ファッションデザイナー

編み物のニットに関する企画・デザイン・製品化を行うのがニットデザイナー。近年、需要が高まっているニットは、広い意味で編み物の総称として使われており、ジャケットやブラウス、スカート、ワンピースなど多彩なニット製品が商品化されており、それらニット商品をデザインするのがニットデザイナーです。

通常、被服品を製造する場合は、企画・デザイナー・パタンナー・裁断士・編み手などと担当の役割分担がされて何人もの手を渡って完成に至りますが、それに比べてニット商品は、ニットデザイナーが商品の企画・デザイン・テキスタイル作り・製品化までの全ての工程に一貫して関わる為、その仕事は多岐に渡ります。またニット製品には他の服装品と違う所として、生地となる部分がニットである為に、多種多様の中から毛糸となる素材選び、製品や用途に応じた編み込み方や手法、毛糸・編み方によって変化する伸縮率、編み込みした場合の柄や模様の染色等の計算、さらには編み込みをする機械までを考慮して生地を作らなければならず、ニットに関する深い知識が必要とされます。

また、ニットデザイナーは商品の形となる平面的なデザインだけでなく、毛糸の種類や編み込み方や手法による立体感的なデザインの表現・認識が出来るセンス、ニットと付随して手芸に関する知識や技術が求められる仕事です。

ニットデザイナーの働く業界

アパレルメーカー、ニットメーカー、毛糸メーカー、ニットショップなどで活躍をしています。中には独立してアトリエを開いたり、オリジナルブランドを立ち上げている方も存在します。

  • アパレルメーカー
  • ニットメーカー
  • 毛糸メーカー
  • ニットショップ

ニットデザイナーになるには

ニットデザイナーを目指すには、ニットや手芸に関する知識や技術が必要とされ、専門学校などに通い、基本的な知識や技術を身に付けアパレルメーカーやニットメーカーなどに就職を目指すのが一般的です。

ニットデザイナーの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:20~22万円/月
  • 男女比率:(男性)1:(女性)9

ニットデザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ニットデザイナーとして働く為には、特に必要な資格はありませんが、(公)日本編物検定協会の毛糸編物技能検定や国家資格のニット製品製造技能士などを取得していると就職に有利になるでしょう。

ニットデザイナーへの近道アドバイス

ニットに関する専門学校などに通い、知識や技術を見に付け、資格を取得すると良いでしょう。

今業界で人気のニットデザイナー資格ランキング!!

  1. 毛糸編物技能検定:日本編物検定協会
  2. ニット製品製造技能士(横編みニット製造作業):中央職業能力開発協会(JAVADA)
  3. ニット製品製造技能士(丸編みニット製造作業):中央職業能力開発協会(JAVADA)

ファッションデザイナー  スタイリストになれる

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る