夫婦心理家族心理学資格人気の資格徹底比較

夫婦心理家族心理学資格

少子化による影響と結婚年齢の引き上げに伴い、一般家庭といえば3人を中心とした核家族が増加しています。その中で様々な夫婦間の問題に対応する、夫婦心理、家族心理のカウンセラーが今話題となっています。

夫婦心理カウンセラー

夫婦心理カウンセラー

夫婦心理カウンセラーとは

3組に1組の割合で、短い結婚生活で夫婦が離婚するケースが非常に増えており、離婚は身近な問題として頻繁に耳にするようになってきました。結婚生活を続ける中には様々な問題に遭遇することは、決して特別な事例では無くなってきています。家族の中に起こった様々なトラブルの中、なかなか最良の道を選べずに困っている人が多いこの世の中で、夫婦間の問題解決をサポートする存在として、夫婦心理カウンセラーの役割が注目されるようになっています。

夫婦心理カウンセラー資格取得のメリット

夫婦心理カウンセラーとは、離婚問題をはじめとする様々な夫婦問題の相談に乗り、最善の解決方法に導くスペシャリストです。夫婦問題解決の第一人者であり、最近ではメディアで活躍する有名な女性も名前が知られるようになっています。夫婦の大きな問題に遭遇した際、夫婦関係の修復を考えたり、離婚を選ぶ場合も、肉体的にも精神的にも大きな決断を要するため、経済面や将来性といった観点、そして本人の精神面などあらゆる角度から見て最も良い道を選ぶための、必要なアドバイスを行えるので、これから非常に需要が多く見込める資格の一つです。

夫婦心理カウンセラーの仕事について

夫婦心理カウンセラーは、相談者の心や状況を整理し、最善の道を選び、アドバイスを行う職業です。知識を持った第三者の冷静な立場から、パートナーの性格判断、経済面のアドバイス、子育て問題や、借金、あらゆる側面から、夫婦間の問題解決に尽力する、幅広い総合知識を必要とします。個人相談から、講演会、あらゆる方面での活躍を期待でき、世の中で初めて離婚カウンセラーを創りだした、岡野あつこ氏など、夫婦問題研究家なども、夫婦心理カウンセラーの役割の一つとして、数々の著作物や講演会、カウンセラーの派遣など活躍されています。

家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラーとは

夫婦間や親子のかかわりなど、男女のカップルと家族の抱える個々の家庭の問題について正しい知識を持ちながら、元々は他人同士だった男女2人の家庭問題、結婚間もない夫婦の諸問題解決に、適切なアドバイスを行える心理カウンセリング・アドバイザーが、家族心理カウンセラーです。初婚では特に問題とならなかった、結婚後の様々な諸問題の一つには、経済的不安から来る共働き問題や、子育ての夫婦間協力、パートナー同士の性格の愛称など、様々な課題を平穏に解決する手段や解決策を見つけることにあります。家族心理カウンセラーとは、夫婦間や親子のかかわりなど、男女のカップルと家族の抱える個々の家庭の問題について、根拠となる心理学を応用した正しい知識を持ち、かつアドバイスできる知識を持っていることを証明する資格です。

家族心理カウンセラー資格取得のメリット

家族と個人の大きな違いは、個人では自分と相手や集団や組織といった、1対1、1対多数の関係の中で生み出される対人関係が発端となります。夫婦2人の婚姻生活におけるそれぞレの役割の違いから起こる確執や心のすれ違いなどや、子供を含めた家族という少単位集団心理における相互関係から諸問題が起こる、人間関係性の違いがあります。そうしたそれぞれの心理は、そこでしかあり得ない夫婦・家族というある種、閉ざされた世帯の中で起こるため、どうしても解決には第三者によるアプローチが必要となり、冷静な判断を必要とします。家族心理カウンセラー資格取得のメリットは、こうした他人の視点を心理学の目線で捉えながら、客観的に問題やトラブルを分析して、適切に平和的な解決に導くため、核家族が多くなった現代社会では活躍の場が多いと言えるでしょう。

家族心理カウンセラーの仕事について

家族心理カウンセラーの仕事は、主に個別に世帯の相談を受け付ける個人カウンセラーの道と、各インストラクターを統括的に管理する組織を作って事業化して様々な夫婦問題、家族問題に対処するサービスを提供できます。また、資格を通じて著作物を刊行して、様々な夫婦問題、家族問題の例を紹介しながら、ハウツーとして役立つ書籍を執筆したりも可能です。講演会やセミナーでも、同じ様な手段で収益を得ることも可能でしょう。

家族療法カウンセラー

家族療法カウンセラーとは

家族療法とは、対人援助方法論の総称で、個人や家族の抱えるさまざまな心理的・行動的な困難や問題を,家族という人間集団単位の中で相互関係を理解し、解決に向けた援助を行っていこうとするさまざまな理論や技法の考え方です。システムズ・アプローチと呼ばれる、現象のマクロな挙動を直接的にモデル化して扱う手法を応用した、家族を、個々の成員が互いに影響を与えあうひとつのシステムとして考えることから発案された、互いに影響を与え合う中で、問題を維持する原因と結果の悪循環を洗い出して考察します。家族成員を家族を代表して問題を表現している人、患者の一人とそて人格として捉え、家族に内包された諸問題を、家族全員で考える手助けを行うのが家族療法カウンセラーです。

家族療法カウンセラー資格取得のメリット

家族療法カウンセラーは、家族集団を研究と治療・支援の単位として扱い、個人の問題を家族という脈絡の中で捉え、問題解決を導き出すのが仕事になります。共働きや、子供の塾通いで、普段は別々に行動する家族などが、潜在的に集団が抱えやすい問題に気が付かず、いつの間にか心がバラバラになってしまうなど、そういった家族全体をもう一度一つに結びつける、集団心理を把握し、現代社会独特の家族問題に対処出来る仕事を得ることが出来ます。

家族療法カウンセラーの仕事について

本来は精神分析的な家族力動理論を根拠に、専門医が担当していました。しかし現在では、一般システム理論や、対人関係論、学習理論、行動理論など様々な理論を取り込み、現在では多種多様な理論的枠組を持った、新しい分野の集団精神治療に近い仕事に就くことが出来ます。精神力動的家族療法、行動論的家族療法、体験的家族療法など、様々な家族療法を実践し、合理的解決方法を見つけようとするため、非常に需要が見込めるカウンセリングの仕事に就くことができます。

夫婦カウンセラー

夫婦カウンセラーとは

夫婦の関係改善を専門に支援するカウンセラーが、夫婦カウンセラーです。主な役割は、離婚問題の他に、家事、育児など、夫婦が協力してその家庭を築き上げるための、手段と方法、衝突の回避法などをアドバイスします。夫婦は、互いに生活環境もそれぞれ別家族の中で培われた風習や、好みが違う男女が共に婚姻という契約によって成り立つ人間関係です。現代社会は、男女であっても、それぞれが主たる収入を得る労働者として働いている場合があります。共働きやパート従業員など、女性が仕事に就いている場合は、男性も家事や子育てに参加する責務を負う場合が多く、日本の昔ながらの夫婦関係とは異なる問題解決と適切なアドバイスを、夫婦カウンセラーは行います。

夫婦カウンセラー資格取得のメリット

男女の恋愛関係の発展性の上に、現代の婚姻は多く成立する場合が多く、「一緒に暮らしてみたら、自分が想像していたのとは違った」など、理想と現実の間で心が不安や不満を一人一人が抱えてしまうケースはよくあるものです。男女それぞれの性別独特の合理的な考えの違いや、役割の特徴の違いを理解し、円満な解決をアドバイス出来る、非常に普遍的なカウンセラーが夫婦カウンセラー資格取得のメリットです。

夫婦カウンセラーの仕事について

個人対他の夫婦といった、カウンセリングから、夫婦揃っての離婚や浮気問題、家庭問題を解決する組織や個人としてのカウンセリングの仕事に従事する事が可能となります。

家族相談士

家族相談士資格とは

歴史が古い日本家族カウンセリング協会が行っている家族に対する心理的援助の専門団体として、研究・研修活動を行う民間団体が認定する資格が、家族相談士です。家族相談士の資格制度を開設し、以来、家族への心理的な支援のできる専門家を養成しています。家族問題は、家庭内の人間関係だけでなく、学校、職場、地域社会、生活環境などと深く関わっているため、家族という単位の中では、家庭を取り巻く社会状況も交えて考察しなければ、壊れた家族関係を修復することは困難です。こうした家族の取り巻く状況の改善策や、対処方法、考え方を提供し、教育関係、福祉関係、地域社会関係などに関わる資格が家族相談士です。

家族相談士資格取得のメリット

家族相談士のメリットは、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、塾、養護学校などの教育現場の他に、特別養護老人ホーム、身障者施設、養護施設などの介護現場、市町村住民の家族個別相談、電話相談など、幅広い職種や事業所で、そのカウンセリングやアドバイスを行える点が、資格所得のメリットになります。

家族相談士資格の仕事について

各それぞれの事業所、団体などで講演、セミナーの講師として派遣されて仕事をしたり、家庭関係学習会などのリーダーとしての役割や、・地域、産業、教育、文化活動等に家族カウンセリングの普及活動等などに従事する事が一般的に可能となります。
夫婦心理家族心理学  夫婦心理家族心理学

夫婦心理家族心理資格の学校について

一般的な手段としては、心理学や行動療法などの受講が可能な、精神科医師及び、それに準じた専門学校卒で、それぞれ専門資格を有した上で、独自に専門カウンセリングを数年実務経験するのが多いものでした。しかし近年では、新しい対人援助方法論という理論的な解釈で治療とは違う問題解決手段が登場したことによって、知識を得れば、夫婦心理家族心理に関するカウンセリングを行うことは、誰でも可能となってきています。特別な精神医学の知識を必要としなくても、通信教育講座やインターネットを通じて受講できるシステムからでの教育に、一定期間の受講を受ければ、資格所得は容易になってきているのが最近です。

夫婦心理家族心理資格の試験難易度

夫婦心理家族心理資格の試験は、行動療法の一般的な知識や、心理学、精神医学の応用による、より実践的な実務を専門に学ぶので、試験の難易度よりも、まずは総合的な知識に精通している必要があります。そのため、受講期間は他の資格に比べて長い期間を要する場合もあり、試験はそうした総合知識の習熟度を推し量るため、試験自体は難易度が高いわけではありません。ただし、他の夫婦・家族に関わるカウンセリングに応用できる、基礎的な就学となるため、認定試験はそうした仕事に就くことが出来る、最初の一歩としての役割の方が大きいでしょう。

夫婦心理家族心理資格の給料・年収

夫婦心理家族心理資格の給料、年収は、その資格を有して数々の夫婦、家族に関わるカウンセラーや講師などを必要とする、比較的新しい家族世帯が多い地域で需要を得られるケースが多いです。年収が高いのは、やはり共働き世帯が非常に多い都市部で、ケースバイケースで、面接ありの戸別訪問なら個人事業主として、その営業次第で年収は一般的なカウンセラーよりも高くなるでしょう。また、各カウンセラーを統括した、夫婦心理家族心理資格を持ったカウンセラーを派遣する、人材派遣業なら、更にその事業年収も低コストで高い収益を得ることも可能となります。

夫婦心理家族心理資格取得後は

夫婦・家族が抱える心理的な諸問題解決のための、基本的な知識を得ることが前提となっている資格のため、資格所得後は夫婦心理カウンセラー、家族心理カウンセラー他、夫婦カウンセラーなど様々な職種に活用して行くことが出来ます。
夫婦心理家族心理学  夫婦心理家族心理学