骨格診断資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介

骨格診断のスペシャリストとして証明できる資格は?学習方法や通信講座などを紹介

近年では骨格診断によって、ファッションやヘアスタイルで自身に似合う服を見つけたり、スタイルアップを目指す動きが多く見られます。

アプリなどインターネットで簡単に自身の骨格は調べられますが、診断結果からひとりひとりに合ったファッションなどをアドバイスできるのは骨格診断のスペシャリストでしょう。

骨格診断のスペシャリストについて、仕事内容や年収をはじめ代表的な資格や取得方法を紹介します。

骨格診断について

人は大体3つのタイプの骨格に分かれますが、筋肉の付き方や身体のラインなど個人差があります。

骨格診断では骨格の特徴を診断し、それぞれにあった洋服、色、ヘアスタイルを導き出します。

骨格診断に関する資格は基本的な知識の保有だけでなく、骨格に悩む人やスタイルアップを目指す人に、様々な部位のストレッチ方法をアドバイスできる証明になります。

他者の悩みに寄り添い、自信や感動を与えられる有意義な資格だと言えるでしょう。

また自分の骨格や洋服に関する悩みも解消できるため、自信に繋がる、メリットの多い資格でもあります。

骨格診断のスペシャリストの資格の必要性と学習方法

骨格診断のスペシャリストの資格の必要性と学習方法

インターネットの普及により現在はアプリなどで質問に答えるだけで簡単に骨格診断ができます。

しかし、肌の質感や筋肉のつき方などは質問や画像などでは分かりにくく、診断後にコーディネートをするには専門的な知識が必要です。

他者から見て似合っているかも重要な観点になるため、骨格や似合う服を明確に知りたい場合はネットだけでは不十分でしょう。

骨格診断資格の取得は、骨格タイプによる似合うファッションや診断できなかった場合のアドバイスもできる証明になるので、就職の際は大いにアピールできます。 

骨格診断の知識は養成講座やセミナー、通信講座での学習が可能で、卒業後はファッション関係や骨格診断の専門的なサロンなどで活躍できるでしょう。

養成講座を受講する場合、多くの知識をプロから伝授し身につけられますが、学費の他にも入会金や通学費などが必要です。

子育て中の人や現在仕事をしている人が骨格診断の資格を取得したいと思った場合、養成講座に通うのは困難を極めます。

その点通信講座は自宅で学習できるので、多額の金額や無駄な時間をかけず骨格診断の資格取得が可能です。

時間に限りがあったり、自分のペースで資格取得したい人は通信講座がおすすめです。

骨格診断のスペシャリストの仕事内容・主な勤務場所・年収

骨格診断のスペシャリストの仕事内容・主な勤務場所・年収

骨格診断の資格を活かして働く場合、職業や仕事内容によって年収は変わります。

骨格診断に関する勤務場所や年収などをまとめました。

アパレル販売員

店舗にくる人の洋服の購入意欲や需要を判断し、販売するのがアパレル店員です。

骨格診断の知識を活かして、悩みや骨格を診断し、似合うファッションやスタイルアップできるコーディネートを提案できるでしょう。

また、販売員も歩くマネキンと言われるほど自社の服を魅力的に着こなす必要があるため、自分の骨格を知っておく必要があります。

自身の骨格やファッションに関する悩みを基に、顧客の悩みにも寄り添い解決すれば信頼を得られ自身のインセンティブにも繋がります。

年収は、役職やインセンティブにもよりますが240〜300万円ほどです。

スタイリスト

芸能人やタレントのようにテレビや映画、雑誌に出演する人のファッションなどをトータルコーディネートするのがスタイリストの仕事内容です。

スタイリストとして勤めるには特別な資格は必要ありません。

しかしテーマに合わせた素材や色、服などを考慮し個々にあったファッションを組む必要があるため、専門的で幅広い知識が必要です。

また現場でもたくさんのスタッフや関係者と打合せをするため、コミュニケーション能力も大切です。

既にスタイリストとして活躍している人も、資格取得で更なるキャリアアップが可能となるでしょう。

年収は経験や実力によって異なりますが、平均的には200~500万円ほどです。

独立して自宅で開業

資格取得後は、自宅で骨格診断サロンを開業できます。

独立で最も大変なのは集客と言われていますが、顧客がつけば口コミなどで広まり軌道に 乗るでしょう。

会社員としてサロンなどで経験を積み、その後独立する方法もあります。

独立して開業するためには、更に専門的で幅広い知識とコミュニケーション能力が必要です。

年収は自身の頑張り次第で異なります。

骨格診断のスペシャリストとしてのやりがい

骨格診断のスペシャリストとしてのやりがいは、自分や他者が悩みを解決しファッションを楽しめるようになる瞬間です。

似合う服が見つからない、似合っているのか分からないなど悩みを抱えて過ごしている人に自身の骨格の経験を活かして寄り添います。

その結果、親近感や信頼度が増して相談したり話しやすくなるでしょう。

骨格診断に伴った洋服の選び方やスタイルアップ方法だけでなく、コンプレックスに感じている骨格に対してのストレッチ方法もアドバイスできるため、多くの人の悩みや不安を解決できます。

骨格を整えるために、肩甲骨や脚、股関節などのストレッチが必要な理由や方法は、インターネットやアプリの骨格診断は教えてくれません。

骨格診断後の洋服や骨格に関する適切なアドバイスや指導は最も重要なのです。

重要だからこそ他者の好みを無視しないように、アドバイス方法や伝え方に注意する必要があります。

気に入っていた服の形や色が、自分に似合っていなかったと診断結果から分かっても、好みはなかなか変えられないものです。

好みを無視して押し付けるのではなく、好みを活かしつつ新しいファッションに導くのが骨格診断資格保持者の大切なポイントといえます。

また似合うデザインや素材のアドバイスだけでなく、ストレッチや骨格と呼吸の関係などを説明できるのは、スペシャリストだけです。

色や素材をはじめ髪型や骨格とストレッチの関係など幅広い知識が必要ですが、他者の悩みを解決できた時は、最もやりがいを感じられる瞬間でしょう。

また自分に似合う服が分かり、褒められた時も嬉しい瞬間です。

骨格診断の代表的な資格 

骨格診断の代表的な資格

骨格診断に関する知識の証明として、いくつかの資格があります。

その中から4つ紹介します。

骨格診断士

骨格診断士は日本インストラクター技術協会(JIA)が発行している資格です。

JIAは主に教える力の技術の向上や、各現場での社会的な地位の確率を目指している協会で他にも様々なアドバイザーやインストラクターの資格を発行しています。

認定している資格は骨格診断士をはじめ、多岐にわたります。

骨格診断セラピスト

骨格診断セラピストは日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が発行している資格です。

JAAMPは心のケアを中心とした、技術者の育成を目標にジャンルを問わず様々な資格を発行しています。

心理セラピー協会では、癒しの資格や、占いの資格も認定しています。

骨格診断アドバイザー

骨格診断アドバイザーは、一般社団法人日本顔タイプ診断協会が発行している資格です。

資格の取得には同協会の骨格診断アドバイザー認定講座の受講が必要となります。

顔タイプ診断も同時に学べるため、顔タイプと骨格診断でそれぞれ似合う服が異なる場合のポイントやアドバイスの方法が学べます。

骨格スタイルアドバイザー

骨格診断スタイルアドバイザーは社団法人骨格スタイル協会(PSA)が発行している資格です。

PSAは個々の体型に合うファッションの楽しみ方をアドバイスし、骨格スタイルアドバイザーの普及や地位の確立を目指しています。

骨格診断のスペシャリストになるためにおすすめの資格

骨格診断のスペシャリストになるためにおすすめの資格

骨格診断の知識を基に働く際に、資格は必須ではありませんが、資格取得で就職の際は有利になり即戦力としても活躍できます。

その中でおすすめなのが以下の2つの資格です。

骨格診断セラピスト

自身の骨格について理解し、似合う服が分かるのはもちろん、身近な人やアパレルの販売員として働く際にも役に立つ資格です。

骨格診断セラピスト資格の取得で、基本的な知識だけでなく、骨格別の特徴やスタイルアップできる着こなし方法の知識がある証明になります。

アパレル販売員としてだけなく個人的な趣味の幅が広がる他、キャリアアップにも繋がるでしょう。

協会が開催している試験は以下の通りです。

受験料10,000円(消費税込)
受験方法在宅
合格基準70%以上
申込方t法インターネット

また、試験は以下の日程で開催されます。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2.4.6.8.10.12の年に6回)
申込期間受験したい月の1ヵ月前の1日から月末まで
例:2月受験の場合は1月1日から31日まで
試験期間受験したい月の20日から25日の6日間
答案提出期限受験した月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表翌月の20日

2ヵ月に1回偶数月に試験が開催され、申し込みは前の月の初日から開始されます。

自宅での受験のため、答案を自身で期限までに郵送する必要がありますが、合否発表はホームページから簡単に確認できます。

骨格診断セラピスト

骨格診断士

骨格診断士は骨格に関する基本的な知識はもちろん、診断ができない場合の解決方法などの知識を持っている証明になります。

骨格と呼吸との関係や骨格にまつわるストレッチ方法も理解していますので、サロンの講師や、独立してサロンを立ち上げたい人に向いている資格といえるでしょう。

協会が開催している試験は以下の通りです。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
申込方法インターネットからの申込み

また、試験日は以下の日程で開催されます。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2.4.6.8.10.12の年に6回)
申込期間該当付きの1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月の試験の申込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限該当月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表翌月の10日

試験の開催期間や申し込み期間などは骨格診断セラピストと同じですが、合格発表が早めになっています。

骨格診断士も自宅受験で答案の郵送期限がありますので注意が必要です。

骨格診断士

資格取得におすすめの資格講座

資格取得におすすめの資格講座

骨格診断セラピストと骨格診断士の資格取得には、通信講座の受講がおすすめです。

講座には試験対策ができる教材や、2つの資格が試験免除で取得できるコースがあるので、それぞれのニーズにあう方法で資格取得が可能です。

骨格診断セラピストW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの骨格セラピストW資格取得講座は、資格協会が認めた教材で2種類の講座から選べます。

以下は基本講座の概要です。

対象となる資格骨格診断セラピスト骨格診断士
受講料59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヵ月
(最短2ヵ月)
添削回数5回

プロ監修の教材や、完全個別指導などの充実したサポートで、初心者でも安心して学習に取り組めます。

基本講座は、卒業後に協会が開催している試験を受け、合格後に資格取得となります。

一方スぺシャル講座の概要はこちらです。

対象となる資格骨格診断セラピスト骨格診断士
受講料79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヵ月
(最短2ヵ月)
添削回数 5回+卒業課題1回

スペシャル講座は、基本講座より受講料は上がるのですが、試験免除で2つの資格を同時取得できます。

2つの資格の同時取得は、幅広い知識が得られ即戦力として認識されるため、大きなメリットと言えるでしょう。

試験を受験する必要がないため、早く確実に資格取得したい人や同時取得したい人、資金に余裕がある人に向いている講座です。

また、分割での支払い方法もあるのでそれも踏まえて検討してみましょう。

骨格診断セラピストW資格取得講座

骨格診断資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの骨格診断資格取得講座も、資格協会が認めた教材で2種類の講座から選べます。

以下は基本コースの概要です。

対象となる資格骨格診断セラピスト骨格診断士
受講料59,800円
受講期間6ヵ月
(最短2ヵ月)
添削回数5回

こちらも協会認定の講座で、早い人は最短2ヵ月で卒業できます。

自宅にて自分のペースで学習後、自身で試験の申し込みや試験を受ける必要があります。

初期費用を抑えたい人や、どちらかの資格のみの取得を希望する人に向いているでしょう。

無料で何回でも質問できるなど、受講サポートも充実しているため、不安や悩みも解消できます。

プラチナコースの概要はこちらです。

対象となる資格骨格診断セラピスト骨格診断士
受講料79,800円
受講期間6ヵ月
(最短2ヵ月)
添削回数5回+卒業課題1回

プラチナコースも卒業課題の提出により、試験免除で2つの資格が同時取得できます。

短期間で資格を取得したい人や、資金に余裕がある人に適したコースです。

骨格診断セラピストと骨格診断士の同時取得で、多くの専門的な知識を得て今後の自身の活動に大いに活かせるでしょう。

卒業後に受験する場合は1回につき1万円の受験料が必要なため、双方の資格を取得したい場合は、受講料の中に受験料が含まれているイメージです。

受験する際の手間と確実さを考えると、プラチナコースは基本コースよりお得でしょう。

骨格診断資格取得講座

骨格診断資格を活かして最高のコーディネートを!

骨格診断は自他共に活かせる資格です。

似合う服が分からない人や、似合う服を見つけたい人は骨格診断の基本的な知識だけでなく骨格の様々な知識を学び自身の悩みを解消できます。

悩みが解消できればその経験を基に他者にも寄り添い、説得力のあるアドバイスができるでしょう。

来店する人の似合う服を提案するアパレル販売員や、個々の骨格から服や素材なども導き出す骨格診断サロンでの勤務で資格が活用できます。

他者にアドバイスする際は、骨格診断に基づいたファッションだけでなく、本来の好みを活かした新しいスタイルの発見が大切です。

骨格診断に関する職に就きたい人は、協会認定の2つの資格が同時取得できる通信講座の受講がおすすめです。

骨格診断の資格を活かして様々な人の悩みを解決している自分の姿を想像し、まずは通信講座について調べてみて下さい。