キャンドル資格人気ランキング

キャンドル資格人気ランキング

キャンドル(ロウソク)の炎は、昔から祈りや癒やし効果から、日々の生活の中で利用されて来ました。さらにはフレグランスや、ルーム・ファッション、アロマとしての役割も高くなっています。そうしたキャンドルについて、資格を人気ランキングでご紹介します。

1位:キャンドルデザインマスター

1位:キャンドルデザインマスター

キャンドルデザインマスターとは

ルーム・フレグランスや、照明インテリアの代わりとして人気の、カラフルなカラー材料、蝋などを駆使して、オリジナルのキャンドル・デザインをマスターした専門職のことです。最近では、オリジナルのキャンドルを自作する事が流行りつつありますが、正しいキャンドルの製作方法から、型抜き、ガラス容器の選び方まで、幅広い専門知識を必要とします。また最近では、香りをつけたキャンドルが主流となっていますので、フレグランス、香料、アロマオイルなどの知識も必要としています。蝋細工を施した、美しい部屋に置いて楽しむ小物としての需要も高く、人気があります。

キャンドルデザインマスター資格取得のメリット

結婚式などの贈答品や、引っ越しなどの新居お祝いごとから、誕生日プレゼントまで、幅広い需要があるのと、アロマティックな香りをつけるなら、ルーム・フレグランスとして人気もあるため、オリジナル・キャンドルを通販で販売することも可能です。蝋という身近で非常に加工しやすい素材のため、材料も入手しやすく、あまり高価で特別な道具は必要ないのも、メリットの一つです。また、資格を得るために予備知識を多くは必要ないので、誰でも手軽に自分のセンスを使って、オリジナルなキャンドル製作に取り掛かれるのも魅力です。

キャンドルデザインマスターの仕事について

キャンドルは、雑貨店やフレグランス専門店を中心に、非常に昔から人気が高い商品の一つです。そのため、女性を中心に関心が高く、自分だけの作品として、通販や小売店において、販売しながら収益を得ることも可能です。キャンドルのみの専門店も東京を中心に出店も相次いでおり、個人では、通販サイトを利用して、上手にオリジナル・キャンドルを販売出来れば、専門職として独立することも不可能では無いでしょう。

キャンドルデザインマスター口コミ評判

2位:キャンドルアドバイザー

2位:キャンドルアドバイザー

キャンドルアドバイザーとは

キャンドルの基礎知識やキャンドルの作り方に関して、興味のある他人にアドバイス出来る資格というのが、キャンドルアドバイザーです。自分だけのオリジナル・キャンドルで、ルーム・ファッションを製作したいという需要は、ここ最近、非常に増加傾向にあります。キャンドルには、ガラス容器に入れた物や、お風呂場で使える湯船に浮かべて楽しむフロートタイプ、アロマオイルや香水を一緒に使った、用途によって様々な種類があります。円柱状(ラウンド)や棒状(テーパー)のキャンドルは、欧米では伝統的なスタイルで、専用の型に流し込んで制作する場合と、芯に蝋をつけながら太らせて作る製作方法が、昔から知られています。また、ラウンドタイプや、スクエアタイプのキャンドルのように自立するものは、不燃性のお皿の上などに置き、棒状など自立しないキャンドルは、専用のキャンドルスタンドなどに挿して使うため、キャンドルアドバイザーは、こうしたキャンドルの種類に応じた楽しみ方をアドバイスする専門職としても活躍できます。

キャンドルアドバイザー資格取得のメリット

ルーム・フレグランスなどに関してのセミナー、教室などを開催して、そこでの講師や、ワークショップなどで、キャンドルの作り方を教える立場として活躍できます。また最近では、身近なアートワークとして、ワークショップでもキャンドルは注目されていますので、誰もがオリジナル・キャンドル製作の楽しみを得られる、趣味としての需要を満たすことも出来ます。

キャンドルアドバイザーの仕事について

キャンドルアドバイザーの仕事として多いのは、キャンドルの製作方法の紹介、キャンドルの楽しみ方に精通しているので、一般家庭の専業主婦や、女性ならではの趣味として、教室やセミナーを中心に、受講料をとりながらの、講師として活躍することが出来ます。

キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

3位:認定キャンドルアーティスト

3位:認定キャンドルアーティスト

認定キャンドルアーティストとは

民間のキャンドル協会など、そうした正式なキャンドル制作の知識と経験や成果を求める団体が認定した、キャンドル製作のプロフェッショナルが、認定キャンドルアーティストです。キャンドルのクラフトワークについて、専門的な知識や道具の使い方、製造法に精通している事を第三者に認めて貰うことで、一定のスキルを有していることの証になります。

認定キャンドルアーティスト資格取得のメリット

キャンドルのセミナーやクラフト教室などで活躍するためには、ある程度のスキルの証明は、必要となるケースがあります。認定証があれば、その証明をもって宣伝効果も高いですし、技術や知識の裏打ちも示す事ができることになります。また、キャンドルアーティストとして名乗る場合でも、やはり第三者から認定された立場で活動するのとでは、その注目度にも差が出る場合があります。

認定キャンドルアーティストの仕事について

クラフト系の個展や、個人販売など、キャンドルアーティストとして単独で活動したり、販売をしながら、オリジナル・キャンドルを製作していく、趣味と実益を兼ねた職業を得ることが可能です。一般的な美術系アーティストのように、高額な就学を必要とせず、誰でも今すぐからキャンドルの製作から、アイデア、活用法を学ぶことが可能で、それを実際には販売などに結び付けられるメリットがあります。

4位:認定キャンドルインストラクター

4位:認定キャンドルインストラクター

認定キャンドルインストラクターとは

キャンドルに関する知識や製作方法を学べる民間団体や協会などが、独自に認めたキャンドルマスター、プロフェショナルである事を認定された、キャンドル専門のインストラクターです。ベーシックキャンドルから、ラウンドキャンドルなど、幅広いキャンドルの専門知識を有して、セミナーやワークショップ、教室などで講師やインストラクターとして、仕事に就くことも可能となります。専門の団体や協会が、第三者として認定していることから、インストラクターとしての信頼性も高めることが出来ます。

認定キャンドルインストラクター資格取得のメリット

キャンドルインストラクターの認定試験などを受験し、正式にその証明を受け取った暁には、その認定証明を提示して、講師や独自の起業などに利用して、効果的な宣伝効果を得ることも可能となります。

認定キャンドルインストラクターの仕事について
認定キャンドルインストラクターの仕事として、最もその可能性が高いのは、ワークショップや教室などで、キャンドルの専門家としての活躍の場が得られる事でしょう。キャンドルで空間をデザインすることも学べるため、イベント企画業界の方やインテリア・建築業界にも人気の仕事となっています。

5位:キャンドルマイスターディプロマ

5位:キャンドルマイスターディプロマ

キャンドルマイスターディプロマとは

”ディプロマ”とは、高等教育機関より発行される卒業証明書や業績証明書のことで、キャンドルマイスターディプロマとは、キャンドルの製作のプロや専門知識を有した、マイスターであることを認定してくれる、民間協会や団体のことを指す場合が多いです。趣味としてのキャンドルを、様々な技法や知識を得ることで、更に仕事に利用できる、経験を得る意味では価値のある資格を手にする事が出来ます。

キャンドルマイスターディプロマ資格取得のメリット

キャンドル作りが基礎から応用まで学べ、フレグランスキャンドル、スイーツ型キャンドルまで、幅広いキャンドルの実践的な制作方法や楽しみ方のコツまで掴めるため、資格所得後には、キャンドルに関する仕事や、ルーム・ファッションのアドバイザーとしても活躍出来るメリットがあります。

キャンドルマイスターディプロマの仕事について

魅力的なキャンドルの楽しみ方を、製作についても一から学べる口座などもあるため、認定講座を受講して、認定後はキャンドルに関する仕事に活かすことが可能となります。特に、ルーム・フレグランスの専門店などでは、この認定資格を活かして仕事に応えることが出来るでしょう。

6位:クリアキャンドル認定

6位:クリアキャンドル認定

クリアキャンドル認定とは

クリアキャンドルとは? パラフィンやジェルワックスを使って作る透明感の強いルーム・インテリアの一つです。それまでの着色した白色キャンドルとは違って、透明なジェルワックスやパラフィンを用いるため、出来上がったキャンドルは透明で、中に様々なオーナメントを仕込んで、部屋に飾れるアイテムとして美しい小物に仕上げる事ができます。

クリアキャンドル資格取得のメリット

クリアキャンドルの制作方法は、ようやく最近になって知られるようになってきたため、人気も非常に高く、関心も需要も高くなっています。カラーサンドや貝殻、ガラス細工やオブジェの他に、美しいガラス製品をキャンドルとして利用も出来るため、オリジナル・アート作品を制作することも可能です。

クリアキャンドルの仕事について

個人で行うキャンドル・アーティストとして、クリアキャンドルは非常に応用が効くスタイルになります。透明であるがゆえに、中に入れるオーナメント、オブジェのセンスで、高品質なキャンドル制作と、キャンドルの高い需要に、幅広い種類で応えることも可能となります。
キャンドル資格  キャンドル講座

キャンドル資格の学校について

キャンドル資格を得られる学校は、主にインターネットを中心に申し込める、手軽な通信教育がほとんどで、自宅での在宅受験となっています。テキストに沿って、キャンドル作りながら、学べる勉強法になっています。分からないことや疑問点があった時には、先生やプロに質問できる応答サポート体制なども充実しています。このような体制も着実に増えてきており、勉強しやすい環境なので女性を中心に受講者が増えています。民間団体が認定しているキャンドル資格にはいくつかの種類がありますが、それぞれの協会の公式ホームページで申し込み手続きを行うことができます。

キャンドル資格の試験難易度

キャンドル資格、認定試験の難易度はそれほど高くないのも、魅力の一つです。専門の通信教育講座も増えているため、受験前にキャンドルについての知識や実践を行ってから、安心して受験することも可能となっている場合がほとんどです。民間団体が認定しているキャンドル資格にはいくつかの種類がありますが、合格基準は平均70%以上とっています。キャンドル資格は、比較的合格しやすい資格です。しっかり勉強していれば難しい資格ではありませんので、こういった面も人気の秘密と言えるでしょう。

キャンドル資格の給料・年収

すべての資格に言えることですが、「資格を得れば収入が得られる」という確実な方法はこの世に存在しません。資格とは、あくまでその職業や仕事において、必要となる需要を満たすためにある条件の一つなので、資格を得てから、その資格をどの様に自分の仕事や、これまで趣味だったものが、仕事になるかどうかは、その人の商才やアイデア次第で変わります。ただ、その登竜門として、キャンドル資格を得ようとするのは、決して無駄ではないでしょう。もちろんキャンドル資格がなくても、ハンドメイドなどで販売することは可能です。ですが、やはり資格を取得していることで説得力もでますし、何よりお客様からの信頼を得られるようになります。それによって売り上げアップに繋がる期待がもてます。

キャンドル資格取得後は

多くの場合、資格を得たことに満足してしまい、実際に仕事や私生活に活かす機会が無ければ、どんなにプロフェショナルな技術を有しても、あまり意味ある事にはなりません。資格を有して、まずはキャンドル資格なら、オリジナルのキャンドル制作を通じて、数あるSNSやInstagram(インスタグラム)などを活用しながら、個人でも何らかの資格を活用した活動があることで、その効果は高まります。せっかく、資格を得ようとしているのですから、やはり、そうした自分だけのキャンドル制作や技術提供を通じて、出来るだけ世の中にアプローチした方が、楽しいものではないでしょうか。
キャンドル資格  キャンドル講座

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る