福祉心理カウンセラー資格の口コミや評判と評価

福祉心理カウンセラーとは?

近年の社会はストレス社会とも言われていて多くの人がうつ病などの心の病を抱えています。忙しい生活の中で自分のストレスと上手に向き合って働くことも難しくなりました。さらに高齢社会が進み、一人暮らしの高齢者が増えていることも影響して、高齢者の中でも心の病を抱える人も増えてきています。家族がいない、離れて暮らしているなどの理由で身近な人のサポートを受けることができない、そんなときに必要となるのが福祉心理カウンセラーです。心療内科や精神科にかかる患者が増えて医者が患者一人一人の心の内を聞くことが難しくなっている中でカウンセラーはその役割を担うことが期待されています。医療現場や介護の福祉施設などで心理カウンセラーが設置されて人々の心を支えてるのです。またカウンセラーの仕事は患者のみでなく彼らを支える家族の心の悩みを軽くすることも含まれています。様々な人々の悩みや心の不安を共有して一緒に解決するための糸口を探るのが心理カウンセラーとしての役割です。
福祉心理カウンセラーの現場は医療機関や福祉施設、教育機関などが一般的です。また近年では産業カウンセラーとして企業などで専属に雇われることもあるようです。その場合にはカウンセリングルームなどで働く人々の相談に乗り、的確なアドバイスが求められます。カウンセラーとして働く場所は様々ですのでそれぞれに適した知識が必要とされます。

福祉心理カウンセラー認定試験について

主催団体:日本メディカル心理セラピー協会
必要費用:10000円
この資格は福祉心理カウンセラーになりたいなら取得しておきたい資格です。心理学の基本的な知識や福祉に関する知識、またストレスが原因とされる体の症状などを理解してカウンセラーとして活躍することができる能力を証明します。試験に合格する必要がありますがそのための講座もあって勉強しやすく無理なく合格を目指すことができるようになっています。また試験自体は在宅で可能ですから忙しい方や家を空けられないという方でも安心です。資格を取得したら履歴書などに記入することも可能で、就職や転職に有利になります。
今後プロの心理カウンセラーとして働くことを考えているならぴったりの資格です。

福祉心理カウンセラー認定試験の口コミと評判

福祉心理カウンセラー認定試験を主催している日本メディカル心理セラピー協会はこのほかにも様々な心のケアやリラックスのための資格を主催していてこれからの社会に必要とされると口コミでも評判となっています。試験は全てインターネットから申請可能で、在宅ですぐに受験することができるのも評判です。
また福祉心理カウンセラー認定試験もすぐに資格試験を受けることもできますし、講座を事前にとって勉強しながら資格の取得を目指すことも可能です。独学でも通信講座でも試験対策ができるようになっているので自分のスタイルに合わせて勉強を進めることができるのも口コミで評判です。受験自体にもお金はそれほどかかりませんからこれから勉強を始めるという方はまず講座を受講して心理学や福祉について学び、実力をつけてから試験にチャレンジすることをお勧めします。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

ページ上部へ戻る