着物着付け方資格人気ランキング

一般的には「和服」と言われる日本の伝統的な民族衣装が、着物と呼ばれる服飾です。懸布(かけぎぬ)呼ばれる服の型の一つで、一つの反物を帯状に裁断し、直線的に仕上げてるのが特徴です。独特の採寸で、着る人の身体に合わせてオーダーメードされたものから、浴衣のような日常生活で着ることが出来るタイプなど、外出から普段着まで活用できる服飾です。着物の下に着用する長襦袢と帯とセットで構成され、慣れた人では一人で着付けが出来ますが、現代ではなかなか着物を着る機会が少なくなったので、着付けを習いたい人が非常に増えています。

1位:着物マイスター

日本古来から続く伝統的な和服の歴史や、文化、あるいは着物の種類、反物の選び方、着物を選ぶコツ、着付け、着物と合うシチュエーションなど、様々な総合知識を備えているのが着物マイスターです。日本には独特の習慣が今でも色濃く残っており、お葬式、和装の結婚式、成人式や卒業式、入学式では今でも着物が人気です。また和装にはそれに合った髪型、メイク法などがあり、また着物にも振り袖と、留袖などがあります。

格式とシチュエーションに合わせた適切な着物を選ぶ必要があり、なおかつ着付けでは帯の結び方にも、しきたりや伝統が反映しています。和服の正装は留袖ですが、これはお葬式だけではなく、公式な催しでは礼装として扱われす。こうした着物に関する様々な知識を活用して、着物マイスターは講師やセミナー、マナー教室、あるいは着付け教室などで活躍する事が出来ます。

2位:着付け方インストラクター

着物を着ることは、「着る」とは呼ばず、「着付け」と呼ばれます。着物を羽織って、袖を通すことから、背中を合わせて後衿をピンと立ててうなじを見せるなど、その着付けは全てにおいて、厳格な型が決められています。例えば浴衣の着方は、「くるぶし、指3本、のど」などと呼ばれるように、着物の着方は非常にその種類によって変わります。「帯の結び目は立てる」などルールが決められており、着物の着付けは、和服を着た時の立ち姿、振る舞いにも影響を与えます。

しかもそれでいて、非常に着付けの手順は数が多く、また厳格に決められたスタイルをつくり上げるので、着物に慣れていない人では、一人で着付けを行うのは至難の業です。また帯の結び方も名古屋帯のお太鼓結び、角だし結び、銀座結びなどのオーソドックなものから、振り袖独特の立て矢結び、花流水矢結び、花結びなど、とても種類が多いです。浴衣は特に帯の結び方は重要で、着物は背中側からでも人に見られることを想定して、着付けを行わなければなりません。

着付け方インストラクターは、これだけ膨大な着付けの仕方の技術や結び方のコツや種類などに習熟した、実用的なインストラクターです。職業としては着付け教室などで活躍できるでしょう。

3位:着付け技能検定

国家資格である技能検定制度の着付け技能士など、着物の着付けについて誰よりも詳しく、その着付けのプロフェッショナルとシて認めらる認定試験が、着付け技能検定です。学科試験と実技試験が実施され、他人に着物を着付ける業務としての能力を推し量る検定試験となります

。平成21年10月15日付けの政令改正にによって、新たに技能検定試験の対象職種となったのが、着付けになります。合格者には等級に応じて級数が付与され、着付けの知識と技能を持ったことを証明する「名称独占資格」となります。検定を受ける資格としては、1級実務経験2年となっています。

着物の歴史、知識と男女の着物の違い、織物、染め物のチキ、着用時季、着物の用途別種類や帯の種類など、様々な知識を問われることになります。着物に関する職業とした場合は、この検定合格が一つの目安になるでしょう。

4位:きものコンサルタント

日本文化である作法、和装におけるマナーや装道といった、礼法に関する知識と、着物全般の知識を持つことで、きものコンサルタントとして活躍できます。趣味としての着物の専門的な知識を得るだけではなく、着付けや一般的な和装の上を行く職業かもしれません。例えば、着付けは装道では「着装」と呼ばれ、装いの技や、術、礼儀作法までを含めた知識、経験を必要とします。

きものコンサルタントはそうした、総合的な和装における全てを網羅した、日本の心を伝える職業となります。着物を着つけると自然と日本の伝統文化を表現することにつながり、日本には、「衿を正す」、「折り目を正す」、「躾をかける」、「つつましく」といった、着物由来の言葉があります。そうした独特の日本の知恵と教養を伝えるのが、きものコンサルタントです。

5位:着付け師

顧客から依頼を受けて、着物を手早く、美しく着付ける、専門職が着付け師です。結婚式場、入学式、卒業式、あるいは葬礼では非常に需要のある職業です。、状況に合わせた着付けを行うだけの技術が求められ、その分野は非常に多岐にわたります。ブライダル関係では和装において高い需要と要求が今でも多く、その活躍の場はたくさんあります。

単に着付け専門ではなく、その時季やシチュエーション、顧客の雰囲気を感じ取って、自他共に美しく着こなすのがその目的となります。雇用も多く、常に求人があるのも着付け師の特徴です。個人で教室運営の他に、イベントや冠婚葬祭で出張業務で働く着付け師もいます。花嫁衣装や撮影用、舞台用などさまざまな着付けがあるので、1年を通じて仕事があるのが特徴です。

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る