ネイルの資格取得で目指せる職業とは?代表的な資格やおすすめの通信講座をご紹介

ネイルの資格取得で目指せる職業とは?代表的な資格やおすすめの通信講座をご紹介

ネイルは人に見られやすい指先を着飾れるため、女性にとって関心の高い分野です。

近年ではネイルをする男性も増加傾向にあり、ネイルへの関心度も高まっています。

しかし一般的にネイルの価格は高く、自分でもネイルを施せるようになりたいと考える人も多いです。

ネイルに興味のある人の中には、ネイル資格を取得して就職したいと考えるケースも少なくありません。

ネイルに関連する資格について、仕事内容や勤務先、資格取得の必要性やおすすめの通信講座などをまとめました。

ネイルについて

ネイルとは、手足の爪を着色したり、着飾ったりするお化粧全体を意味します。

古代エジプトでは、爪に着色を施す文化がすでにあったそうです。

日本でも平安時代から爪に色を施す文化があったとされています。

一口にネイルといっても種類が多く、ジェルやアクリルネイルなどが有名です。

それぞれを施すには知識だけでなく、色彩感覚も必要とします。

ネイルアートを顧客に施すのが、ネイリストの主な仕事となります。

ネイル資格の必要性と学習方法

ネイル資格の必要性と学習方法

ネイルの資格は、ネイリストに必須ではありません。

しかしネイルの世界は奥深く、初心者や知識の証明ができない人は採用されづらいです。

個人で活躍する場合も、資格の有無が信頼に関係します。

ネイルの知識は専門学校や書籍、通信講座などを活用して学習可能です。

資格取得後や卒業後は証明書や資格などで、ネイルの知識を客観的に証明できます。

しかし専門学校は学費や通学費が高く、卒業までに1年以上かかる場合もあります。

経済的や時間的に余裕がある人でないと、選択肢に入れにくいでしょう。

社会人や子育て中の人にとっては、現実的な学習方法とはいえません。

書籍で学習する場合は知識の定着度が確認できないうえ、質問があっても問い合わせできない、問い合わせ先が分からないケースも多いです。

また自分が知りたい内容でない可能性もあるうえ、資格のように合格証明書が発行されず、客観的に知識の有無を証明するのは難しいでしょう。

隙間時間に学習したい人やコスパよく学習したい人は、通信講座の利用を検討してみてください。

通信講座ではネイルにポイントに絞った学習を効率的にできるため、忙しい人でも取り組みやすいです。

また、費用も専門学校に通うよりも大幅に低くできるため、お財布に優しくネイル資格取得を目指せます。

副業でネイリストを目指したい人や自宅でネイルサロンを開きたい主婦の方は、通信講座の活用を検討してみてください。

ネイリストの仕事内容・主な勤務場所・年収

ネイリストの仕事内容・主な勤務場所・年収

ネイリストの仕事は、勤務場所や仕事内容により年収が異なります。

ここでは主な勤務場所について、仕事内容や大まかな年収をまとめてみました。

ネイルサロン

ネイルサロンには、ネイリストが多く勤務しています。

仕事は、ネイルサロンを訪れた人にイメージを聞き、デザインを提案して、実際にネイルを施すという内容が大半です。

店舗で勤務する人が多いですが、実績を積めば独立して自宅でネイルサロンを開けます。

年収は店舗の大きさに左右されますが、200万円〜500万円ほどです。

人気ネイリストになり指名が増えると、さらなる高収入も目指せます。

またネイリストとして実績を積むと、店長に抜擢される可能性もあります。

結婚式場や美容室

ネイリストの知識は、結婚式場や美容室など美容に関連する施設で役立ちます。

場合によってはネイルだけでなく、着付けやエステ、ボディジュエリーの知識も求められるかもしれません。

またネイルサロンとは違いネイリストの数が多くないため、経験者のほうが優遇されやすいです。

さらに、結婚式で目立つネイルの知識も求められるでしょう。

年収は、150万円〜400万円が基準です。

カルチャースクール・自宅開業で講師

ネイルの知識はネイリストを目指す人や趣味でネイルを行いたい人を対象に、カルチャースクールや自宅開業で講師をする際に役立ちます。

座学だけでなく、実際にネイルを施しながら指導するケースもあり、幅広いデザインの知識が求められます。

年収は、450万円前後が相場といえるでしょう。

ただしカルチャースクールの規模、授業回数にも左右されるため、さらに高収入も期待できます。

また、自分でオンラインを通じてネイルの知識を伝えると、高い収入も手に入るかもしれません。

ネイリストとしてのやりがい

ネイリストの大きなやりがいになるのは、ネイルを施した人が幸せな気分になる様子が見られる点です。

美しいネイルは気分を高揚させ、自分に自信を持たせてくれます。

今まで元気がなかった人も、ネイルを施すだけで気分が変わる可能性があります。

また結婚式をはじめとする特別な記念日のネイルを施し、特別な思い出の手助けができるのは、大きな喜びになるでしょう。

一方で、仕事をする際に注意すべき点があります。

一つは、最新のデザインを勉強し続ける必要がある点です。

ネイルのトレンドは変わりやすく、新しいデザインが次々に登場します。

新しいデザインを施せないと、顧客から選ばれない可能性があります。

ファッション誌やサイトの情報を常に確認し、アンテナを張りましょう。

もう一つは、美意識を高く持つ点です。

ネイリストは華やかな職業のため、身だしなみも大切といえます。

自分の爪も美しく着飾り、化粧の仕方にも工夫しましょう。

ときには自分の爪も、他のネイリストにお願いして、綺麗に整えるとよいでしょう。

ネイルの代表的な資格 

ネイルの代表的な資格

ネイルに関連する資格は、複数あります。

一つないし複数取得すると、ネイリストの道も広がるでしょう。

以下に3つの代表的な資格をまとめてみました。

JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験は、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が発行する、ジェルネイルに関連する知識を証明する資格です。

試験は3つの級に分類されており、全ての級に実技試験があります。

義務教育を修了している方であれば、初級からチャレンジできます。

ネイルデザイナー

ネイルデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)がファッションやカラーデザインに関連する資格の一種として発行している資格です。

JDPでは、デザイン技術のスキルを証明する資格を多く取り扱っています。

ネイルデザイナー資格を取得すると、デザイン力に精通したネイリストとして活躍できるでしょう。

ネイルアーティスト

ネイルアーティスト資格は、日本インストラクター技術協会(JIA)が発行している資格です。

JIAでは、指導に関連するスキルを証明する資格を多く運営しています。

資格取得後は、ネイルアーティストとして部下や後輩の育成業務にも携われます。

ネイリストになるためにおすすめの資格

ネイリストになるためにおすすめの資格

ネイリストを目指す場合、資格がなくても就職や活動できます。

しかし代表的な資格を取得しておくと、就職や個人の活動の際に有利に働く可能性が高いです。

数多くある資格の中でも、特におすすめの資格をご紹介します。

ネイルアーティスト

ネイルサロンや講師としてネイルの指導がしたい場合、「ネイルアーティスト」がおすすめです。

ネイリストの基本的な知識である爪の構造や道具、接客・マナーなどの知識が証明されます。

化粧品学の知識も身につくため、結婚式場でネイリストをしたいときにも活用可能です。

以下に協会が行うネイルアーティスト資格試験をご紹介します。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

試験の受験資格はなく、誰でも挑戦可能です。

在宅受験が可能なため、多忙な人も受験しやすい環境が整えられています。

受講料は10,000円(税込)で、協会の公式サイトの資格ページから申し込みます。

また、試験日程は次の通りです。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12の1年に6回)
申込期間該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限該当月の30日(2月のみ28日)
合格発表翌々月の10日

試験は偶数月に開催され、試験の1ヶ月前の初日から末日まで申し込みできます。

試験期間は6日間設定されているため、定められた期日までに問題を解き、期限までに協会に提出します。

合格発表は、翌々月の10日に、協会のホームページ上で確認可能です。

合格するとネイルアーティストを名乗り、活動ができます。

ネイルデザイナー

ネイルサロンを開業したい人や美容室で実力のあるネイリストを目指す人には、「ネイルデザイナー」がおすすめです。

日本デザインプランナー協会はデザインに関連する知識を証明する資格を多く発行しているため、自分のネイルデザインに自信がつくようになるでしょう。

もちろん、ネイルケアの手順や色彩論理などの知識も証明できるため、講師活動をしたい人にもおすすめです。

以下に、協会が行うネイルデザイナー資格試験の内容をまとめました。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

試験に申し込むと郵送で解答用紙が送付されます。

受験料は、代金引換で行います。

合格基準は70%以上と公表されており、合格するとネイルデザイナーとして活躍可能です。

試験日程は次の通りです。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12の1年に6回)
申込期間該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限該当月の30日(2月のみ28日)
合格発表翌々月の10日

申込期間は、受験を希望する前月の初日からです。

余裕があるからと油断せず、早めに申し込むとよいでしょう。

合格発表と試験の日程は、おおむねネイルアーティストと同じです。

資格取得におすすめの資格講座

資格取得におすすめの資格講座

ネイルアーティストとネイルデザイナーは協会の試験を受けるほか、協会が認定した通信講座を活用すると資格取得できます。

急いで資格取得したい人や合格できるか不安な人は、通信講座の利用がおすすめです。

卒業課題の提出で確実に資格取得できるコースがあり、憧れのネイリストに近づけます。

ネイルデザイナーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「ネイルデザイナーW資格取得講座」は、ネイルに関連した内容が用意されています。

講座は2種類用意されており、自分で試験を受験して資格取得を目指すコースと卒業課題提出で資格を同時に取得できるコースです。

基本講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格・ネイルアーティスト
・ネイルデザイナー
受講料85,0000円
分割:4,000円×24回(初回4,029円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

基本講座は自分のペースで試験を受けて資格取得を目指したい人、予算を抑えたい人におすすめです。

最短2ヶ月で知識がつくように考えられたテキストや添削問題で学習できます。

スペシャル講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格・ネイルアーティスト
・ネイルデザイナー
受講料105,000円
分割 4,900円×24回(初回5,925円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

スペシャル講座は、卒業課題の提出で、ネイルアーティストとネイルデザイナーの同時取得が目指せるコースです。

確実に資格取得ができるため、履歴書に厚みを持たせられます。

急いで資格取得を目指している人にもおすすめです。

テキストは基本講座と同じく、プロによる監修を受けているため、効率的にネイリストの知識が手に入ります。

分割での支払いも可能のため、利用しやすいでしょう。

両方の資格を取得すると、知識の深さをアピールできるため、就職の際に有利になる可能性があります。

ネイル資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの「ネイル資格取得講座」は、基本コースとプラチナコースの2種類が用意されています。

それぞれの詳細について紹介します。

基本コースの内容は、以下の通りです。

対象となる資格・ネイルアーティスト
・ネイルデザイナー
受講料85,000円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

受講料は諒設計アーキテクトラーニングの基本講座と同じで、費用を抑えて学習できます。

自分で試験を申し込むタイミングを調整できるため、忙しい人も利用できるでしょう。

分かりやすいテキストと、質問しやすい環境が整えられています。

添削はプロによる指導が受けられるため、知識が全くない状態から資格取得が目指せるでしょう。

以下は、プラチナコースの内容です。

対象となる資格・ネイルアーティスト
・ネイルデザイナー
受講料105,000円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

プラチナコースは、確実に資格が欲しい人におすすめのコースです。

基本コースと同じテキストと添削が受けられるため、知識の定着度を確認しながら学習できます。

学習後卒業課題の提出により、同時資格取得が可能です。

急いでいる人や資格を取得して就職を有利に進めたい人から選ばれています。

費用はかかりますが専門学校に通うよりも安く、ネイルの勉強ができるでしょう。

ネイル資格取得で人気ネイリストを目指せる

ネイルに関連する資格を取得すると、ネイリストとしてネイルサロンや結婚式場、美容院、カルチャースクールの講師として活躍可能です。

ネイル資格の知識があると、自分の爪も美しく着飾れます。

家族や友人にネイルを施すと、喜んでもらえるでしょう。

またネイルサロンで活躍できるため、手に職を付けられます。

ネイルを施した人が幸せになる様子は、なによりのやりがいとなるでしょう。

また、ネイルアーティストやネイルデザイナーネイル資格は、講師活動にも役立ちます。

美容に関連する仕事を目指す人は、ネイル関連資格の取得をおすすめします。

通信講座を利用すると、2つの資格を同時に取得できて便利です。

気になった人は、通信講座の利用も検討してみてください。

資料の無料請求も行えるため、今すぐチェックしてみましょう。