音楽療法士

音楽療法士とは・主な仕事内容

音楽療法を専門に扱う人のことを音楽療法士。音楽療法とは、音楽を聴いたり演奏したりする際の生理的・心理的・社会的な効果を応用しており、音楽を意図的に且つ計画的に使用する事で、心身の障害の回復・生活の向上・行動の変容など、病状の回復を促します。

音楽療法士は、福祉の現場や医療機関などが活躍の場になる事が多く、認知症を患っている高齢者の方、精神病を患っている方、交通事故などで脳に後遺症をもっている方、脳性まひなど、『脳』への疾患を抱えている患者さんなどに施術を施す事が多い。

仕事内容としては、音楽を通じて患者の状況や症状に合わせて、音楽を聞かすことによって聴力や脳の活性化を促し、歌を歌うことで肺活量を増やしたり言葉を知る機会を促し、音楽に合わせて体を動かすことで体力の増強を促し、楽器を演奏したりすることで手や指の活動や目と手を連動させるなどのプログラムを組んだり補助をします。

音楽療法士は患者一人一人に対し、患者が患っている症状に応じて、音楽特有のテンポやリズムなどの要素を含んだ音楽を計画的・意図的に取り入れる事で精神的・肉体的なリハビリの支援を行います。

音楽療法士の働く業界

音楽療法士は福祉関係、医療機関などで募集がありますが、募集人数はごく僅かでしかなく、音楽療法士の資格を取得しても音楽療法士として常勤で勤務するのは困難な状況でもあります。

  • 介護老人福祉施設(老人ホームなど)
  • リハビリセンター
  • 医療機関(精神科、障害児・者福祉施設)
  • 個人経営のクリニック

音楽療法士になるには

音楽療法士を目指す為には、音楽療法士としての様々な知識やテクニックを習得する必要があり、日本音楽療法学会が定める専門学校、及び大学を卒業し、音楽療法士の資格を取得す福祉施設や医療機関への就職を目指すのが一般的です。

音楽療法士の給料

  • 就業時間:160時間 ※就業場所による
  • 平均給与:20万円~22万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)5:(女性)5

音楽療法士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

音楽療法士として働く際には、日本音楽療法学会が定める音楽療法士の資格が必要となります。その為、日本音楽療法学会が定める専門学校や大学を卒業し、資格を取得しなければなりません。

音楽療法士への近道アドバイス

音楽療法士になりたいなら、日本音楽療法学会が定める専門学校や大学へ入学し音楽療法士の資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の音楽療法士資格ランキング!!

  1. メンタル心理ミュージックアドバイザー 日本アロマメディカル心理セラピー協会
  2. 音楽療法インストラクター認定試験 日本インストラクター協会
  3. 音楽療法士 日本音楽療法学会

音楽療法  音楽療法

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

話題をチェック!

  1. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  2. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  3. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  4. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
  6. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術資格人気ランキング

    西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要…
  7. キャンドル

    キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

    キャンドル作りは、アロマなどの香りや癒しに興味のある人、物作りが好きな人に人気があります。最…
ページ上部へ戻る