職業資格

バイヤーとは、生産(メーカー等)から商品を買いつける仕入れ係のことを言います。「これなら多くの顧客に売れるだろう」といった商品を独自の視点で見極め、買いつけ、店頭に並べるということが主な業務になります。バイヤーの仕事に必要なことは何よりも「売れそうだという商品を見極める」ことに尽きるでしょう。商品に対する幅広い知識はもちろんのこと、流行やマーケットニーズを把握し、今後流行するものを予想することが求められます。

上記業務が主となるため、バイヤーは国内外を飛び回り、展示会、工場や海外の市場まで足を運ぶのです。売れる商品かどうかを見極めるためには、常日頃からアンテナをたて、リサーチを行い、商品の売上数字に敏感になる必要があります。

バイヤーの働く業界

量販店や百貨店では、多くのバイヤーが活躍しています。このような店舗は幅広いジャンルの商品を取り扱っているため、バイヤーもあらゆる商品の買いつけを担当することになります。また最近では郊外型のショッピングモールや大型ドラッグストアでのバイヤー求人も増えております。

中でも人気が高い業界は、アパレル業界となっております。

バイヤーになるには

バイヤーに必要な資格はありません。ファッション業界のバイヤーであればファッションセンス、百貨店や量販店のバイヤーであれば幅広い視野が必要になります。そして感性のみでなく、それが売れるかどうかという客観的な視点を持ち、市場分析、店舗での商品の販売データからの分析が重要になります。また、海外への買い付けがある場合には語学力も必要となります。

バイヤーになるためには企業への応募が最短ルートでしょう。ただし、採用の際には総合職として採用して、希望や適性をみて、「営業」「バイヤー」「総務」などと職種ごとに振り分けていくケースが多いでしょう。

バイヤーの給料

  • 所属する企業に大きく左右されますが、平均月収は20.1万円

バイヤーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

バイヤー業務を行うにあたって、資格や免許は必要ありません。

しかし、持っておいて損はない資格は存在します。「販売士」の資格がその一つと言えるでしょう。日本商工会議所や全国商工会連合会が行っている「販売士検定試験」に合格することで取得することができます。

試験内容は、マーケティングから販売管理の知識まで幅広く問われ、3級から1級までが存在します。3級の合格率は約69%と高いのですが、1級の合格率は約25%と4人に1人となっています。

バイヤーとは商品売買の専門として、販売に関する知識は身につけておいても良いでしょう。

バイヤーへの近道アドバイス

バイヤーを抱える企業への就職が最短ルートとなるでしょう。そのうえで先に述べた販売士の資格や、語学力、コミュニケーション能力に磨きをかけることが重要だといえます。

あわせて、インターネットの普及により、個人でも手軽に通販サイトを開設できるため、そこで海外などから買い付けを行い、実績を作ってもいいかもしれません。

今業界で人気のバイヤー資格ランキング!!

  1. 販売士: 商工会議所
  2. TOEIC: 国際ビジネスコミュニケーション協会

ファッションデザイナー  スタイリストになれる

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る