ファッションコーディネーター

ファッションデザイナー

ファッション店舗などでブランドイメージを活かした商品ディスプレイや販促業務を行うのがファッションコーディネーター。ファッションコーディネーターは、展示会や情報誌、他店の調査などを通じて、最新のファッションやコーディネートを分析することで、自店の客層に合わせた商品の選定やバイヤーへの仕入れ指示なども行い、店舗が取り扱う商品の方向性などを決める仕事をしています。

店舗では、最新のファッションを用いた店内ディスプレイに変更したり、コーディネートのプランニングなどを店員にアドバイスしながら、お店の方向性や統一感など店舗全体のイメージ作りなどの役目も担っております。

ファッションコーディネーターは、ファッションセンス、流行と顧客のニーズを敏感に察知出来る感性などが求められ、店全体の売上に影響を及ぼす存在でもあり、アパレルメーカーやショップには欠かせない存在でもあります。

また、店舗での勤務の場合は、来店されたお客様が希望されるファッションに応じたコーディネートのアドバイスや、お客様の雰囲気やスタイルに合った商品の提案・販売業務などの接客業を行う事も仕事の一環となっており、コミュニケーション能力なども必要なスキルとなっております。

ファッションコーディネーターの働く業界

アパレルメーカーやアパレルメーカーが運営するショップ、デパートや百貨店などのファッション専門店などで活躍をしています。

  • アパレルメーカー
  • アパレルメーカーが運営するショップ
  • デパート
  • 百貨店
  • ファッション専門店

ファッションコーディネーターになるには

ファッションコーディネーターを目指すには、ファッションに関する様々な知識が必要となるため、ファッションやコーディネートなどの専門学校などで知識を身に付け、アパレルメーカーやファッション専門店などへの就職を目指すのが一般的です。

ファッションコーディネーターの給料

  • 就業時間:200時間/月 ※就業場所による
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)2:(女性)8

ファッションコーディネーターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ファッションコーディネーターとして働く際は、日本デザインプランナー協会のファッションデザイナー認定試験や日本インストラクター技術協会の服飾士などを取得すると就職に有利です。

ファッションコーディネーターへの近道アドバイス

ファッションコーディネーターになりたいなら、通信教育や専門学校などに通いファッションに関する知識を身に付け、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のファッションコーディネーター資格ランキング!!

  1. ファッションデザイナー認定試験:日本デザインプランナー協会
  2. 服飾士:日本インストラクター技術協会

ファッションデザイナー資格の通信講座  スタイリスト資格の通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA