キャンドル資格のおすすめ6選をご紹介

キャンドル資格

「お店で売っている素敵なキャンドルを自分で作れたら…」
その夢をかなえられて、インテリアショップで売っているようなキャンドルを手作りできたら、家の中の雰囲気も変わるでしょう。
さらに自分でキャンドルを作るなら、ネットショップでの販売や自宅で開業も夢ではありません。
仕事をお持ちの方や子育てに忙しい方でも、無理なく学べる「キャンドル資格講座」で、夢を仕事にしてみませんか?

キャンドル資格とは

キャンドル資格取得・技術習得により、インテリアショップで見かけるキャンドルを自分で作ることができ、インターネットやイベントで販売もできます。

キャンドルの灯はリラクゼーション効果があり、趣味として楽しめるだけではなく作ったキャンドルをネットやインテリアショップで販売するキャンドルアーティストとしての活躍も期待できます。

キャンドルアーティストになるために資格取得は必要ありませんが、知識と技術を習得するためには資格取得をおすすめします。

キャンドル資格おすすめ6選を紹介

キャンドル資格には、初心者でも楽しめる講座から、プロフェッショナルを目指す講座までさまざまです。

資格取得には通信講座でできるものとスクールで学ぶ講座がありますが、通信講座は仕事や家事で忙しい方もすき間時間で習得できます。

ここから、キャンドル資格おすすめ6選をご紹介します。
ご自分に合った資格を見つけ、キャンドル作りを楽しみましょう。
キャンドル資格を取得できる通信講座  キャンドル資格を取得できる通信講座

2-1. キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナー
「キャンドルデザイナー」は、キャンドル制作の材料や各種キャンドルの特徴・制作の工程に精通していることを証明する、日本デザインプランナー協会(JDP)の認定資格です。

資格取得により、キャンドル制作に必要な知識・技術を学べます。

試験で問われるのは、以下の内容です。
・キャンドルの材料と道具
・キャンドル作りの基本(技法・色・演出など)
・キャンドルの工夫と灯し方
・キャンドル作りのレシピ

2-1-1. キャンドルデザイナー資格取得のメリット

キャンドルの基礎知識から学べ、初心者でもオリジナルキャンドルを作れるレベルまで上達します。

また、資格取得の勉強により作品の制作スピードが上がり、デザインも思い浮かぶようになるメリットも。

資格取得後は思い通りのキャンドルが作れ、キャンドル教室を開いたり作ったキャンドルを販売したりと、趣味から仕事にまで幅が広がります。

2-1-2. キャンドルデザイナー資格取得方法

キャンドルについて詳しく学び資格を取得して仕事に就きたい、そんなあなたには通信教育で学べる「キャンドルデザイナーW資格取得講座」がピッタリです!

「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、自宅でキャンドルについて学びながら、就職や独立に役立つ2つの資格がわずか2ヵ月で取得できます。

①キャンドルデザイナー
②キャンドルアーティスト

講座には、「通常講座」と「スペシャル講座」があります。

通常講座:2つの資格試験をそれぞれ受験・合格で資格取得
スペシャル講座:課題を全てクリアし卒業すると試験免除になり、卒業と同時に2資格取得

「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座では、キャンドルについて基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。

「キャンドルデザイナーW資格取得講座」はこちら

2-1-3. キャンドルデザイナーの試験難易度・受験料

【試験詳細】
受験料:10,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2-2. キャンドルアーティスト

キャンドルアーティスト
「キャンドルアーティスト」は、キャンドル制作に精通しているほか、キャンドルインストラクターとしての指導力を証明する日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。

試験で問われるのは、以下の内容です。
・材料の種類
・道具以外に必要なもの
・掃除の仕方
・ワックスの保存法
・色・演出
・オリジナルキャンドル

2-2-1. キャンドルアーティスト資格取得のメリット

キャンドルアーティスト資格取得後は、インターネットやインテリアショップでオリジナルキャンドルを販売したり、イベントに参加したりするほか、スクールやセミナーで講師として活躍できます。

資格取得により、以下のキャンドル知識が習得できます。
・ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・スパイラルなど)
・フローティングキャンドル
・カップキャンドル
・グラスキャンドル
・モチーフキャンドル
・アロマキャンドル

2-2-2. キャンドルアーティスト資格取得方法

キャンドルについて詳しく学び資格を取得して仕事に就きたい、そんなあなたには通信教育で学べる「キャンドル資格取得講座」がピッタリです!

「SARAスクールジャパン」の通信講座は、自宅でキャンドルについて学びながら就職や独立に役立つ2つの資格がわずか2ヵ月で取得できます。

①キャンドルデザイナー
②キャンドルアーティスト

講座には、「基本コース」と「プラチナコース」があります。

基本コース:2つの資格試験をそれぞれ受験・合格で資格取得
プラチナコース:課題を全てクリアし卒業すると試験免除になり、卒業と同時に2資格取得

「SARAスクールジャパン」の通信講座では、キャンドルについて基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。

「キャンドル資格取得講座」はこちら

2-2-3. キャンドルアーティストの試験難易度・受験料

【試験詳細】
受験料:10,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2-3. JCA認定キャンドルインストラクター

「JCA認定キャンドルインストラクター」は、日本キャンドル協会(JCA)認定のプロインストラクター資格です。

キャンドル制作の魅力を伝え、次世代のプロフェッショナルを指導できるプロ講師を目指す資格。

認定されたインストラクターは、JCAの直営校で講師として働けるほかJCA認定のスクール開講も可能です。

試験では、キャンドルスクールを運営する上での必要な知識・ノウハウ・レシピ制作スキルなどが問われます。

2-3-1. JCA認定キャンドルインストラクター資格取得のメリット

JCA認定キャンドルインストラクター資格取得後は、JCA認定のディプロマの取得や、日本キャンドル協会主催の展示会への出店が可能です。

さらに、日本キャンドル協会認定校の講師にも応募できます。

プロのキャンドルインストラクターになりたい方には、必須の資格といえるでしょう。

2-3-2. JCA認定キャンドルインストラクター資格取得方法

JCA認定キャンドルインストラクター資格取得には、以下の講座を受講し試験に合格する必要があります。

(1)JCA認定キャンドルクラフトコースを受講し修了認定
(2)JCA認定キャンドルアーティストコースを受講し、検定試験に合格すると資格認定
(3)JCA認定キャンドルインストラクターコースを受講し、実技試験に合格すると資格認定

2-3-3. JCA認定キャンドルインストラクターの受講料

JCA認定キャンドルクラフトコース:初級・中級・上級各コース 33,500円(税込)
JCA認定キャンドルアーティストコース:39,600円(税込)
JCA認定キャンドルインストラクターコース:36,500円(税込)

2-4. JCA認定キャンドルアーティスト

「JCA認定キャンドルアーティスト」は、日本キャンドル協会(JCA)認定のキャンドルのプロフェッショナルを証明する資格です。

JCA認定キャンドルアーティストでは、「キャンドルで表現できるキャンドル脳」だけではなく、「空間装飾能力」および「マーケティングスキル」を学び、社会で活躍するキャンドルプロフェッショナルを目指します。

資格取得で、以下の内容が身に付きます。
・キャンドル制作技法
・市場およびユーザーのニーズに合致したキャンドルの企画・提案・制作
・キャンドルを使用した空間装飾プロデュース

2-4-1. JCA認定キャンドルアーティスト資格取得のメリット

JCA認定キャンドルアーティスト資格取得後は、JCA認定のディプロマの取得や、日本キャンドル協会主催の展示会への出店が可能です。

プロのキャンドルアーティストになりたい方には、必須の資格といえるでしょう。

2-4-2. JCA認定キャンドルアーティスト資格取得方法

JCA認定キャンドルアーティスト資格取得には、以下の講座を受講し試験に合格する必要があります。

(1)JCA認定キャンドルクラフトコースを受講し修了認定
(2)JCA認定キャンドルアーティストコースを受講し検定試験に合格すると資格認定

2-4-3. JCA認定キャンドルアーティストの受講料

JCA認定キャンドルクラフトコース:初級・中級・上級各コース 33,500円(税込)
JCA認定キャンドルアーティストコース:39,600円(税込)

2-5. キャンドルマイスター

「キャンドルマイスター」は、日本ヴォーグ社認定の初心者からキャンドル制作を学び、教室開講できる技術を学べる資格です。

資格取得で、以下の内容が学べます。
・キャンドルを「作る」「灯す」
・キャンドルの素晴らしさを人に伝える

2-5-1. キャンドルマイスター資格取得のメリット

キャンドルマイスター資格取得後、キャンドル作家として商品開発や販売に携われるほか、教室を開講できます。

資格取得により、オシャレでかわいらしいテイストのキャンドルを作れ、キャンドルをお部屋のインテリアとして飾って楽しめるでしょう。

さらに、キャンドルマスターディプロマ認定資格を取得した場合、講師として活動もできます。

2-5-2. キャンドルマイスター資格取得方法

「ヒューマンアカデミー」の「キャンドルマイスターディプロマ認定講座」を受講修了後、審査に合格すると資格取得できます。

講座受講後、作品と色見本の完成写真を提出し、審査に合格すると授与されるのが、「キャンドルマイスターディプロマ」です。

2-5-3. キャンドルマイスターの受講料

【受講料詳細】
受講料:31,219円(税込)
受講申請:インターネットからの申し込み
※ただし、キャンドルマイスターディプロマ認定証発行に申請料22,000(税込)が別途必要

2-6. クリアキャンドル認定講師

「クリアキャンドル認定講師」は、一般社団法人 日本サロネーゼ協会認定の、初心者からキャンドル教室を開講中の方までクリアキャンドル作りを学べる資格です。

クリアキャンドルの基礎から「クリアアロマワックス」「ガーデンクラックキャンドル」「クリアストーンキャンドル」の制作法を学べるだけではなく、講師として欠かせないデザイン力や段取り力も身に付けられます。

2-6-1. クリアキャンドル認定講師資格取得のメリット

クリアキャンドル資格取得後、カルチャースクールの講師・出張レッスンのほか、ネットショップやイベントでオーダー販売ができます。

趣味としてキャンドル作りに挑戦してみたい方から、デザイン力を身に付けたい方、自宅で開業できる資格がほしい方まで幅広く対応できる資格です。

さらに、協会主催の「SNS」「講師が集う機会」により、同じ目的を持った仲間とつながれます。

また、協会による認定講座集客のサポートが手厚いのもメリットです。

2-6-2. クリアキャンドル認定講師資格取得方法

一般社団法人 日本サロネーゼ協会認定のオンライン講座「クリアキャンドル認定講師講座」を受講し、修了後の試験に合格するなら資格取得できます。

2-6-3. クリアキャンドル認定講師の受講料

【受講料詳細】
受講料:37,400円(税込)
受講申請:インターネットからの申し込み
※材料・道具・テキスト代・試験代・年会費が別途必要

3. キャンドル資格取得者の口コミ

キャンドル資格取得者の口コミをご紹介します。

キャンドルマイスターデザインW資格取得スペシャル講座を受講し、無事卒業しました。仕事をしながらの資格取得ということで、短期集中でなんとか勉強しました。ホッとしています。
アロマキャンドルが好きで、自分で作ってみたいなという興味からでした。
引用:「キャンドルデザイナーW資格取得講座」
仕事をしながら好きなキャンドル作りを楽しめ、資格取得もできるのはメリットです。

わかりやすかったです!!とても、簡潔で、見返したい時もごちゃごちゃしてないので、探しやすく、正直そんな手間もかからずコース終了できました!!ハンドメイドに興味があり、独学だけでは知り得ないことや、資格を取ることによって得することもあると思い、はじめました!
引用:「キャンドルデザイナーW資格取得講座」
通信講座でわかりやすいのは、講座を長続きできる大事なポイントです。

キャンドルの詳しい材料や取り扱い方法、ラッピングの仕方など幅広く学ぶ事ができました。仕事の合間で学ぶことができ、資格を取得することができ、これから自信をもってキャンドルの製作をしていけます。以前より、キャンドルを製作してみたいと興味があり、スキルアップの為、受講しました。火を扱う製作なので、何となくのネットの知識だけて製作するのが、抵抗があったので、しっかりと資格を取れて良かったです。
引用:「キャンドルデザイナーW資格取得講座」
ネットの知識だけでは不安がありますが、通信講座では正しい知識を習得できます。

4. キャンドル資格取得後の関連職業

「キャンドルの資格に興味があるけど、どんな仕事があるの?」などの悩みを持つ方もいらっしゃるでしょう。

キャンドル資格を持つことで活躍できる場をご紹介します。
キャンドル関連の仕事を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

4-1. キャンドルアーティスト

キャンドルアーティストは、キャンドルをデザイン・制作し、インターネットやインテリアショップで販売します。

自作のキャンドルをインターネット・ハンドメイドマーケット・ワークショップ・インテリアショップなどで販売するだけではなく、イベントなどでも活躍できます。

また、イベントではキャンドルアーティストが講演会やトークショー、キャンドル作りに関するワークショップを開催することも。

人々の癒しとなるようなデザイン力、ディスプレイをコーディネートするスキル、自ら作品を売り込む営業力が必要です。

4-2. カルチャースクール・イベントの講師

キャンドル資格習得により、カルチャーセンターやイベントなどで講師として活躍できます。

キャンドル制作に関する技術だけではなく、丁寧に生徒に教える指導力や、教室やサロンを運営する経営力が必要です。

5. キャンドル資格の収入について

キャンドル資格の収入は、芸術家やデザイナーの特性上個人差が激しく、収入が安定しない方から高額な年収を稼ぐ人気アーティストまでさまざまです。

高額な年収を稼ぐ人気アーティストになるためには、キャンドル制作の技術力・デザイン力だけではなく営業力も必要でしょう。

キャンドル資格を取得できる通信講座  キャンドル資格を取得できる通信講座

キャンドル資格の学校について

キャンドル資格を得られる学校は、主にインターネットを中心に申し込める、手軽な通信教育がほとんどで、自宅での在宅受験となっています。テキストに沿って、キャンドル作りながら、学べる勉強法になっています。分からないことや疑問点があった時には、先生やプロに質問できる応答サポート体制なども充実しています。このような体制も着実に増えてきており、勉強しやすい環境なので女性を中心に受講者が増えています。民間団体が認定しているキャンドル資格にはいくつかの種類がありますが、それぞれの協会の公式ホームページで申し込み手続きを行うことができます。

キャンドル資格の試験難易度

キャンドル資格、認定試験の難易度はそれほど高くないのも、魅力の一つです。専門の通信教育講座も増えているため、受験前にキャンドルについての知識や実践を行ってから、安心して受験することも可能となっている場合がほとんどです。民間団体が認定しているキャンドル資格にはいくつかの種類がありますが、合格基準は平均70%以上とっています。キャンドル資格は、比較的合格しやすい資格です。しっかり勉強していれば難しい資格ではありませんので、こういった面も人気の秘密と言えるでしょう。

キャンドル資格の給料・年収

すべての資格に言えることですが、「資格を得れば収入が得られる」という確実な方法はこの世に存在しません。資格とは、あくまでその職業や仕事において、必要となる需要を満たすためにある条件の一つなので、資格を得てから、その資格をどの様に自分の仕事や、これまで趣味だったものが、仕事になるかどうかは、その人の商才やアイデア次第で変わります。ただ、その登竜門として、キャンドル資格を得ようとするのは、決して無駄ではないでしょう。もちろんキャンドル資格がなくても、ハンドメイドなどで販売することは可能です。ですが、やはり資格を取得していることで説得力もでますし、何よりお客様からの信頼を得られるようになります。それによって売り上げアップに繋がる期待がもてます。

キャンドル資格取得後は

多くの場合、資格を得たことに満足してしまい、実際に仕事や私生活に活かす機会が無ければ、どんなにプロフェショナルな技術を有しても、あまり意味ある事にはなりません。資格を有して、まずはキャンドル資格なら、オリジナルのキャンドル制作を通じて、数あるSNSやInstagram(インスタグラム)などを活用しながら、個人でも何らかの資格を活用した活動があることで、その効果は高まります。せっかく、資格を得ようとしているのですから、やはり、そうした自分だけのキャンドル制作や技術提供を通じて、出来るだけ世の中にアプローチした方が、楽しいものではないでしょうか。

6. まとめ

キャンドル資格にまつわる情報をお伝えしました。
キャンドル資格には初心者でも気軽に始められるものから、プロフェッショナルを目指す資格までさまざまです。
自分の目的に応じた資格取得が一番ですが、時間のない方には融通が利く通信講座がおすすめでしょう。
場所・時間に関係なくいつでもキャンドル作りを楽しめ、講座終了後の試験に合格することで資格取得も可能です。
まずは、気になったキャンドル講座に問い合わせてみませんか。
キャンドル資格を取得できる通信講座  キャンドル資格を取得できる通信講座