パーソナルカラリスト

カラーセラピー

依頼主のカラー診断を行い、その人のイメージに合った色をアドバイスするのがパーソナルカラリスト。最近は色彩が人に与える影響について注目されるようになり、自分のイメージに合った色をメイクやファッションや髪の毛の色などに取り入れる事で、自分に自信が持てるようになったり、向上心が上がったり、人から良い印象を持たれるようになったりするなどの効果を期待して、自分のイメージカラーを求められる方が多くなりました。
パーソナルカラリストは、依頼主が求める効果に合った色彩を選定するために、カウンセリングなどを行い、仕事内容や対人関係などを考慮しながら、依頼主のイメージに合った色彩を何百からなる色彩から選び色彩のアドバイスを行います。
またパーソナルカラリストは、カラーコーディネートの役目も担っており、依頼主が求める効果が期待できる色彩を部屋の壁紙やカーテンや絨毯などに取り入れる事で、より豊かな生活が送れるような配色や、気持ちを高める時、気持ちを落ち着かせたい時などに効果的な色の使い方などのアドバイスなども行っております。
パーソナルカラリストは、色彩がもたらす効果や配色調和に対する深い知識が必要とされ、美容業界やファッション業界などでカラーコーディネートなどの経験を積んでからパーソナルカラリストとしての仕事をされる方が多くみえます。

パーソナルカラリストの働く業界

アパレルメーカー、美容サロン、建築メーカー、雑貨メーカー、WEB開発会社などで活躍をしており、雇用形態は主に正社員が多く、独立してフリーランスとして働かれる方も多くみえます。

  • アパレルメーカー
  • 美容サロン
  • 建築メーカー
  • 雑貨メーカー
  • WEB開発会社
  • フリーランス

パーソナルカラリストになるには

パーソナルカラリストを目指すなら、色彩に関する知識や技術を身に付ける必要があるため、専門の学校や専門講座を受講するなどをして、アパレルメーカーや美容業界などで経験を積んでから資格を取得するのが一般的です。

パーソナルカラリストの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:19~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)2:(女性)8

パーソナルカラリストに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

パーソナルカラリストとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、(般)日本パーソナルカラリスト協会が認定するパーソナルカラリスト検定や東京商業会議所が認定するカラーコーディネーター検定などを取得していると就職に有利でしょう。

パーソナルカラリストへの近道アドバイス

パーソナルカラリストになりたいなら、専門の学校や通信講座などを受講して色彩に関する知識や技術を身に付けて、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のパーソナルカラリスト資格ランキング!!

  1. カラーセラピー:日本メディカル心理セラピー協会
  2. 色彩インストラクター:日本インストラクター技術協会

カラーセラピー資格を取得できる通信講座  カラーセラピー資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA