メイクアップアーティスト

エステサロンや化粧品会社などでメイク専門に仕事をするのがメイクアップアーティスト。メイクアップアーティストは、美容師などが行う仕事の一部ですが、主にメイクアップを専門としており、テレビや雑誌などで俳優・女優やモデルへのメイクアップを担当する仕事です。

メイクアップアーティストは、流行りや季節に応じたメイク方法や最先端の化粧品などに幅広い知識が必要となり、メイクされる方の雰囲気や衣装や役柄に合わせたメイク、照明なども考慮したメイクなど高い技術が求められます。役柄やシーンに応じたメイクでは、特殊メイクをする事や、美しく見せるメイクとは違うメイクをするなどの特殊な技術も必要となる場合があります。

メイクアップアーティストの仕事はメイクだけに留まらず、ヘアメイクや着付けなどの美容師の役目も同時に行う事が多く、メイクアップの技術だけでなく、美容師としてのスキルも必要とされます。

また化粧品売り場などで働く場合は、お客様の顔立ち、髪型、雰囲気に合ったメイク方法のアドバイスや、お客様の肌質に合った化粧品の提案や新商品の化粧品の紹介などを行い、商品の販売なども行います。

メイクアップアーティストの働く業界

メイクアップアーティストは、ヘアメイク専門のプロダクションやサロンや化粧品メーカーなどの化粧品売り場、結婚式場などで活躍されています。独立してフリーとして仕事をしている方も多く存在します。

  • ヘアメイク専門のプロダクション
  • サロン
  • 化粧品メーカー
  • 結婚式場
  • 独立してフリー

メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストを目指すためには、メイクアップに関する様々なテクニックを習得する必要があり、専門学校などの養成施設で基本的な技術を身に付け、プロダクションや化粧品メーカーや結婚式場などへ就職を目指すのが一般的です。また、プロのメイクアップアーティストのアシスタントとして経験を積んでメイクアップアーティストを目指す方も多くいます。

メイクアップアーティストの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※化粧品メーカーとして
  • 平均給与:16~18万円/月
  • 男女比率:(男性)3:(女性)7

メイクアップアーティストに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

メイクアップアーティストとして働く際には、国際美容連盟が認定する国際メイクアップアーティスト試験や(社)日本メイクアップ技術検定協会のメイクアップ技術検定などの資格を取得すると就職に有利なるでしょう。

メイクアップアーティストへの近道アドバイス

メイクアップの専門学校などに通い、メイクアップの技術やテクニックを身に付けて、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のメイクアップアーティスト資格ランキング!!

  1. 国際メイクアップアーティスト試験:国際美容連盟
  2. メイクアップ技術検定:日本メイクアップ技術検定協会
  3. メイクアップ検定:日本メイクアップ連盟

ファッションデザイナー資格の通信講座  フラワーアレンジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA