DIY資格人気の資格徹底比較

DIY資格

最近、DIYというものが流行っています。DIYとは英語で「Do It Yourself」を略した言葉です。日本語では自分で行うという意味になっています。自ら部屋の床を張ったり、家具を使ったり、専門業者に頼まずに自分で行うことをDIYと言います。少し前のことでいうと日曜大工というものがありました。日曜大工という言葉から男性が行っているように思えますが、実は最近、女性が日曜大工を行っていることが増えています。この女性たちのことをDIY女子と呼んでいます。その流行もあり、DIYに関する資格が出ていることをご存知ですか?今回はDIYに関する資格を人気の資格徹底比較でご紹介します。

DIY工作アドバイザー

DIY工作アドバイザー

DIY工作アドバイザーとは、DIYに必要な知識・道具の使い方、家具の制作方法などを理解し、アドバイスできる人へ認定される資格です。DIYが女性の間で流行しているからといってもやはり大きな材料や危険な道具を扱うことになります。安全にDIYを行うためにはきちんとした知識と技術を持っていることが重要です。
DIY工作アドバイザーはその知識や技術を伝えることができる人に贈られます。資格取得後にDIYの教室やセミナーを開いて、安全にDIYを行っていくことを指導していきます。もちろん、自分のDIYの技術を高めるためにとることも可能です。基本的なDIYを知りたいという方には人気の資格になっています。
資格を取るには受験資格もなく、在宅受験になっていますので、気軽に受験が可能です。もし受けてみたいという方がいたら日本生活環境支援協会のHPで詳細をご覧ください。

DIY工作アドバイザー資格取得のメリット

最も最近になってよく行われているDIYといえば、外壁の洗浄や、内装に関して、ちょっとした棚などは、安い商材を使って応用して自分で組み合わせて作るなどがあります。しかし、日本の住宅事情では、常に揃った定型的な間取りが多いわけではないため、必ずしも、市販のパーツや素材が、自分の家の設計にマッチしているわけではありません。従い、どうしても必要な棚や、あるいは修繕を自分でプロと同じ様に施工したい場合は、専門知識が色々と必要になってくるものです。DIY工作アドバイザーの仕事は、そういった一般家庭のDIY、特に内外装、家具や調度品などの修理や修繕、改造などに役立つ知識を紹介し、必要となる道具や工具についての使い方にも精通しているので、適切なアドバイスを行うのが主な仕事になります。男女問わず、現代ではなるべく費用をかけずに、家のメンテンナスを自分で行うことが定着しつつあり、郊外にある大型ホームセンターなどでは、専門業者も利用頻度が高いほど、DIYでも使えるプロが使っている工具や、各種施工の道具やパーツなどが、いつでも入手出来るようになっています。自分でやってみようと思っても、怪我や事故が怖くてなかなか手が出ない一般家庭の人にも、わかりやすく修繕、修理の方法を解説できるのがDIY工作アドバイザーの役割ですので、これから更に多くのこうしたアドバイザーの必要性は、大いに高まることは言えるでしょう。

DIY工作アドバイザーの仕事について

DIY工作アドバイザーは、自分でも施工例を示せるだけではなく、数々の道具や素材の応用、不用品、消耗品やゴミの廃棄などにも多くの知識を有しているので、ある程度の法律の知識も必要となります。例えば、何もかも自分で行うにしても、家庭用の電源に関しては、施工は専門の業者以外は事故につながるために禁止されているなどがあります。ガスや水道も、根幹に関わる根本の配管もこれに該当します。ただし、蛇口や末端の設備に関しては、一般の方でも施工可能な箇所があるため、DIY工作アドバイザーは、こうした作業に関しても、事故や怪我の無いように、適切なアドバイスを、ンターネットや書籍、動画や、講座、セミナーなどで解説して、多くの人に周知することが出来ることになります。
DIY資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  DIY資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

日曜大工士

日曜大工士

日曜大工士は日本デザインプランナー協会が認定している資格の一つです。日曜大工をする際に使う道具の使い方や床材の種類・壁紙の張り方・レンガの種類、棚や家具などの製作知識を持っていることを認定しています。
試験の内容もゼロからものを作るだけでなく、いらないもので作る雑貨やリメイク術、100均アイテムを使ったものなどがあり、日常のなかでも使えるスキルを学ぶことができます。
また、資格の取得後は知識と技術を生かしてオリジナルの作品を作ることも可能です。基礎的な知識を生かして自分で家具製作してみたいと考えている人に人気の資格になっています。

日曜大工士資格取得のメリット

日曜大工に使われる工具は、ペンチやハンマー、万力やニッパーなど、どこにでもある工具だけを用いる場合や、一般家庭向けの電気工具などを使うのが主流です。DIYでは、その理念から仕上がりに関しては、プロフェッショナルと同程度のレベルの修理、復元を目標としていますが、日曜大工では、あくまで実用本位で、原価償却を考えず、また他人が購入して使うことを想定して製作するわけではありません。そのため、いわば、手作りであれば特に仕上がりはそれなりでも容認出来るという意識の違いがあります。海外では、DIYの理念が普及する前までは、レンガや庭園の施工などは、その家の世帯主や家族が自分たちで行う、というのが一般的でした。近年では、伝統的な建築スタイルから、より効率的な設計となり、複雑な法律で一般的には家などの建築に関しては、素人では無理なところが多いものです。しかし、家具などの場合は、基準も法律も自分で組み立て、設計や製造しても、自分で使う分には制限はありません。日曜大工士は、日本デザインプランナー協会などが認定する、日曜大工の際に必要とする道具の使い方、床材の種類、壁紙の張り方、レンガの種類、棚や家具などの製作知識を理解していることを認定する資格となります。この資格を所有しているということは、一般家庭が必要とする様々な家具の設計やレンガの積み上げ方、タイル張りや壁紙などの施工についても充分な知識を得ているとされ、名称を利用して様々なメディアで日曜大工の楽しさを伝える仕事に従事することが可能となります。

日曜大工士の仕事について

日曜大工士は、あくまで一般家庭で必要となる、実用品を手軽に組み立て、設計も簡素で材料調達もホームセンターなどを利用できる手段を使って、丁寧に工作に不慣れな人に説明、解説、作例や工程を示せるスペシャリストです。かつては、某公共放送では、日曜日などで実際に日曜大工の番組があったほどで、最近では家具や日用品は海外製造の価格の安いものが定着し、日曜大工はやや下火になる傾向がこれまでありました。しかし、長引く不況の影響もあり、休日の過ごし方も変化し、今では日曜大工は、ちょっとした家具は自分で工夫して作って、余計なものは買わないといった風潮が出てきています。これに呼応して、日曜大工士は、見直されてきた自作の素晴らしさ、手作りの面白さを伝えるスペシャリストとして、非常に注目されています。その活動は、動画サイトやホームページなどでも、様々なメディアで見ることがあるはずです。

DIYアドバイザー

DIYアドバイザーとは住まいの手入れ・補修・改善等を自らの手で行ない、快適な生活空間を創造したいと願う人を対象に、DIYの指導・相談にたずさわる人のことを指します。DIYが流行している今、一般の人でもDIYを始める人が増えていますが、それと同時に正しい知識と技術を的確に指導してくれる人材が求められています。
日本DIY協会ではこのような需要に対応するためにDIYアドバイザーの資格を作り、安全にDIYを行っていくよう活動しています。資格を取得するためには日本DIY協会が実施する1次試験と2次試験に合格する必要があります。1次試験の合格率は44%ですが、2次試験は60%と、1次試験をクリアできれば資格取得は難しくありません。女性の受験者・合格者も増えており、徐々に人気が出てきている資格です。

DIYアドバイザー資格取得のメリット

一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会などの団体では、そうした人々の住生活向上への関心の高まりに応え、DIYアドバイザーの資格試験を実施しています。住まいの補修、改善を自分の手で行いたいと思う人達に対して、その需要に応じたDIY専用品の選択から、工具や、専門道具、必要となる資材の選択や取扱について、DIY全般の相談に乗れるのがDIYアドバイザーのメリットです。これから非常に高まる、DIYの関心に応えられる人材となれる資格の一つです。

DIYアドバイザーの仕事について

住まいの手入れ、補修、改善等を自らの手で行ない、快適な生活空間を創造したいと願う人は、近年、日本でも大変増えて来ました。やはり北欧家具などの組み立て家具を通じて、家具を自分で作る楽しさを通じていたり、他の家庭にはない、家具店や従来の施工サービスではなかなか無いイメージでの、新しい生活空間を求める声が急増して来たのが、その背景にあります。講習会やサークル活動、また施工例を示しながら楽しくDIYを紹介するホームページの運営など、多岐に渡ってDIYの面白さ、楽しさを伝えるアドバイザーとして活躍する事ができます。
DIY資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  DIY資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

DIY資格の学校について

DIY資格を得るためには、まずは工具の取り扱いや、施工、修繕の知識に精通している必要があるため、通信教育と座学で講座などで、実例や施工例を見ながら学習する必要があります。特に、揮発性の溶剤を扱う場合や、特定の接着剤など、取扱に関して慎重を期するものもあるため、出来るだけ独学に頼らず、専門知識のある専門家のアドバイスや指南、指導を受ける方が望ましいです。もちろん、腕に自信があるなら通信教育でも構いませんが、自分が取り扱ったことのない工具や、特殊な施工に関しては、やはり専門家のアドバイスが必要なので、どこかで講座などの座学で学ぶほうが賢明でしょう。

DIY資格の試験難易度

DIY資格といっても、国家試験のような法律による施工に関して制限のある作業は扱わないので、実技的な試験はあったとしても、厳しい検査基準があるわけではありません。殆どがテキストや講座やセミナーで学んだ知識の習熟度を推し量る意味での、筆記試験が大半なので、気軽に自宅で充分基礎知識を学べば、試験の難易度はそれほど高くはないでしょう。

DIY資格の給料・年収

国家資格を持つことはないため、施工や作業を実際に他人に対価を受け取って施工することは出来ませんが、日曜大工やホームセンターで市販されている、道具や工具などの使い方とメンテナンスや作業の仕方、材料や接着剤などの使い方の説明には長けているわけです。こうした知識は、動画やホームページ、あるいは書籍であれば、誰もが必要とした時に検索、見たり、手にとったりすることは多いはずです。こうした施工以外の活動を通じて人気が出れば、色々なメディアに出演したり、あるいは著作などで大きな収益を得られる可能性は高いです。

DIY資格取得後は

DIY資格は、実際に自分で施工できる家庭の修繕方法についての知識を得ることになるため実用的で、その実務的な作業を通じて、似たような修理や修繕を行いたい人にとっては、大変参考になるアドバイスが可能です。ホームセンターに勤務する人はもちろん、一般家庭で、コストをかけずに様々な木工、加工にチャレンジしたい人にとっては、とても必要とされる資格であることは間違いないでしょう。知識をそのまま活かせる点が、DIY資格の特徴となります。

DIY資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  DIY資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA