ファッションデザイナー

帽子の企画・デザイン・製造を行うのが帽子デザイナー。帽子デザイナーは制作する帽子のコンセプトや用途に応じて帽子を企画し、デザイン画を作成する際には、帽子の色やデザイン、使用する素材、飾りのデザイン、そして着用する性別や年齢層などを考慮して作成します。

帽子の種類には、ベレー帽、キャノチエ、シルクハットなどのオーソドックスなものからカジュアルなものまであり、素材もフェルト、布、革、合成皮革など種類も素材も豊富にある中から、コンセプトにマッチした組み合わせを選定してデザインを起こしますので、帽子の知識や素材の知識はもとより、多種多様の製作テクニックも必要とされています。デザインが決まれば、縫製工場などに依頼をして見本を作る場合と、自らパターンを起こして裁断から縫製まで行う場合と帽子デザイナーによって分かれる事があります。

また、近年では、帽子はファッションの一部として欠かせないアイテムとなってきており、ファッションデザイナーと連携して、流行のファッションに合わした帽子の制作を行う事が増えてきている事から、帽子デザイナーは帽子のみならず洋服などへの広い情報収集も必要となってきています。

帽子デザイナーの働く業界

帽子デザイナーは帽子メーカーやアパレルメーカー、帽子のアトリエなどで活躍しています。個人でアトリエを運営し、ブティックなどからの依頼を受けて仕事をしている方も存在します。

  • 帽子メーカー
  • アパレルメーカー
  • デザイン事務所
  • アトリエ

帽子デザイナーになるには

帽子デザイナーを目指すには、帽子に関する様々な知識や技術が必要とされる事から、服飾やデザインの専門学校などで基本的な知識と技術を身に付け、帽子メーカーやアパレルメーカーなどに就職を目指すのが一般的です。

帽子デザイナーの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:16~19万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)4:(女性)6

帽子デザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

帽子デザイナーとして働く際には、日本ファッション教育振興協会の洋裁技術検定やファッションデザイナー認定試験などの資格を取得していると就職には有利でしょう。

帽子デザイナーへの近道アドバイス

帽子デザイナーになりたいなら被服専門学校やデザイン学校などに通い、基本的な知識や技術を身に付けて帽子メーカーやアパレルメーカーへの就職を目指すのが一番でしょう。

今業界で人気の帽子デザイナー資格ランキング!!

  1. 洋裁技術検定:日本ファッション教育振興協会
  2. ファッションデザイナー認定試験:日本デザインプランナー協会
  3. 服飾インストラクター:日本インストラクター技術協会

ファッションデザイナー  スタイリストになれる

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る