DIY資格人気ランキング

DIY

最近、DIYというものが流行っています。DIYとは英語で「Do It Yourself」を略した言葉です。日本語では自分で行うという意味になっています。自ら部屋の床を張ったり、家具を使ったり、専門業者に頼まずに自分で行うことをDIYと言います。少し前のことでいうと日曜大工というものがありました。日曜大工という言葉から男性が行っているように思えますが、実は最近、女性が日曜大工を行っていることが増えています。この女性たちのことをDIY女子と呼んでいます。その流行もあり、DIYに関する資格が出ていることをご存知ですか?今回はDIYに関する資格を人気ランキングでご紹介します。

1位 DIY工作アドバイザー

DIY工作アドバイザーとは、DIYに必要な知識・道具の使い方、家具の制作方法などを理解し、アドバイスできる人へ認定される資格です。DIYが女性の間で流行しているからといってもやはり大きな材料や危険な道具を扱うことになります。安全にDIYを行うためにはきちんとした知識と技術を持っていることが重要です。

DIY工作アドバイザーはその知識や技術を伝えることができる人に贈られます。資格取得後にDIYの教室やセミナーを開いて、安全にDIYを行っていくことを指導していきます。もちろん、自分のDIYの技術を高めるためにとることも可能です。基本的なDIYを知りたいという方には人気の資格になっています。

資格を取るには受験資格もなく、在宅受験になっていますので、気軽に受験が可能です。もし受けてみたいという方がいたら日本生活環境支援協会のHPで詳細をご覧ください。

2位 日曜大工スペシャリスト

日曜大工スペシャリストは日本デザインプランナー協会が認定している資格の一つです。日曜大工をする際に使う道具の使い方や床材の種類・壁紙の張り方・レンガの種類、棚や家具などの製作知識を持っていることを認定しています。

試験の内容もゼロからものを作るだけでなく、いらないもので作る雑貨やリメイク術、100均アイテムを使ったものなどがあり、日常のなかでも使えるスキルを学ぶことができます。

また、資格の取得後は知識と技術を生かしてオリジナルの作品を作ることも可能です。基礎的な知識を生かして自分で家具製作してみたいと考えている人に人気の資格になっています。

3位 DIYアドバイザー

DIYアドバイザーとは住まいの手入れ・補修・改善等を自らの手で行ない、快適な生活空間を創造したいと願う人を対象に、DIYの指導・相談にたずさわる人のことを指します。DIYが流行している今、一般の人でもDIYを始める人が増えていますが、それと同時に正しい知識と技術を的確に指導してくれる人材が求められています。

日本DIY協会ではこのような需要に対応するためにDIYアドバイザーの資格を作り、安全にDIYを行っていくよう活動しています。資格を取得するためには日本DIY協会が実施する1次試験と2次試験に合格する必要があります。1次試験の合格率は44%ですが、2次試験は60%と、1次試験をクリアできれば資格取得は難しくありません。女性の受験者・合格者も増えており、徐々に人気が出てきている資格です。
DIY  DIY

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る