子供心理学資格・チャイルド心理資格人気の資格徹底比較

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

カウンセラーの資格は、公的なものでは精神医学の医師の資格の他に民間の資格として心理学カウンセラーがあります。中でも最近注目されている子供心理学・チャイルド心理に関する資格について説明いたします。

【当記事をまとめると】

それでは、早速見ていきましょう。

子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラーとは

子供インストラクターとは、民間の資格認定会社が設定した、子どもの心の発達や成長、家族との関係、社会との関係など、子どもの人格や性格の形成に関する総合的な知識を活用して、子育て世代、一般家庭の子供の教育に、一部関わる事ができるインストラクターです。最近では家庭内暴力の要因としてあげられるのが、幼児独特の言葉の障壁から、我が子へのコミュニケーションが取れず、それによって家庭で様々なストレスを抱える親が、昔に比べて増えていることから、医学的・精神的見地よりも、より様々な心理学の応用を使った、子供の表情、言葉や声の大きさから、子供との適切な対応を模索する動きが始まっています。子供心理資格の子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラー資格取得のメリット

精神医学の多くは、大半が成人、あるいは一定の集団教育課程を履修している子供を対象にしているのに比べ、就学前の幼児に関しては、その心理を分析する傾向はまだまだ国内では低いのが現状です。子供心理カウンセラー資格取得は、子育て世代の悩みや、子供とどう付き合って良いかわからない、孤立しがちな核家族世帯に対して、心のケア、メンタル的なアプローチを通して、幼児教育の手助けが可能となる職業に就くことができます。具体的には、資格所有を提示し、様々な相談を受け付けるサイト運営や、著作物の出版、文書の紹介、個人から団体まで、幅広い幼児教育現場でそのスキルを活かすことが可能です。更には、実際に子育てをしている方がこの資格を通じて、広く世間にアプローチすることで、巷に広がる悲しい幼児虐待を未然に防ぐ、ボランティア活動にも貢献できます。

子供心理カウンセラーの仕事について

子供心理カウンセラーの仕事は、まだ大人との会話がおぼつかない就学前の幼児や、まだ未成年でありながら、集団生活に馴染めない、精神的不安をどの様に親が察知し、解決するかのアドバイザーとしての役割と、そうしたカウンセラーの存在を一般的に広め、幼児教育、初期段階の集団生活へ不安を抱える世帯に対して、きめ細やかな心のケアを周知、方法論やコミュニケーション方法を教える事ができます。保育士から、幼児向け保護施設など、民間から公的な施設まで、より具体的な身近な相談相手として、実際の職場でそのスキルを活用する事ができるでしょう。
子供心理学資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  子供心理学資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラーとは

胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの、0歳から10代前後の子供の成長に合わせた、子供の心理状態を分析して、親にその対応をアドバイスできるメンタル・ヘルスアドバイザーが、チャイルド心理カウンセラーです。成長の早い子供の時期は、体格は音にに一歩一歩近づくに連れて、心も同じ様に成長するとは限りません。殆どの場合は、自己成長に対して精神面は、生活習慣やその集団の中で、少しずつ学習して子供自ら体験、経験として覚えていくものです。しかし、現代の先進国の多くは、高齢化と同時に少子化になっており、その子供同士の集団による経験値、数ある知識の集約が大変難しくなってきています。それに連れて、一般家庭でも子供は親と1対1でその悩みを抱えるケースが多くなり、子育てでも、特に会話やコミュニケーションにおいて、多くが不足しがちな生活になりつつあります。こうした状況から、チャイルド心理カウンセラーは、実際にその親から相談を募り、様々なケースと事例を示して、適切に効果的なアドバイスが出来ることを求められていきます。チャイルド心理資格のチャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラー資格取得のメリット

ある調査では、最も子供の教育で悩みを多く抱える世帯は、子供が幼稚園や保育園などの、他人の子供と接する機会が初めて訪れる、集団生活の中での幼児同士の揉め事やトラブルに関してが多いと言われています。そして次に小学校から始まる初めての公的な決まりがある制約の中であるとされています。更には、そうした幼児からの心のケアは、やがて思春期となって、競争や試験といった外部からのストレスにより、子供の心理は一際大きくクローズアップされます。こうした悩みは、それこそケースバイケースで、一口にある手段と方法では解決できない事も多いものです。つまり、子供が集団の中では、やらなければならない義務が生じた際に、そうしたストレスに柔軟に対応するためには、チャイルド心理カウンセラーのような資格を持った、適切な相談役が不可欠となるのです。これは、精神医学だけでは対応できるものではありません。

チャイルド心理カウンセラーの仕事について

チャイルド心理カウンセラーの仕事は、幼稚園や保育園などの幼児施設の他に、進学塾や学習塾から、学童保育施設まで、様々な施設の中でカウンセラーとして活躍できます。この資格以外に、様々な教育資格を有していれば、更に一歩踏み込んだ親からの相談を受付け、その施設でかなり重宝される存在となるでしょう。またこの仕事は、子供と触れ合うだけではなく、子育て世代全般の悩み相談も対応出来るので、昔ながらの近所全体での世帯の子供教育を行っていた、昔ながらの日本式の子育て環境を作る際にも貢献する事ができます。現代は特に長く不況が続いたこと、婚姻年齢が引き上がり、且つ高齢化、世帯の核家族化で、どうしても子供の面倒に関しては、世帯ごとに孤立するケースが増えています。そうした子育てにまだまだ多くの不安を抱える、若い子育て、夫婦に対して、より実践的な悩み相談を受け付けることで、少子化対策や家族問題解決に、一定のアプローチができるというのも、チャイルド心理カウンセラーの仕事に就くメリットでしょう。

チャイルドカウンセラー

チャイルドカウンセラーとは

チャイルドカウンセラーとは、悩みを抱えた子どもたちや親世代を支援するスペシャリストの役割があります。支援には金銭的なもの以外に、親と子供の心のケアも必要です。子供の心理には、幼稚園・保育園のような園児と小学生低学年世代と思春期世代では、それぞれ抱える心の動きは大きく異なります。自我の目覚める頃の初期である幼児は、親という一人の大人と自分との関係性における心の変化に比べ、小学校低学年では、他者と自分という第三者の存在が、その精神に深く影響を与えます。思春期では、更に学校生活にも慣れた上に、教師と生徒、親と学校といった、対象も人や団体、集団やその施設全体の雰囲気にも心が揺れ動くものです。チャイルドカウンセラーは、そうした子供たちの様々で多様な周辺環境と、家庭内での状況を踏まえた、適切なアドバイスで問題解決を促す重要な役割を担います。

チャイルドカウンセラー資格取得のメリット

子供全般に関わる教育機関の他に、施設以外で相談を受け付ける個人カウンセリングを行うサービスや事業を展開出来ます。カウンセリングの中でも、子供を実際に養育した経験があるなら、その知識を広げて、更に独学や専門教育機関で学べば、更にその需要を高めて収益化することも可能となるでしょう。応用の幅が広いというのが、チャイルドカウンセラー資格取得のメリットです。

チャイルドカウンセラーの仕事について

保育士や臨床心理士、ベビーシッター、スクールカウンセラーから、個人請負の家庭教師まで、あるいはNPO団体の子ども相談ホットラインの相談役としても仕事の幅があります。その他、講演を催して、多くの子育て世代に、子供に関する悩みを解決する手段やヒントを与えていくことも可能です。

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは

一般的な幼児教育の原点、どこにでもいる専業主婦や子育て世代の保育形態と同じ家庭的保育で極め細やかな保育を行う、子育て支援がチャイルドマインダーです。働き方は様々で、自宅で勤務しながら出張と言う形で、各家庭の子育て支援をしたり、悩み相談を受付けます。自宅や訪問による少人数制の家庭的保育というのに対し、保育士は施設内での集団保育となるため、保育士はかなりハードルが高い上に、保育士自身の負担も一人辺り大きくなる傾向がありますが、チャイルドマインダーは、労働時間を短時間から長時間までと自分で設定可能、保育士は基本的に一日8時間が原則の上に、0歳児で3人まで、1~2歳児で6人、3歳児で20人・4歳児は30人までという縛りがなく、自由度が高いのが魅力です。

チャイルドマインダー資格取得のメリット

チャイルドマインダーの資格は知名度が低く扱っている所も少ないというのが現状ですが、この度、国の方針が大きく変わり、認可保育施設以外の施設拡充に力を入れています。特に、民間の住宅を改造して、一時期保護する、民間学童施設なども増えてきており、その中では、実際にチャイルドマインダー資格所有者が活躍している例も少なくありません。

チャイルドマインダーの仕事について

保護者の方のニーズに合わせて、個別世帯訪問による保育や自宅での少人数制の保育が必要となってくるケースも、今後は増えることが知識人から予想されています。介護と子育て環境は、日進月歩で、公的な支援から民間への拡大が急務となっています。こうした、変わりゆく子育て環境に合わせて、チャイルドマインダーの資格を得ておくことは、将来の仕事を得るためにも決して無駄ではありません。

児童心理司

児童心理司資格とは

専門的には、「児童相談所において心理学の専門的学識に基づく心理判定業務に携わる職員」を指すのが児童心理司です。児童福祉法第12条に基づいて、児童相談所に配置されている心理分野の専門職員のことで、。療育手帳交付にあたっての心理判定業務をはじめ、子供とその家族の相談に応じ、診断面接、心理検査、観察により対象者の状況を評価を行います。その評価を基に、対応した心理療法やカウンセリング、助言指導などを行うのが主な児童心理司の業務となります。児童福祉司や精神科医と連携しながら、一時保護されている子供に対して心理療法を実施するほか、心理面の支援方針の策定にも取り組む、近年、大変役割が大きな仕事です。厚生労働省の児童相談所運営指針の改正により、2005年度(平成17)から、心理判定員の名称変更で誕生した、新しい資格となります。

児童心理司資格取得のメリット

現在の 児童相談所運営指針では、児童心理司とは別に心理療法担当職員を置くことが求められているのですが、現在多くの仕事は児童心理司が兼務する事が増えています。児童相談所とは、児童福祉法第12条に基づき、各都道府県に設けられた児童福祉の専門機関で、市町村と適切な役割分担・連携を図りつつ、子どもに関する家庭その他からの相談に応じ、子どもの悩みから子育て世代の悩み、児童虐待の相談や子どもの置かれた環境の状況等を的確に捉え、個々の子どもや家庭に最も効果的な援助を行うという事を目的とした専用施設です。18歳未満の子供に関する相談を全般的に受け付けているため、現在最もその役割が重視されている職業の一つでもあります。

児童心理司資格の仕事について

児童相談所に勤務しているため、児童心理司は、発達検査などや保護者や幼稚園の担任、ケースワーカーなど、相談者に対して検査結果を説明するなど、保護者に対してその子の特性を説明し、日常生活の中でどうやってサポートしていけば良いかを提案したりと、業務はその施設で中心的な役割を担います。臨床心理士の機能だけ果たすだけではなく、現在はソーシャルワーカー的な役割も担うことも多くなっています。

育児セラピスト

育児セラピストとは

発達心理学に基づく知識を学び「育児の専門家」として子育てに悩む一般家庭に対して、ベビーマッサージをはじめとする日常の子育ての中での、子供と親の関係を正しく導くセラピストが、育児セラピストです。セラピストとは、心理療法を応用して、医師だけではなく、理学療法士や鍼灸師、柔道整復師といった専門職の中でも、アロマセラピーやリフレクソロジー等の施術などをマスターした人が増えているように、医学的見地以外からの精神的ケアを専門とした職業のことです。

育児セラピスト資格取得のメリット

育児の経験さえ有していれば、ある程度誰でも資格所得のハードルは低いというのが魅力の資格です。様々な専門通信講座も増えており、自宅で好きな時間に必要な知識を得て、受験を通して資格を得ることが出来ます。

育児セラピスト資格の仕事について

個人を初め、様々な幼児教育、保護施設でその資格を活用して、子育て世代の支援が出来ます。
子供心理学資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  子供心理学資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら

子供心理学・チャイルド心理資格の学校について

最も良いのは、チャイルドカウンセラー&家族療法カウンセラーなど、複数の資格を所得できる専門学校で受講することです。通信教育や通信講座もインターネット中心に多くのサービスが提供されています。基本は筆記試験なので、受講はそれほど負担の多いものではありません。

子供心理学・チャイルド心理資格の試験難易度

ほとんどの場合は、専門の教育・通信講座を受講し、全カリキュラムを終修了した時点で、検定試験や認定試験を受けられるようになっています。資格認定団体指定の認定制度が一般的なため、通信教育で自宅で受験できるのも魅力です。

子供心理学・チャイルド心理資格の給料・年収
企業内で働くカウンセラーの平均年収は、一般的に400万円前後といわれています。年収を上げるには、子供心理学・チャイルド心理などの資格の他に、児童心理司資格や、その施設や教育機関で必要とされる別途、他の資格も有する必要があるでしょう。

子供心理学・チャイルド心理資格取得後は

義務教育機関とは別の、民間の子供向け施設などで、ケースワーカー兼務や、子育てに問題を抱える親子の良き理解者、支援者として、相談やサポートを行う事ができます。全国的に児童相談所や保育施設の人員は欠員が目立っており、更にはそうした職員ではカバーしきれない、子育ての悩みに対して対応できるスキルとなるため、これから活躍の場は確実に広がることは間違いありません。
子供心理学資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座はこちら  子供心理学資格を取得できるSARAスクール通信講座はこちら