革工芸デザイナー

革製品の企画・デザイン・製造をするのが革工芸デザイナー。革を素材として財布や名刺入れやバッグ、椅子などまでをデザイン、革加工、染色、加工、縫製までを行い、仕上げていくのが仕事です。

革工芸デザイナーは自身で工房を構え、お店を開いたり、雑貨店に卸したり、インターネット販売を行うなどをして独立して運営を行っている方が多く見えます。

革製品を製造には幾つもの工程があり、まずは商品の企画・デザインを行い、デザインから型紙を起こし、デザインとコンセプトに合った革の選定をします。革には、牛(カーフ、キップ、ハラコー、ブルなど)・豚・馬(コードバン)・羊(シープスキン)・カンガルーなどの哺乳類系の革の他にワニやヘビなどの爬虫類系の革など、様々な種類の革があり、それぞれに特徴がある為、デザインや用途に応じて使い分けます。次に革を型紙に沿って革包丁でカットし、模様を入れる場合は刻印や模様入りの小槌で叩いて模様を入れ、染料などで染色を行い、ヤスリなどで切り口の面取り・磨き加工を行い、ステッチング・グルーヴァーという道具を使って縫い目の縫い溝を掘り、菱目打ちという道具を使って縫い目の穴開けを行った後、麻紐などで革製品特有の八の字縫いを行い、仕上げとなります。

革製品の加工・制作には熟練した技術と革への知識が求められる仕事と言えます。

革工芸デザイナーの働く業界

革製品ブランドメーカー、靴メーカー、鞄メーカー、雑貨店、革工房などで募集がされていますが、募集数は少なく、フリーとして個人で工房を開いている方が多く存在します。

  • 革製品ブランドメーカー
  • 靴メーカー
  • 鞄メーカー
  • 雑貨店

革工芸デザイナーになるには

革工芸デザイナーを目指すためには、革の加工や製造に関する様々な知識や技術を習得する必要があり、そのため皮革専門の学校に通ったり、革職人に弟子入りをするなどをして知識や技術を身につけて、革製品ブランドメーカーや靴メーカー、鞄メーカーなどに就職するのが一般的です。

革工芸デザイナーの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

革工芸デザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

革工芸デザイナーとして働くには、特に必要な資格はありませんが、(般)日本皮革産業連合会が認定するカバン・ハンドバック・小物技術認定や革製品技能検定などを取得すると就職に有利でしょう。

革工芸デザイナーへの近道アドバイス

革工芸デザイナーになりたいなら、皮革専門の学校に通うなどをして革製品の知識・技術を習得して資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の革工芸デザイナー資格ランキング!!

  1. カバン・ハンドバック・小物技術認定:日本鞄ハンドバッグ協会
  2. 革製品技能検定:日本皮革産業連合会
  3. ファッションデザイナー:日本デザインプランナー協会

ファッションデザイナー資格の通信講座   カフェオーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA