ジュエリーデザイナー

指輪やネックレスなど宝飾品のデザインをするのがジュエリーデザイナー。ジュエリーデザイナーは、宝石加工会社などで指輪やネックレスなどの宝飾品やアクセサリーなどのデザインを商品のコンセプトや予算に合わせてジュエリーのデザイン画や設計をします。

ジュエリーデザイナーは、宝飾品メーカーや宝石ジョップなどで作られる店頭販売用のジュエリーの制作もあれば、オーダーメイドで結婚指輪などを制作する場合など、様々な依頼に応じてジュエリーをデザインします。

ジュエリーのデザイン画は「設計図」としての役目をしており、デザイン画は原寸で描くのがルールで、その場合に、サイズなどの表記はもちろん、側面や背面など辻褄が合うようなデッサン力も必要になってきます。そして、高価な商品な為に、予算に応じた大きさや質量、宝石の種類などを見極めてデザインをしなければいけません。

オーダーメイドで製作する場合などは、お客様の要望を聞きながら、形、地金の種類、宝石の種類、予算などを考慮してデザイン画を作成します。

独立してジュエリーショップやアクセサリーショップなどを開業する方も多く存在し、その場合は、ジュエリーデザイナーの仕事のみならず、自分がデザインしたものを製造・販売まで行います。

ジュエリーデザイナーの働く業界

ジュエリーデザイナーは貴金属メーカー、ジュエリーショップ、ジュエリーブランド、宝石店などで活躍しています。独立して開業される方も多く存在します。

  • 宝石メーカー
  • ジュエリーショップ
  • ジュエリーブランド
  • 宝石店

ジュエリーデザイナーになるには

ジュエリーデザイナーになるには、特に必要な資格は必要ありませんが、ジュエリーのデザインには様々な技術が必要となる為、ジュエリーのデザイン専門学校などに通ってデザインの知識と技術を身に付け、貴金属メーカーやジュエリーショップなどへの就職を目指すのが一般的です。

ジュエリーデザイナーの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所による
  • 平均給与:18~22万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)4:(女性)6

ジュエリーデザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ジュエリーデザイナーとして働くには特に資格は必要ありませんが、GGのグラジュエイトジェモロジストや宝飾クラフト教育振興会のジュエリーデザイン画検定などを取得すると就職に有利となるでしょう。

ジュエリーデザイナーへの近道アドバイス

ジュエリーデザイナーになるには、専門学校などで必要な知識や技術を学んで、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のジュエリーデザイナー資格ランキング!!

  1. ジュエリーデザイン画検定:宝飾クラフト教育振興会
  2. ジュエリーコーディネーター:日本ジュエリー協会

CAD  ファッションデザイナー資格の通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA