手作り石鹸資格人気の資格徹底比較

手作り石鹼資格

石鹸は買うものだという認識が強いですが、実は石鹸は手作りすることができます。これまで企業などが販売してきた石鹸は多くの人にとっては普通に使用できるものでしたが、なかには肌に合わない、かぶれてしまったという人も少なくありません。日本人の肌は欧米の人たちと比べて角質などが薄く、刺激に弱い部分があります。そんな人たちにとって石鹸は非常に重要なものです。手作り石鹸は無添加で肌にも優しい材料でてきているため、肌が弱い人にとって重宝します。また、手作り石けんをつくる人のための資格も存在しています。今日は手作り石鹸資格の人気の資格徹底比較をご紹介します。

コールド・プロセスソープマイスター

コールド・プロセスソープマイスター

コールド・プロセスソ-プマイスターとは、手作り石鹸に関する基礎知識や道具の選び方、材料、効果に応じたオイルに選びなどに精通し、個人にあったハンドソープを作ることができる人に贈られる資格です。

手作りの石鹸を作ることが好きな人や肌に優しいものがほしいという方に人気の資格です。個人にあった石鹸を作れることで、自分はもちろん同じように肌にあった石鹸が欲しいと考えている人にもプレゼントとして手作り石鹸を贈ることもできます。

コールド・プロセスソープマイスター資格取得のメリット

コールド・プロセスソープマイスター取得のメリットは、ハンドメイドでさまざまな材料から固形石鹸を作る技術を有していることを認定してくれるところです。基本的な石鹸づくりの技術はもちろんのこと、それぞれの材料やそれを混ぜたときの効果、またスキンケアや頭皮のケアに着目した指向性のある石鹸づくりなど幅広いノウハウを学び、それを実践していくことができるようになるので、石鹸好きな人や普段から自分でものをつくるのが大好きな人にはうってつけの資格といえるでしょう。

コールド・プロセスソープマイスターの仕事について

コールド・プロセスソープマイスターの仕事は、主にその幅広い知識を活用して、自分の好きな石鹸を作ったり、また相談者の好みに合わせてそのニーズにこたえられるような石鹸を提案、作成するところにあります。このため、ソープグッズを売る雑貨屋さんやホームセンターなどに勤める人も少なくありません。また、芸術性が高かったり、非常に人気のある作品を作ることができる人は、個人で受注して仕事としていくこともできるでしょう。

石鹸アーティスト

石鹸アーティスト

石鹸アーティストとは、手作り石鹸の作り方を理解しているだけでなく、その技術・知識を指導する事が出来るスキルを証明した資格です。もちろん、自分で手作り石鹸の制作のために資格を取得できますが、もし誰かに手作り石鹸のレクチャーをすることになったときにこの資格を持っておくと安心です。副業としてハンドメイド販売などをしている方にはもちろん、講師としての活動を考えている人には人気の資格になっています。

石鹸アーティスト資格取得のメリット

石鹸アーティスト取得のメリットは、石鹸の成り立ちやつくり方を熟知しており、それを他者にレクチャーできる能力を有していることを証明してくれるところです。石鹸づくりには危険物の苛性ソーダやさまざまな種類の中から材料を選択し、実際に形にしていく作業が含まれますので、それ相応の知識が必要となります。このため、基礎知識を踏まえて教えることができることをアピールすることができるでしょう。

石鹸アーティストの仕事について

石鹸アーティストの仕事は、相談者の要望を聞いて、それぞれの人に合った石鹸を制作する能力を使い、他者に石鹸づくりを指導することにあります。このため、カルチャースクールなどで自分の講座を開いて、石鹸づくりを教えたり、インターネットを使って、その知識を広めていくといった使い方をしている人も多く見かけられます。また、ソープグッズを販売する店舗などで、購入しに来るお客さんに対して適切な石鹸を選択してあげられるのも、魅力の一つといえるでしょう。

マスター・ソーパー

マスター・ソーパーはハンドメイド石けん協会が認定している資格です。ソーパーとしての知識や経験、さらに講師としての考え方のスキルをもち、協会運営を担う中心的役割りを担うことを認定された資格者です。

資格の取得後は協会が行う講習会や企画などに参加し、ソーパーの活動促進を行っていきます。こちらの資格では個人で行うよりは団体としての活動が中心となっています。ハンドメイドソープを広めたい、活動に参加したいと考えている人に人気になっています。

マスター・ソーパー資格取得のメリット

マスター・ソーパー取得のメリットは、知識や経験、技術共に兼ね備えており、さらに高い倫理観とモラルを持って石鹸づくりをする人々、カルチャーの総合的な相談役、指南役として活躍することができることを認定するものです。独力で制作することのできるシニア・ソーパーの上位資格として存在し、さまざまな活動にも参加する未来が切り開けるために、多くの石鹸づくりをする人の目指す一つの形といえるでしょう。

マスター・ソーパーの仕事について

マスター・ソーパーの仕事は、石鹸づくりをする人々の総合的な窓口として、技術指導をしたり、制作や石鹸選びの相談に乗ったりといったことが主な仕事です。もちろん講師としての教え方に関する相談にも乗ることができますから、非常に幅広いコンサルタント的な位置づけで活動する人が多いのも一つの特徴です。ある程度技術のある人にも教えることができるので、多くは講演や自分の教室を持っていたり、長年の経験や活動への参加を積極的にしている人が多い傾向にあります。また、上位資格取得者として、ソープグッズの店舗や売り場の総合まとめ役のような立ち位置で活躍する人もいます。

シニア・ソーパー

シニア・ソーパーとはマスター・ソーパーと同じくハンドメイド石けん協会が認定している資格です。マスター・ソーパーよりランクが一つ下になり、経験と実績が必要な資格です。

こちらの資格を取るとソーパーとして資格を取りたい人に講習を行ったり、試験を実施したりすることができます。ハンドメイドソープを作るためにスキルアップしたいと考えている人に人気資格です。

シニア・ソーパー資格取得のメリット

シニア・ソーパーの取得メリットは、協会規定に沿って法を順守した石鹸を作る能力を持っており、さらにそれをもとに多くの人を育成することのできる能力を認定してくれるところです。4カテゴリーに分かれた種類の石鹸を制作することができるのが条件とされており、また講師をはじめさまざまな活動に従事することもできるのがうれしい資格です。

シニア・ソーパーの仕事について

シニア・ソーパーの資格としては、専らその知識を使用して、自らの講座や教室で生徒を持って教えるといったスタイルが多いでしょう。マスター・ソーパーから指導を受けながら、自分の教室を維持していくことで、ビジネスとしての経験も育ち、独り立ちできる礎を作ることができます。また、多くの相談者に対して、その石鹸づくりや石鹸選びでの疑問を解決してあげる役割も持っており、店舗の売り場などでも活躍できる存在といえそうです。

犬の石けんマイスター

石鹸は人間が使っているものですが、ペットとして飼っている犬にも石鹸は使います。そんなワンちゃんのためにと手作りの石鹸を作る人がいます。犬の石けんに関する基礎的な知識を習得し、自分や身近な人の愛犬のため、個々の犬の特性に合わせたレシピをつくることができるのが犬の石鹸マイスターです。犬を飼っている方に人気の資格になっています。

犬の石けんマイスター資格取得のメリット

犬の石けんマイスター取得のメリットは、基礎的な石鹸づくりの知識と技術を持ったうえで、主に犬に使用する石鹸に関しての技能も持ち合わせていることを認定してくれるところです。犬に使用できるとなると、普段より低刺激で、犬特有の体質などにも気を使う必要があるため、非常にニッチな資格ながら実用性の高い資格といえるのも一つの特徴です。

犬の石けんマイスターの仕事について

犬の石けんマイスターの仕事は、主にその知識を使用しながら、犬をシャンプーするときに喜ぶ石鹸を制作できることにあります。また、犬のシャンプーに関して、さまざまな疑問や相談などを受けることができるため、ペットショップやトリミングショップで働く人も少なくありません。特にペットグッズを扱うお店では、その説明も含めとても実践力となる資格であるため、大きな仕事先として考えることができます。
手作り石鹸資格を取得できる通信講座  手作り石鹸資格を取得できる通信講座

手作り石鹸資格の学校について

手作り石鹸を習うことができる場所としては、多くのマイスターや技能者が運営する教室に通うのが最も近道であるといえます。さまざまな団体の所属者が運営していますから、将来自分が取りたい団体の資格を見据えたうえで教室を選ぶとよいでしょう。独学でも可能ですが、もっぱら通信教育での学習をして資格を取得するスタイルが無難であるようです。

手作り石鹸資格の試験難易度

手作り石鹸資格の試験難易度は、やや簡単~普通程度といったところです。多くの資格認定にはテストがありますが、実践的な実技を求められることも少なくありませんから、なかなか難易度の認定が難しいところがあります。ただ、非常に興味を持った人が資格を取りたいと考えるため、意欲のある人であれば、苦ではないでしょう。このため、合格率は高い傾向にあります。

手作り石鹸資格の給料・年収

手作り石鹸資格の給料・年収は、200万~400万ほどであると考えられます。一般的に個人で石鹸を作っている場合、バイトに毛が生えた形の給料であることも多いですが、教室を運営するとなると、少しまとまった収入が期待できます。また、名が知れて講演をすることができるようになるレベルとなると、より多くの収入を目指すこともでき、ビジネスとしても考えていくことができるでしょう。

手作り石鹸資格取得後は

資格取得後は、多くの人が自宅で石鹸を作って楽しむ傍ら、個人的に親しい人に教えるところから始まり、次第に教室を持ったり、講座を開く人が多い傾向にあります。また、ソープグッズのお店や売り場などに勤務したり、石鹸の専門店などに勤める人も少なくないので、さまざまなキャリアを考えることができます。もちろん、積極的に個人で活動し、よりビジネスとして成功する人も多く存在します。

手作り石鹸資格を取得できる通信講座  手作り石鹸資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA