カラーセラピー資格人気ランキング

カラーセラピー資格人気ランキング

カラーセラピーは、好みの色を選んだり、効果的な色彩を生活に取り入れることによって心や体を元気にします。ここではカラーセラピーにまつわる資格をランキング形式で見ていきます。

1位:カラーセラピー(日本メディカル心理セラピー協会)


カラーセラピーとは

カラーセラピーは色を使った心理療法であり、それそれの色が持つ生理的な効果や現象をもとに、より効果的に対象者自身に働きかけることで、対象をよりよく見せたり、心理的な解決を図るものです。実際にカウンセリングなどの現場でも使われることがあり、服飾やインテリアをはじめさまざまな分野に応用をすることもできることから、多くの治療者に愛されている手法といえます。選んだ色には、その人の性格や心身の状態が映し出されていると言われています。

カラーセラピー資格取得のメリット

カラーセラピーの取得をするメリットとしては、色にかかわる職業においてとりわけ自分をアピールすることができるところです。色彩感覚が重要なスタイリストやデザイナーなどはもちろんのこと、治療者としても科学的な視点に加えて、こうした日常の中に存在する要素をつかったアプローチを実践できる証明ができますから、自分のスキルの幅広さを伝えることができるでしょう。

カラーセラピーの仕事について

カラーセラピーの仕事として、主にカラーセラピストと呼ばれ実際の悩み相談やカウンセリングに従事するのが本来の仕事であるといえるでしょう。メインとしてカウンセラーや多くの施術士などの資格を持った人が、サブとしてこの資格を使うといった使い方は非常に好まれるでしょう。今あるアプローチに加え、新たな色に関するアプロ-チを加えることで、幅広い向き合い方ができます。また、一方でセラピストとして、色にまつわる仕事をする中で、相手の立場を考え、色を使ってより好ましい寄り添い方ができるので、ファッション関係などでは非常に効果的な結果を残すことができるかもしれませんね。

カラーセラピー認定試験・口コミ評判

カラーセラピスト・カラーセラピー

2位:色彩インストラクター

2位:色彩インストラクター

色彩インストラクターとは

色彩インストラクターは、それぞれの色が持つ特徴、そしてそれらが人に与える効果などを知識として理解したうえで、実際に身の回りで色を活用して効果的なアプローチができる能力がある者を認定する資格です。インストラクター資格ですから、主に色を中心として、その効果を踏まえうまく他人に提案するよう、さまざまなシチュエーションで効果を発揮する存在といえるでしょう。その時の状況やその人に合った適切な配色、色に対する理解がある一定以上のレベルに達している人へ与えられる資格です。

色彩インストラクター資格取得のメリット

色彩インストラクター取得のメリットとしては、色に関する基本的な知識や効果を習得しており、それを使って仕事に本当の意味での彩を与えられるビジョンを実現することができるものです。インテリア関係やファッション、イベント設営などをはじめ、さまざまなコーディネイトをする場面においてはその能力がいかんなく発揮されます。インストラクター資格ですから、その効果をうまくレクチャーしながら理想的な環境や状態を作り上げることができるでしょう。試験では色の歴史や文化、また、生活の中での色の役割などが問われます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うことができます。

色彩インストラクターの仕事について

色彩インストラクターの仕事は、色を扱うインテリア、ファッション、イベント関連などの職種において、空間を色の効果を使ってコーディネートすることにあります。また、服装などのコーディネイトにおいては、その人自身の印象を効果的に引き出す大切な役割を担っているともいえるでしょう。同時に、その知識を使って行使活動を行うこともできますから、非常に幅広い活躍の仕方があります。色を選んだ時、そこにはその人の心が表れると言われています。色彩は心に刺激を与え、感情を豊かにする効果がありますので、感情がマヒしたり感情をうまく表現できなくなった人に、色を通して感情を表現してあげるといったことも色彩インストラクターの仕事となります。

色彩インストラクター認定試験・口コミ評判

3位:カラーアドバイザー

3位:カラーアドバイザー

カラーアドバイザーとは

色が持っている性質や特質を理解し、的確なアドバイスをする専門家をカラーアドバイザーといいます。私たちが普段囲まれている色の持つさまざまな効果や特性を知り、それをうまく生活に生かしていける知識と技術を持った人物を認定するものです。特に心理面に作用する効果を持って、悩みや生活習慣、気分といったさまざまな要素を改善することのできる存在としての活躍が期待されています。カラーアドバイザーの活躍の場は幅広く、ファッションやインテリア、プロダクト、建築など多くのビジネスシーンで役立ちます。また、資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行う事ができます。

カラーアドバイザー資格取得のメリット

カラーアドバイザー取得のメリットとしては、色を使用して空間や服装といったさまざまな要素をコーディネートし、より良い効果を持たせてあげるスキルが身につく点です。近年ではさまざまなものが都会化によりスタイリッシュになる反面、色使いの難しさなども指摘されているところがあるため、基本的な色に関する事項を抑えている人物は非常に重宝する傾向にあります。目に見える形で認定されていると、非常にアピールがしやすいといえるでしょう。

カラーアドバイザーの仕事について

カラーアドバイザーの仕事は、デザイナーなどでは、本業に直結する色彩のスキルとして活躍することができます。もちろん、ファッション関係やインテリア関係などについてもかなり使いどころが大きく、仕事の手助けをするサブスキルとして非常に良い働きをするでしょう。また、普段からファッションやセンスがよいことは決してマイナスにはなりませんから、色に直結する仕事でなくても、ちょっとした資料作りから、バースデーカードの選び方まで幅広く役立ちます。色彩についての知識があることで、デザインに従事する人とのコミュニケーションが取りやすくなり、仕事の効率化も図れるため、ファッション関係やリフォーム業界の仕事にもおすすめです。

カラーアドバイザー認定試験・口コミ評判

4位:カラーセラピスト(一般社団法人日本色彩環境福祉協会)

4位:カラーセラピスト(一般社団法人日本色彩環境福祉協会)

カラーセラピストとは

カラーセラピストは、色彩の持つ心理的な作用に着眼し、多くの人の悩みを解決することのできる存在として期待されています。基本となる色に関する知識や、実際にその色を友好的に活用し、さまざまな効果をもたらすことのできる存在として、悩み相談のほか色にまつわるさまざまな職業で活躍している存在です。

カラーセラピスト資格取得のメリット

カラーセラピスト取得のメリットとしては、色に関する専門家ということを改めてアピールできる点にあります。比較的センスという言葉で片付けられがちなこのスキルについて、基本的な心理現象や配色の組み合わせ、そしてそれらがもたらす効果をしっかりと身に着けることで、どのような場面においても効果的に色を操り、より良い結果を出せる存在として活動することができます。

カラーセラピストの仕事について

カラーセラピストの大きな仕事としては、色の効果を使用して、人々の悩みを解決するというところにあります。生活習慣、心理的な悩み、店舗の印象などにいたるまで、配色の妙をうまく操作することで見た目はかなり違うものになることは言うまでもありません。優秀であれば一人でも仕事ができる職業ですし、また普段従事している仕事と組み合わせてより仕事の質を高めるといった仕事の仕方も存在します。

5位:カラーセラピスト資格(日本能力開発推進協会)

5位:カラーセラピスト資格(日本能力開発推進協会)

カラーセラピスト資格とは

カラーセラピスト資格は、色を扱いさまざまな場面や人物を効果的に見せることのできる技術を培った人物を認定するものです。普段我々が何気なく触れているそれぞれの色の効果を最大限に引き出し、そして、その場にあった配色をすることで、より好ましい効果を期待することができるため、色にまつわる商売であろうとなかろうと、非常に重宝する資格です。

カラーセラピスト資格取得のメリット

カラーセラピスト資格取得のメリットとしては、何よりも自分の色彩センスをアピールできるところにあります。色を扱う職業はさまざまですが、色本来の技術や知識を持ち合わせていることを証明する資格はなかなかないため、色をうまく扱えるという部分を最大限にメリットとして生かすことができます。仕事はもちろん、日常のさまざまな場面において役立つため、かなりのメリットがあるといえるでしょう。

カラーセラピスト資格の仕事について

カラーセラピストの仕事についてですが、医療や介護、サロンの職場、独立開業を行い働く人もいます。また、お花屋さんで色による癒しを提供しているという方、ファッション業界やインテリア業界での仕事にも役立ちます。色というのは、私達の生活と切り離せないものなので、その活躍の場はとても広いと言えます。カラーセラピストの仕事は、仕事や日常において、色を使ってより様々なものを効果的に見せることにあります。クライアントの期待した効果を出すこともできますし、またうまく使えば悩んだ人に寄り添うこともできる優れものです。人間には自己治癒力がありますので、その時の心境には今何が必要な色なのか教えてあげることが必要です。心が欲するままに色を与え、心が欲するままに色を使ってあげる。これがカラーセラピスト資格を持つ人の仕事となります。
カラーセラピー  カラーセラピー

カラーセラピー資格の学校について

カラーセラピー資格の学校には通信講座やスクール、通学講座などを利用する方法があります。通学することができない方の場合は通信講座を受講されることが多いです。逆に勉強を進めていく上で、通信講座のように一人で自宅で学習する事が苦手だという人は、通学講座を受講されることが多いです。カラーセラピーを教える学校は近年設立されてきました。色の持つ意味と効果、その使い方を体系的に学べる場所として多くの人々に活用されていますが、同時に通信教育をはじめとした手法での学習も多いのが現状です。感覚的な部分も大きいものですので、基本的な知識を身に着けた後は、その生かし方を早期から学ぶことで資格の有用性があり、その性質から、自宅学習の資格が多いという一つの特徴があります。

カラーセラピー資格の試験難易度

カラーセラピーの資格難易度はそこまで高いものではありません。基本的な事項は決して難解な数学などではなく、読み書きができれば習得できるものです。しかし、資格取得後にその生かし方によって、理解の深さが如何様にも変わってくるため、どのようにいかすのかという部分が大切です。得点率70%以上で合格というラインが平均でしす。資格試験としての難易度は高くありませんので、気軽に目指すことができる試験として将来性の高い魅力的な資格として人気が高まっています。

カラーセラピー資格の給料・年収

カラーセラピーは、医療や介護の現場を始め、多くの企業で少しづつ需要が高まってきています。カラーセラピストのみの平均年収としては、200万~300万辺りが非常に多い傾向にあります。というのも、カラーセラピストだけを仕事にしている人はやや少なく、ほとんどの人は、稼げたとしてもバイト程度の収入があればかなりいい方ではないでしょうか。むしろ本業をこのスキルを使用してさらに伸ばすことで年収をあげるという考え方が最もよくみられるものです。ですが、独立すればそれなりにもらえるようになります。資格を創設してスクール経営などを行うことで、入学金や受講料金、テキスト代などが総合的な収入源となります。

カラーセラピー資格取得後は

カラーセラピストの資格取得後は、もっぱらインテリア関係やファッション関係につく人々が多い傾向にあります。また、同時にデザイナーとして活躍する人にも多いのは言わずもがなです。個人で仕事をとる場合は、色彩と組み合わせのセンスの部分が他の人よりも卓越していることは必須であるのは、当然といえるでしょう。一方でさまざまな職業においてこの資格を使用し、資料づくりから商品の色彩に至るまで幅広い活用の仕方がありますから、本業を持ちながら、カラーセラピーの要素を生かしていくといった考え方が最も一般的かもしれません。
カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る