リフレクソロジー資格人気ランキング

一週間がんばった身体を癒すためにも、整体などのリフレクソロジーに通う人も多いでしょう。がんばりすぎる現代人にとって、マッサージやリフレクソロジーなどの施術はいわばご褒美であったり、新しい一週間に向けての調整だったりします。利用者だけでなく、そんなリフレクソロジーを体得したいと考えている人は大勢いますが、如何せんかなりさまざまな資格が登場しているために、どの資格を取得していいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

1位 リフレクソロジーセラピスト

リフレクソロジーセラピストは、足の裏を通じて、体のどこが不調になっているのかを知り、そしてその反射によって悪い部分を改善することができる東洋の技術を習得している方を認定するための資格です。

基本的な反射弓の位置から、それを効率よく刺激する数々の技法、そして生活に密着した全身を通しての健康という観点から知識を得られるだけでなく、それを他人に施術することで、相手の健康を管理することもできるとても幅広い役割のある資格です。普段から健康に興味がありマッサージ師などを目指している方にとってはまさにうってつけの資格でしょう。

資格取得後は、実際にリフレクソロジーを使用したセラピストとして活躍できる一方で、その知識を効果的に活用するため、より多くの人に勧めていく活動にも携わることが出来ます。まだ技術が若い人も、熟練した人も、わけ隔てなくメリットのある資格として、とてもオススメの資格といえるでしょう。

2位 健康リフレクソロジーインストラクター

健康リフレクソロジーインストラクターは、足裏を刺激する基礎的なリフレクソロジーの手技やノウハウを有しており、さらにそれを利用して対象者が健康になる手助けをすることのできる知識や技術を有していることを認定する資格です。

技術といっても、単純なマッサージ技術にとどまることなく、より効果を高めることのできる時間や間隔、環境などを知っており、そして足湯や運動などさまざまな日常のアクティビティと絡めて、足から健康的な身体の習慣を作ることができる、一連の行動をレクチャーすることのできる能力を求められているため、かなり総合的な知識の習得となります。
この資格は、実際の手技をはじめ、スポーツ栄養学や解剖学などを基礎とした科学的な下地を元に、確かな技術と有益な方法を他の人に伝える役割を持っているので、取得後に具体的な活動に従事する人も多く、行動の幅を広げたいと思っているマッサージ関連の人々はかなり有益であるといえるでしょう。

3位 リフレクソロジスト資格 | 日本能力開発推進協会

リフレクソロジスト資格は、主に足と手の反射弓を刺激することにより、健康を増進する技術を持っている人を認定するものです。東洋医学に端を発するリフレクソロジーですが、その難解な技法や概念を分かりやすく習得することができるので、未経験の人にとってもかなりおすすめの資格であるといえるでしょう。また、同時資格としてアロマセラピストも取得することができるので、よりワンランク上のセラピストとして活躍していくことも夢ではありません。
資格取得後は、自ら改行する方もいれば、その知識をより広く広めようとがんばる人もいます。このように幅広い活躍のフィールドが用意されているのもこの資格の持ち味であり、認定校の傘下の技術をそのまま受け継ぎ、看板として自らのサロンを経営する足がかりを狙う人にはかなりもってこいであるといえます。

4位 一般社団法人 ITSA認定英国式リフレクソロジスト

ITSA認定英国式リフレクソロジストは、リフレクソロジーの中でも特にゆっくりと眠気を誘うような心地よさを体現してくれる英国式と呼ばれる技法のリフレクソロジーの技能を認定する資格です。基本的には足の反射弓と呼ばれるつぼを刺激することによって、身体全体の新陳代謝を促進することで健康を導くものですが、ネイティブインディアンのヒーリング技術なども取り入れた総合的な手技として確立しているこのリフレクソロジーは、確実にいパン的なものよりも上位の安らぎを与え、技術としても最高のものであるといえます。
資格を取得した後は自宅で新たに開業することもできますし、老人ホームやさまざまなイベントなどでその手技を実践的に体感してもらうこともできます。また、手技だけでなく人間の心理的な動きも同時に学問として習得するので、総合的なセラピストとして成長したい人にとってはまさに理想的なカリキュラムといえるでしょう。

5位 リフレクソロジー・プロライセンス実技士資格

リフレクソロジー・プロライセンス実技士資格は、JHRSという団体が資格取得実施機関として認定している非常に実績のある資格です。欧米式のリフレクソロジーに関する民間資格ですが、非常に体系的な教育が売りとなっており、レギュラーライセンスを取得することでサロンなどで普通に働くことができる効力を有しています。徹底した技術教育と、豊富な経験と実績、そして科学的な理論に基づいた体系的な知識を習得できるので、資格取得後はかなり専門家としての正式なキャリアに一歩近づくことができるでしょう。
3年で更新する必要がある、常に技術を磨き続けるシステムによって、一度資格を取得した後も技術を腐らせることなくどんどんと磨いていくことにより、さらに専門的で熟練したセラピストとして成長していくことが出来ます。本格的に技能を学び、一本で食べて生きたい人にとっては、まさにうってつけの資格といえるでしょう。

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る