レジン資格人気の資格徹底比較

レジン資格

ハンドメイドが流行していますが、その中でもレジンのハンドメイドが人気になっています。レジン液という光を当てることによって固まる性質を利用し、アクセサリーとして使用されています。そのオリジナル性が強く、市販のものはもちろん、自分で好きなレジンアクセサリーをつくるができるとあって人気になっています。そんなレジンアクセサリーに関する資格を今回、ランキング形式でご紹介します。

レジンアートデザイナー

レジンアートデザイナー

レジンアートデザイナーとは日本デザインプランナー協会が認定している資格です。自分のイメージしたものを形にすることができ、自分好みのオリジナルのレジンが作れるようになれた方に贈られます。

最近ではハンドメイド雑貨を売る副業が人気になっています。そのためオリジナル性が求められるものが多く、オリジナルのレジンが作れるようになるレジンアートデザイナーは資格として人気人気になっています。オリジナルのレジンを作りたいという方にはオススメの資格です。

受験資格はとくになく、受験料は1万円(税込み)。在宅受験になっていますので、受けやすい試験になってます。

レジンアートデザイナー資格取得のメリット

レジンアートデザイナーは、レジンを使った応用で、アクセサリーやアート作品、置物など、様々な形に自由自在に作り上げる事が出来る、型の設計や、オーナメントのデザインなどを担当し、自由にレジンを使いこなせることを、民間の団体や協会が認めてくれたことを示す証明する資格所有者となります。幅広いレジンアート、クラフトワークの世界の一端を、趣味や実益として、個人活動を通じて自分の作品を売るなど、多くの人が憧れるクラフトの手法を提供し、教えて広めることが出来ます。アーティストとしての活動も視野に入れ、自分の感性や才能、表現力を発揮しながら、趣味から仕事としても活用できるため、男女問わず関心の高い資格の一つです。また、デザイナーの知識よりも、アマチュア独自の感覚を活かして、個人で高いクオリティのある作品を目指すには低コストで実現でき、上手に周知と宣伝さえあれば、収益として自分の作品を販売できる魅力も高いです。

レジンアートデザイナーの仕事について

個人でレジンアート作品の発表をSNSで行ったり、ギャラリーなどで自分の作品を展示、あるいは販売などにつなげる事ができます。入手しやすい材料、そして現在ではアクセサリー素材も100均ショップでも販売されるようになって、レジンアートは誰でも気軽に始められる環境が整いつつあります。学ぶにしても、座学以外に通信教育でも基礎から応用まで学べ、応用に関してもインターネットで、数多い情報に触れる事が出来ます。絵画や彫刻などととは違って、身近なアクセサリーや実用品、日用品とも連動しているため、生計を立てやすいアートワークの仕事に従事する事が可能です。副業としても、趣味としても、一般の方には取り組みやすいジャンルだと言えます。

UVレジンデザイナー

UVレジンデザイナー

UVレジンデザイナーとはレジンに関する知識はもちろん、作り方をマスターしたことを認定された資格です。日本インストラクター技術協会が認定している資格で、レジンの基礎から応用までをしっかりできるかどうかを評価されます。

受験資格はとくにありません。興味があるという人はだれでも受けることができます。受験量は1万円で、インターネットから申し込み、在宅受験するようになっています。

UVレジンデザイナー資格取得のメリット

アートクリエイターは、多くの人にとって憧れの職業ではないでしょうか?しかしながら、手始めに基礎から学び、慣れないデッサンや設計などの基礎から長い時間かかって、ようやくコストをかけてなるのが、これまでの王道な道でした。しかしUVレジンデザイナーは、そうした厳格な基礎技法を学ぶこと無く、レジンという材料の取り扱いに慣れ、型や自分のイメージを直接形にすることがすぐ出来るため、UVレジンデザイナー資格所得のメリットは、アクセサリークリエイターとしては、最短の道であるメリットはかなりのものがあります。

UVレジンデザイナーの仕事について

この資格を所得して、実際に「UVレジンデザイナー」と自ら名乗って、様々な手段で自分のアクセサリーを発表、販売することが可能となります。また、レジンは様々なアクセサリーの原型や試作品としても利用されているため、より本格的なアクセサリー職人として、独り立ちする最初のことになりえます。クリエイターとしても、レジンの取扱いに慣れるだけなので、後の応用力を磨き、他のレジンアート作品などを参考にしながら、高いクオリティの作品を作り続ける事ができます。

ハンドメイド・クリエイター

ハンドメイド・クリエイターはレジンだけでなく、本格的な雑貨づくりの知識と技術を持っている人に贈られる資格です。レジンだけじゃなく、ほかの雑貨も作りたいと考えている人に人気の資格になっています。

資格を取るには日本通信教育振興協会が行う講座を受講し、修了したときにハンドメイド・クリエイターの資格が贈られます。取得後は、作品の販売や教室の先生、ハンドメイド作家など、プロとして活躍することもできます。

ハンドメイド・クリエイター資格取得のメリット

ハンドメイド・クリエイターとは、手作りで材料選びから、デザイン、制作までを一貫して行う手工業の一つです。職人のように、経験者から一定の技術を学んで資格を認めもらう他に、ハンドメイドの数々の技法を独学で学びながら、全ての技術を組み合わせて、たくさんの作品を制作するのがハンドメイド・クリエイターです。ハンドメイド・クリエイターには、レジンアクセサリー、レジンアート作品から、洋服の縫製、型紙から作ったり、あるいは完全な裁断から独自に作るデザイン服まで、手作りできるあらゆるクラフト素材を扱える必要があります。中でも雑貨は、それだけで多数の製品を作り、店舗までも設営できるほど作品数を仕上げれば、独立した生計を立てることも可能です。従来のアート作品は、その価値を認めてくれる人だけが対象者でしたが、ハンドメイド・クリエイターは、実用的な日用品から宝飾、服飾までも網羅して制作する技術を有しているので、完全に独り立ちして、誰にも頼る事無く独り立ちできるクリエイターの1人になることが可能かもしれません。

ハンドメイド・クリエイターの仕事について

ハンドメイド・クリエイターの作品や、技術・技法は多種多様、多岐に渡ります。日本では「ハンコ」なども、伝統的なハンドメイド・クリエイターと言えるでしょう。アパレルの世界では、1点ものだけの服飾を作る、カジュアル版テーラーメイドは昔から存在します。レジンや、エナメルなどの合成樹脂を利用した低コストな制作でありながらも、自己表現と作品としての販売収益を得ている個人もいるのです。ハンドメイド・クリエイターは、とにかく”作りたいものを作る”ので、一から全てを手作業で完結させます。レジンなら、型の制作から、チェーンやその他のパーツも自作したり、あるいは市販のパーツを組み合わせて、オリジナルな製品で商売では勝負出来る魅力があります。

LEDレジンアクセサリー認定講師

LEDレジンアクセサリー認定講師はJPBA本部認定校日本パーツビュティーアカデミーが認定している資格です。ここで使用されるLEDレジンは1液だけなので、手軽でかつ簡単にレジンアクセサリーを作ることができます。また固まるのがはやいLEDライトも使用するようになっていますので短時間で作業を進めることができます。レジンをやってみたいけど、難しそう。簡単なものから作ってみたいと考えている人に人気の資格になっています。

LEDレジンアクセサリー認定講師資格取得のメリット

LEDレジンアクセサリー認定講師資格取得のメリットは、まずほとんどの場合が通信教育で受講して、その資格を得られるところにあります。LEDレジンそのものは、専門の器具が最小限で済むのでコストが安く、最近では材料のレジンも、クラフトショップで入手しやすくなっています。加えてあまり大きな製品は作れませんが、ネックレスのオーナメント、イヤリングのポーナメントなどを自分でつくることが出来、しかもそれを実際に販売出来るくらいのセンスを磨くことが出来るため、講師としての活動の他に、自分のクラフトワークに活かしながら、他人にLEDレジンアクセサリーの楽しさを伝えることも出来ます。

LEDレジンアクセサリー認定講師の仕事について

LEDレジンアクセサリー認定講師として、資格を提示し、個人活動を行う他にも、LEDレジンを使ったアクセサリーの自作、その製品化により、個人で作品を販売することも可能となります。LEDレジンアクセサリー認定講師とは、主に通信教育などでLED硬化型レジンを使ってアクセサリーを作る手順を体得し、その知識や応用力、デザインなどを他人に講師として教えられることを、民間団体や協会などで認められている資格者です。そうした組織の内外でLEDレジンアクセサリーの講師として活躍することが出来ます。

クラフトアドバイザー

クラフトとは主に手作りの雑貨や工芸品のことを指しています。日本デコラージュ協会では今、流行している手作り雑貨(クラフト)の基礎知識や技術を持つ人材を育成し、クラフトアドバイザーとして認定しています。資格取得後はお店で商品を売る仕事や講習会の講師として活躍できるようになっています。レジンだけでなく、スタンプやコラージュ作りなどの製作もできるようになるため、レジン以外の雑貨を作ってみたいという人に人気です。

クラフトアドバイザー資格取得のメリット

数多いクラフトの技法や知識を総合的に学べるメリットがあります。クラフトをレジン以外でも、様々応用してみたい人にはおすすめの資格です。

クラフトアドバイザーの仕事について

東京都中野区東中野に所在を置く、日本デコラージュ協会などが認定する、のクラフトの知識を習得しながら、基礎をマスターし、実践的な作品づくりができる人材として活躍できる資格が、クラフトアドバイザーです。、小売店で商品や技術を紹介するデモンストレーションの仕事や講習会の講師として活躍など、協会などでも活動する事が可能です。クラフトの面白さ、魅力を伝えながら、自分でも様々なクラフトの技術を応用、組み合わせて、多彩な作品作りに挑戦する事ができます。
レジン資格を取得できる通信講座  レジン資格を取得できる通信講座

レジン資格の学校について

レジンの技法は、多くの道具や知識をあまり必要とはしない、一般の方が気軽に取り組める趣味から発達したジャンルなので、学ぶには自宅でゆっくり学習できる、通信教育講座がおすすめです。

レジン資格の試験難易度

基本的な技術と、型やデザインなどは、学んだ後からでも独学で修練しながら上達可能なので、試験そのものは、基礎知識を得て入れば、比較的合格ラインは低いことが特徴になっています。

レジン資格の給料・年収

レジンは、硬化した後の加工は難しいところはありますが、一旦硬化してしまえば丈夫で長持ちする製品を作れるため、センスと才能さえあれば、その作品を実際に販売に繋げて、収益を得ることは難しいことではありません。やはりそれには、たくさんの作品を製作し、修練してセンスを磨き上げることです。それ次第で、個人の収入はやがて高いものとなるでしょう。

レジン資格取得後は

資格所得後は、やはり様々な制作、技法を修練する事が大切です。失敗を次の制作に活かしながら、次々新しい作品を生み出すことで、クオリティは引き上がり、人々の関心を寄せることになるでしょう。資格所得後も、努力は惜しまないことが大切です。

レジン資格を取得できる通信講座  レジン資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA