても、体得した知識や経験を活かして、他人に教えられることです。

羊毛フェルトアドバイザーの仕事について

羊毛フェルトアドバイザーは、様々な羊毛の種類からその取り扱い方、シート羊毛などを使った応用など、様々な羊毛フェルトの作品制作の楽しさを、数多くの人にコツややり方を教えるアドバイザーです。今では、羊毛フェルトを使用したアーティストも存在し、犬や猫、うさぎ等の動物系では中山みどりさん、立ち人形では鈴木千晶さんなどが活躍しています。特に動物では、非常にリアルに表現する事が可能で、作家として活動している方の中には、犬の飼い主さんに向けての、そっくりな飼い犬の小さな人形を製作している方もいます。羊毛フェルト受注製作として、実にリアルな作品を制作・販売している方も多く、羊毛フェルトアドバイザーの仕事は、そうした羊毛フェルトの制作に興味や関心のある方に、書籍執筆での自費出版、WEBサイトや、通信教育、講座やセミナーなど、様々な手段で羊毛フェルトの普及に貢献できることになります。
ニードルフェルト羊毛資格を取得できる通信講座  ニードルフェルト羊毛資格を取得できる通信講座

ニードルフェルトデザイナー

ニードルフェルトデザイナー

ニードルフェルトデザイナーとはニードルフェルトに必要な道具やフェルトボールの作り方・刺繍テクニック・目の付け方などニードルフェルトの製作についての基本知識や技術が一定以上と認定される資格です。

日本デザインプランナー協会が認定している資格で、デザイン技術に関する各スキルが一定以上あることを認定しています。主に動物などを製作する試験によって合否が決まります。デザインという言葉がついているので難しいように感じますが、試験は2か月に1度行われていますので、いつでも受けることができます。

ニードルフェルトデザイナー資格取得のメリット

ニードルフェルトとは、前述の羊毛フェルトの別の呼び名で、ニードルフェルトデザイナーは、ニードルフェルトで実際に作品を作る際に、様々な制作の見本となる作品の数々を製作したりします。制作の過程、制作のコツ、立体作品ならではのカラー、色味などのデザイン全般にあたる、ニードルフェルトの卓越したテクニックを持っていることを証明された資格となります。ニードルフェルトの製作についての基本知識や技術が一定以上と認定された上で、この資格は所得出来るので、羊毛フェルトの達人として、第三者に認めてもらうだけではなく、資格を通じて多くの人に、ニードルフェルトの楽しさを伝える仕事や職業に就くことが出来ます。自分でキャラクターをデザインするためには知識や経験といった他に、デザインのセンス、平面デザインを立体化、あるいは画像や映像から、独自に模倣して、リアルに表現できる観察力が必要とされます。ニードルフェルトデザイナーの資格は、日本デザインプランナー協会などが認定試験を定期的に実施しているので、ある程度のニードルフェルトの経験や知識に自信がついたら、認定・検定試験にチャレンジして、資格を得て、本格的な羊毛フェルト・アーティストとして活躍できる点も、ニードルフェルトデザイナー資格取得のメリットとなります。ニードルフェルトデザイナーの資格は、ニードルフェルトの全ての技法を駆使出来る能力を、第三者から認定されて資格を授与されたプロフェッショナルとして、様々な活躍を期待できるメリットがあります。

ニードルフェルトデザイナーの仕事について

最近では、羊毛フェルトの趣味人気の高まりから、フェルティングニードルスターターキットなどが市販されるようになり、多くの方が購入して、羊毛フェルトの趣味を始めています。その中で、様々な羊毛フェルトの作り方などを解説した、様々な書籍も販売され、そうした情報には、多くのアーティストが出版していることでも、大変良く知られています。ニードルフェルトデザイナーの資格を所有しているということは、高度なニードルを使いこなし、羊毛の種類や取り扱い方に精通している証でもあるため、こうした羊毛フェルトの初心者用キット販売のアイデアや、作り方を解説した書籍なども視野に、様々な活動を仕事として生計を立てていくことも可能となります。

がまぐちマイスター

実はニードルフェルトで、がまぐちを作れることを知っていますか?日本羊毛フェルト協会では羊毛フェルトに関する資格講座を実施しており、そのひとつにがまぐちマイスターという資格があります。発泡スチロールや壁紙で作る基本のがまぐちからオリジナルのがまぐちまでを作ることができるようになっています。

がまぐちをフェルトで作るという発想があまりないですが、オリジナル性の強い作品だと思います。またがまぐちなので日用品としても使うことも多いと思いますので需要はあると思います。羊毛フェルトに自信がないという人でもまずはがまぐちから入ることで少しずつ慣れていくことができると思います。まずはがまぐちマイスターでニードルフェルト作品を作ってみませんか?

がまぐちマイスター資格取得のメリット

羊毛フェルトで作る がまぐちブックなどを発端に、近年話題の手作りがまぐちを羊毛フェルトで作る技術が注目されています。ハンドメイドがまぐちは、お財布としては日本独特の小銭入れで、古くから多くの方に使われてきた携帯日用品の一つです。素材も古い着物を切って制作されたものや、キルティングや刺繍の技術を使って、オリジナルながまぐちが、多くの雑貨店、和装店では見ることが出来ます。クラフト専門店では、がまぐちで必要となる金具類も市販されているため、現在では誰でも手軽に自分だけのがまぐちを、手軽に制作出来るようになっています。羊毛フェルトを使ったがまぐちの魅力は、なんと言ってもその佇まいが、まるでマスコットの様に感じられる、可愛い存在であることです。実用品とは言え、使うのがもったいないほど愛らしく、それ故に非常に販売では、通販などでも人気です。一つ一つが完全な手作りなので、1点物が多く、趣味で個人のオリジナル作品を作って持ち歩く方も多いです。特に動物をデザインした羊毛フェルトのがま口は、リアリティに富んでおり、非常に話題性も高いことで、多くのブログやSNSで話題になっています。がまぐちマイスター資格は、こうした人気のあるオリジナル雑貨の一つを、丁寧に他人に指導や作り方を伝える専門家となります。

がまぐちマイスターの仕事について

いつの時代も携帯する雑貨で、財布は無くてはならないものです。日本ではお札と小銭は分離して持ち歩くのが定番で、それぞれで個人の趣向が強く反映されているのも特徴です。中には、飼っている愛玩動物に関係あるデザインのお財布を持ちあるケースもあるでしょう。最近、羊毛フェルトを使った作品も多く販売されるようになり、可愛いキャラクターや動物、モチーフを使って、独創的ながまぐちが販売され人気です。羊毛フェルトを実用的に展開した、販売しやすい雑貨の一つなので、がまぐちマイスターの資格は、趣味としての羊毛フェルトから、一歩抜きん出たテクニックを身につけていることの証明にもなります。がまぐちマイスターの資格所得後は、こうした人気が近年、再燃している、羊毛フェルト製のがまぐち製作に関して、それに特化した技術で、クオリティの高い製品を製作して行くことが出来ます。

ニードルフェルト資格の学校について

ニードルフェルトに関する専門学校や講習会は、まだまだ数が少ないのが現状です。一般的にはテキストを中心に、通信教育などで技法と材料や道具について学ぶのが一般的です。しかしながら、近年の羊毛フェルトの手芸人気で、道具も材料も入手しやすく、誰でも手軽に始められる点では、非常に秀逸なクラフトワークでしょう。

ニードルフェルト資格の試験難易度

試験や検定試験の多くは、道具や羊毛の種類や取扱い、技法の基礎的な事を知識として問う場合が多いため、ニードルフェルトに関する経験がある程度あれば、合格ラインはそれほど高くはありません。

ニードルフェルト資格の給料・年収

羊毛フェルトの作品は、それ自体が非常に需要が見込める作品ばかりですので、動物なら、愛犬や愛猫、鶏や様々な動物を立体化することが可能です。既にアーティストとして著名になった方も多く、受注販売で、オリジナル作品を製作して販売していることもあります。収入を得るためには、個人で技術を磨き、クオリティの高い作品を発表し続けることが重要で、趣味を越えて収入を得たいのなら、努力は日々怠らないようにしなければなりません。

ニードルフェルト資格取得後は

羊毛フェルト・ニードルフェルトは、趣味としても最適なジャンルです。女性を中心に手芸の一つとして定着し、作品発表会も数多く行われているほどです。コストもあまりかからず、誰もが自分だけのオリジナル作品を低コストで作れるので、チャレンジし甲斐がある手軽で面白い趣味としても最適です。

ニードルフェルト羊毛資格を取得できる通信講座  ニードルフェルト羊毛資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA