カウンセラー資格人気の資格徹底比較

心理学に興味があったり、悩んでいる人の役に立ちたいと思っていたりするなら、カウンセラーの仕事が向いている可能性があります。カウンセラーは心理学についての正しい知識をもっており、悩んでいる人の話を聞きながら解決の糸口を一緒に探すのが仕事です。ストレスが多い現代社会においては、心理的な悩みを抱えている人は多くなっています。よって、カウンセラーのニーズは高くなっているといえるでしょう。カウンセラーは病院だけでなく、他にもさまざまなところで活躍しています。カウンセラーになれば、悩んでいる人の力になれるため、仕事としても大きなやりがいを感じられるでしょう。未経験の状態からカウンセラーを目指すのであれば、カウンセラーに関する資格を取得すると効果的です。資格を取得するには徹底的に学習する必要があります。とはいえ、一度資格を取得すれば、自分自身に一定のカウンセリングスキルがあることを証明できるようになります。そうなれば、カウンセラーとしてより働きやすくなるはずです。今回はカウンセラーとしての資格のうち、特に人気の高い資格について紹介します。

メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催している資格です。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格は心理学の基礎を理解しており、ストレスによって起こるさまざまな症状も熟知している人に認められる資格です。また、単に知識を有しているだけでなく、カウンセリングをおこなうためのノウハウも一定以上身につけていることが求められます。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得を目指す場合、資格試験の受験において特に資格は必要ありません。そのため、しっかりと勉強していれば、誰でもメンタル心理ヘルスカウンセラーの資格を取得できる可能性があります。また、メンタル心理ヘルスカウンセラーの試験はインターネットから申し込みができ、在宅で受験できます。

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格取得のメリット

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格を取得すれば、カウンセラーとして働くために必要な幅広い知識を身につけていることの証明になります。もちろん、知識を身につけるには勉強が必要です。とはいえ、その勉強の成果を明確に示せるということは、カウンセラーとして信頼を得るために重要なポイントとなります。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格があれば、実際にカウンセラーとして働く際に有利になる可能性が高いでしょう。実際にどのようにしてカウンセリングをおこなえばいいのか理解できるため、メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格を取得すれば実務においても役立つはずです。

メンタル心理ヘルスカウンセラーの仕事について

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得後は、カウンセラーとして働ける可能性があります。カウンセラーはなにか問題を抱える人の心に寄り添いつつ、それを解決するための手助けをおこないます。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格があれば、そのための基礎がしっかり身についているので、スムーズにカウンセラーとして活動できるでしょう。カウンセラーは病院だけでなく、学校や企業でも活躍しています。そのため、資格があればさまざまな場所で働けるチャンスをつかみやすくなります。

メンタル心理カウンセラー資格

メンタル心理カウンセラー資格

メンタル心理カウンセラーの資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会によって認定がおこなわれています。心に問題を抱えている人や悩みをもっている人の話を聞き、実際に解決するための道筋を示すのがメンタル心理カウンセラーの役割です。そのため、メンタル心理カウンセラーの資格を取得するには、協会が認定する教育機関で学習し、カリキュラムを終了する必要があります。メンタル心理カウンセラーになるには、心理学や精神医学の基本を理解したうえで、カウンセリングの具体的な手法も理解しなければなりません。メンタル心理カウンセラーの資格取得のためにしっかりと学習すれば、カウンセリングに必要な幅広い知識とスキルを定着させられるでしょう。

メンタル心理カウンセラー資格取得のメリット

メンタル心理カウンセラーの資格を取得するために勉強を重ねれば、実際にカウンセラーとして働くために必要なスキルを体系的に身につけられます。協会が認定している教育機関で学ぶ必要がありますが、その分、本格的にカウンセラーとしての修行ができるでしょう。メンタル心理カウンセラーの資格を取得すれば、カウンセラーとしての能力を明確に示せるので、カウンセリングを受ける相手も安心して心を開いてくれる可能性が高まります。加えて、資格を示せば就職や転職の際も評価されやすくなるでしょう。カウンセラーとして働きたいなら、メンタル心理カウンセラーの資格は役立つ場面がとても多いです。

メンタル心理カウンセラー資格の仕事について

メンタル心理カウンセラーになった場合、さまざまな分野でカウンセラーとして活動できます。カウンセラーは病院で働くことも多いですが、それ以外の施設や企業でも活躍の場は多くなっています。ストレスを抱える人が多い社会になっているからこそ、メンタル心理カウンセラーの資格が役立つ場面は増えているのです。メンタル心理カウンセラーとして実際に働いて実績を積めば、その経験を活かした講演をおこなうという道もあるでしょう。もちろん、そのために一定の評価を受ける必要があるので、まずはカウンセラーとしてしっかり経験を積むことをおすすめします。

上級心理カウンセラー資格

上級心理カウンセラー資格

上級心理カウンセラーは、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している資格です。一般財団法人日本能力開発推進協会はメンタル心理カウンセラーも認定していますが、上級心理カウンセラーはさらに上級のスキルをもったカウンセラーに対して認められる資格です。よって、上級心理カウンセラーを目指すには、より高度なカウンセリングのスキルが必要となります。上級心理カウンセラーを目指す場合も、メンタル心理カウンセラーと同じく協会が認定する教育機関でカリキュラムを受講することが求められます。その後は、在宅で資格認定の試験を受験できます。

上級心理カウンセラー資格取得のメリット

上級心理カウンセラーは高度なカウンセリングスキルをもっている人に認められる資格です。そのため、上級心理カウンセラーの資格があれば、自分自身のより高いスキルを証明するのに役立ちます。もちろん、資格取得のためにはかなりしっかりと学習することが求められるでしょう。とはいえ、上級心理カウンセラーの資格があるとなれば、より活躍の場は広がっていくはずです。一流のカウンセラーになりたいと思っているのであれば、上級心理カウンセラーの資格取得はぜひ目指したほうがいいでしょう。

上級心理カウンセラー資格の仕事について

上級心理カウンセラーの資格があれば、カウンセラーとしての活躍の場が一気に広がります。メンタル心理カウンセラーの有資格者よりも高いスキルがあるという証明になるので、他者と比較される場面があっても有利です。カウンセリングを受ける相手も、高いスキルをもったカウンセラーだと分かればより信頼してくれる可能性があります。上級心理カウンセラーになれば、自分自身の経験や知識を活かして、講師として活動できる可能性もあるでしょう。
心理カウンセラー資格  心理カウンセラー資格

カウンセラー資格の学校について

カウンセラーを目指す場合、学校に通って資格取得を目指す人も多いです。しかしながら、カウンセラーを目指すには、必ず学校に通わなければならないというわけではありません。カウンセラーの資格は通信講座で取得可能なものも多くあります。通信講座であれば、家にいながら隙間時間を使って学習を進めることも十分できるでしょう。現在の仕事と並行しながら資格取得を目指すなら、無理に学校に通うよりも通信講座を選んだほうがスムーズです。通信講座はプロがカリキュラムや教材を用意しているため、誰でもしっかりと知識やスキルを学べるようになっています。分かりやすく詳しい説明が書かれているので、心理学について学ぶのが初めてでも途中で挫折する心配はありません。

カウンセラー資格の試験難易度

カウンセラーは心理学についての知識が必要であるため、難易度が高いイメージがあるかもしれません。もちろん、人の心理は複雑なものであり、医学的な観点からも理解を深める必要があります。とはいえ、通信講座のように分かりやすく情報がまとめられた教材を活用すれば、初めて心理学について学ぶ場合でもきちんとした学習が可能です。実際に通信講座を通して資格を取得している人は多くいるので、しっかりと学習しようとする姿勢さえあれば、カウンセラーの資格取得は十分可能だといえるでしょう。

カウンセラー資格の給料・年収

カウンセラーになった場合、年収は300~400万円程度となるケースが多いです。もちろん、実際の勤務先や働き方によっても収入は変化する可能性があります。カウンセラーとして働く場合は、事前にしっかりと求人情報を確認し、収入面についても把握しておいたほうがいいでしょう。なお、就職せず個人で活動することも可能ですが、その場合は得られる仕事によって収入面は大きく変化します。駆け出しの頃はあまり収入が得られない可能性が高いので、少しずつ実績を積んでいくように努力しましょう。

カウンセラー資格取得後は

カウンセラーの資格を取得すれば、心理学に詳しいプロとして仕事ができる可能性が高いです。カウンセラーになりたいなら、まずは資格取得のためにしっかり勉強する必要があります。そして、資格を取得した後も努力を怠らず、カウンセリングに役立つ知識を勉強し続ける姿勢が必要不可欠だといえるでしょう。

カウンセラーとは・主な仕事内容

依頼者(患者)が抱える問題や悩みに対し、指導・助言(カウンセリング)などをするのがカウンセラー。カウンセラーには様々な種類があり、悩みや問題を相談出来ずにいる人や心の病を持っている患者さんや相談者さんに対して、カウンセリングする事で問題に立ち向かえるようにアドバイス・サポートするメンタル心理カウンセラー、ストレスや病気などで精神疾患を患っている患者さんや相談者さんに対して、心の健康が取り戻せるような専門知識をもったメンタルケア心理士、職場や学校や家庭などで起こる問題に悩んでいる方に対して、問題を解決できるような糸口を導き出せるようアドバイス・サポートする心理療法士がります。

特に有名なのが、医療機関等で病気や治療で悩む患者さんに対しカウンセリングを行う臨床心理士です。他に、いじめや不登校など、学校生活で悩む生徒や保護者を対象にしたスクールカウンセラー、社会・会社などで抱える様々な問題に悩む就労者を対象にした産業カウンセラー、セクハラ・出産・子育てなど女性特有の問題に悩む女性を対象にした女性カウンセラーなど、カウンセラーは様々な種類があり、様々な場面と問題によってカウンセラーの種類・資格が変わりますので注意が必要です。

カウンセラーになるには

カウンセラーになる為にはカウンセリングに関する知識や技術が必要となります。カウンセラーの中でも専門性の高い臨床心理士などは専門の大学を卒業する必要があったり、その他のカウンセラーも専門学校などの養成施設で基本的な知識と技術を身に付け、資格を取得し、医療機関・企業・自治体などへの就職を目指すのが一般的です。
心理カウンセラー資格  心理カウンセラー資格

ページ上部へ戻る