編み物資格人気ランキング

編み物

ニットとは、糸の素材ではなく技法を指す言葉で、毛糸で作られた制作物をニットと呼びます。全世界で楽しまれ、欧米では多くの男性もニットの趣味を持っています。表現出来ないものはないほど、1本の糸から作られる製品は、帽子やセーター、マフラーだけではありません。世界には、針も特別な道具も使わず、両手だけで毛布を作る達人も存在します。手軽なDIYとして、編み物はその代表的なものではないでしょうか。想像以上に奥深い編み物の世界を、より専門的に学ぶことで、個人技術が、そのまま自分の収入源に加えることも可能となります。

1位:編み物マイスター

クラフトの趣味の中では歴史は古く、現在は男女問わず、編み物を楽しむ人が増えています。道具もシンプルで、昔はリリアン式と呼ばれた、簡易な幼少用の編み物セットを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。基本的な道具は棒針、かぎ針、アフガン針など色々ありますが、それに様々な太さと材質、カラーを組み合わせて、マフラーからセーター、手袋など、主に冬場に使う衣服やアクセサリー、あるいは椅子のクッションなども作ることが出来ます。

また道具がない場合でも、指針といった手を使った編み物で、幅広い毛布を作成することも可能です。また、近年では、100均ショップなどでも、ある程度の規模であれば、編み物で使う毛糸、道具類は格安で手に入り、誰でも楽しむことが可能となってきています。世界中で親しまれているこの編み物の世界を広く人々に教え、楽しさと技術を教えられるのが編み物マイスターです。資格所得後は、セミナー、個人教室から、講師に至るまで活躍の場がたくさんあります。

2位:手編みニットインストラクター

機械編み以外の直接、網針などを使った技術を習得し、様々な技法、様々な作品を作れる編み物のすべてを網羅した技術者が、手編みニットマイスターです。簡単な模様編みから、複雑な編み方まで、誰でも習得できるアドバイスを適切に出来る、高いスキルが必要となります。地模様、透かし模様、海外ではよくある伝統模様から、編みこみ模様など、複雑で楽しい編み物の種類と技術を他人に指導し、一緒に享受できる技術をマスターしている必要があります。

棒針を使ったパターンは約300種類ほどあるので、編み物を使ったパッチワークなども、このインストラクターは習熟している必要があるでしょう。資格所得後は、編み物教室の他に、介護施設や、教育機関で、あるいはクラフト・スクールで講師として働くことが可能です。

3位:かぎ針編み講師

最近では「ニット・カフェ」などの若い男性が通う、気軽なニット教室やセミナー、楽しみの場が用意されてきています。ウールの優しさ、編む人の心にも癒やしの効果があり、また趣味としても最適なものとして大変、古くから普及しているのがかぎ針編みです。かぎ針は様々なデザインのニットを制作する上では、自由度が高く、帽子やマフラーなど様々なファッションに活用できる製品を制作し、しかもその技術が高ければ、販売できるようなクオリティも目指すことが出来ます。

かぎ針編みは編み物の中でも、最も基本となる技術で、かぎ針の正しい持ち方、糸のかけ方、大小様々なエクステリアの装飾品を制作することも可能です。毛糸の種類は材質と色や太さなど、非常に多種多様な製品が販売され、今では誰もがプロにも負けない編み物を制作する環境が揃っています。

かぎ針編み講師は、そうした様々なニットの技術や種類などを通して、多くの人にかぎ針編みの幅広い世界を教えられる技術を有した有資格者です。編み物教室の中でも、最も基本的な技術を教えられる立場なので、その活躍の場は大変、数多くあります。

4位:毛糸編物技能検定試験

クラフトワークの世界では、唯一公式な認定試験が昔から多くあるのが、この毛糸編物技能検定試験です。技能検定は一般的に、1級から5級まであり、例えば、2級合格者の場合は、専門的な技能と知識を有して、指導者補佐が出来る認定試験となっています。

試験は筆記では編み上げ作品の仕上げ、素材についての知識、用具や用語、デザインについての試験が行われます。実技では、被服のパターンの製図、かぎ針編みの実技や、棒針編みの実技が行われます。試験問題は過去問題が市販されているので、誰でもチャレンジすることが可能です。

5位:棒針編み講師認定

棒針編みは、編み物の中では古くから家庭で行われてきた、やや目の荒い編み物を制作する際に都合の良い手軽な編み物技術の一つです。編み棒と呼ばれる直径2ミリから、30ミリなどの編み棒の太さがあり、長さは標準で約30センチの先の尖った道具を使い、2本使うことになります。セーターやマフラーを作るのに適しており、広く平面的な編み物を作成するのに便利です。

編み目は横方向を「目」と、縦方向を「段」と数え、この網目の粗さが、編み棒の太さと密接に関係することになります。右棒に裏から糸をかけ表に引き抜く「表編み」と、表から糸をかけ裏に引き抜く「裏編み」の2種が一般的で、他に「一目ゴム編み」、「模様編み」などがあります。指に毛糸をかけるやり方も、アメリカ式、フランス式と種類があり、こうした様々な技術や知識を棒針編み講師は取得している必要があります。

棒針編み講師認定は、こうした棒針編みの多種多様な技術を駆使し、その専門的な技術を人に教えるスキルを有してます。棒針編み講師認定で技術や知識を認められれば、個人指導から、グループ指導などで、様々な場面で教えることが出来ます。
編み物資格  編み物資格

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る