西洋料理ソムリエ資格とは?

イタリア料理やフランス料理が好きな方なら誰でも挑戦できる西洋料理ソムリエ資格|取得方法について徹底解説

西洋料理とは、フランス料理・イタリア料理・スペイン料理などの欧米諸国の料理で、日本で人気が高い料理のカテゴリーです。

パスタ・ハンバーグ・シチュー・オムライスのように、外食時に選ばれるだけではなく、家庭で日常的に作られている料理も数多くあります。

西洋料理ソムリエは、西洋料理に関する知識スキルの獲得により、西洋料理の知識と技術の指導を可能にする資格です。

ここでは西洋料理ソムリエ資格について、資格を活用できる職業や、資格の取得方法を紹介します。

西洋料理ソムリエとは

西洋料理ソムリエとは、西洋料理を作る際に使用する肉・魚・野菜・乳製品・ハーブなどの食材に関する知識を保有し、食材に合った調理ができる方へ認定される資格です。

様々な西洋料理のレシピはもちろん、ブイヨンやソースの作り方、洋食のマナーに対する知識を証明できます。

西洋料理ソムリエが活用できる職業

西洋料理ソムリエが活用できる職業

西洋料理ソムリエの知識は、料理教室の講師や食品関係の会社など、西洋の食文化に関わる業界全体で需要があるスキルです。

ここでは、資格取得後に活用できる職業について紹介していきます。

カルチャースクールや自宅の料理教室の講師

西洋料理ソムリエ資格の取得により、西洋料理の調理法を指導出来るようになるため、カルチャースクールの講師や自宅での副業を始められます。

講師は自宅やカルチャースクールで開催する料理教室の他、オンライン指導や動画を使った発信など、活躍できる範囲が広い仕事です。

食品関係の会社における商品開発などの仕事

西洋料理ソムリエ資格は履歴書や自己プロフィールに記載できるため、就職活動をサポートしてくれます。

専門的な分野に特化した料理の知識を証明する資格は、個人の市場価値を高めるため、食品会社での商品開発職の獲得に役立ちます。

西洋料理のお店やホテルなどの従業員

西洋料理ソムリエの知識を活用し、食材を活かした調理法を用いたメニューの提供や、メニューに対する知的好奇心を満たす説明が可能です。

顧客満足度を上げる接客スキルの高い従業員は、経営者から認められ、店長や管理職への出世の機会に恵まれるでしょう。

西洋料理ソムリエを取得する方法

西洋料理ソムリエ資格を取得するには、資格を発行する協会が行う試験を受験して合格するか、協会より公式認定された特別講座を利用するかのいずれかとなります。

以下は、日本インストラクター技術協会(JIA)が行う西洋料理ソムリエ資格検定試験の内容です。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法公式サイトの受験申込みページから申込み

西洋料理ソムリエ資格試験は、インターネットから申し込み在宅で受験可能です。

調理師免許の受験と異なり、調理の実務経験は問われないため誰でも受けられます

試験日程は、1ヶ月前に申し込んだ後、翌月の月末が試験期間となります。

西洋料理ソムリエの学習方法は、西洋料理に関する書籍で独学する方法や、料理教室に参加して学習するなど、各自で決められます。

西洋料理ソムリエ資格試験に対応した通信講座は、資格取得に直結した内容であるため、効率的で無駄のない学習が可能です。

「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」の資格取得講座は、協会認定カリキュラムとなっています。

「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」に用意されている特別講座は、講座受講後卒業課題の提出で試験免除で資格が取得できる講座です。

西洋料理ソムリエ

西洋料理ソムリエを取得できる通信講座

西洋料理ソムリエを取得できる通信講座

西洋料理ソムリエを取得できる通信講座は、「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」の2つです。

2つの通信講座には、それぞれ資格試験の出題範囲を学べる基本講座と、試験免除を受けられるスペシャル講座があります。

ここでは、2つの通信講座の受講料などを紹介していきます。

洋食ソムリエW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「洋食ソムリエW資格取得講座」では、西洋料理ソムリエ資格試験に適した教材が用意されています。

基本講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格西洋料理ソムリエ
洋食ソムリエ
受講料59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

「洋食ソムリエW資格取得講座」の基本講座は、費用を抑えながら西洋料理ソムリエ資格取得に向けて学習したい方に適しています。

過去の試験を参考にした対策問題や専門スタッフによる添削など、充実したカリキュラムで、毎年多くの資格試験合格者を出しています。

一方、スペシャル講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格西洋料理ソムリエ
洋食ソムリエ
受講料79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

試験免除を受けられるスペシャル講座は、基本講座の内容に加えて、卒業課題の提出が必要です。

卒業課題の提出で、「西洋料理ソムリエ資格」に加えて、「洋食ソムリエ資格」も取得できます。

受講料は基本講座よりも高い設定ですが、確実に2つの資格取得が可能な講座です。

洋食ソムリエW資格取得講座

洋食資格取得講座 | SARAスクールジャパン

西洋料理ソムリエ資格の試験に適した教材は、SARAスクールジャパンの「洋食基本コース」の中に揃っています。

基本コースの内容は以下の通りです。

対象となる資格西洋料理ソムリエ
洋食ソムリエ
受講料59,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

SARAスクールジャパンの洋食基本コースも、初心者でも分かりやすい内容の通信講座です。

学習中に分からない点があった場合に無制限で質問ができるなど、試験の合格に向けて安心して学べるシステムになっています。

一方、プラチナコースの内容は以下の通りです。

対象となる資格西洋料理ソムリエ
洋食ソムリエ
受講料79,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

プラチナコースを受講し、家にいながら課題を提出するだけで、卒業時に西洋料理ソムリエと洋食ソムリエの2つの資格が認定されます。

受講期間は最短2ヶ月で、卒業課題にもすぐに挑戦できるため、資格検定試験の日程を待たずに資格取得できる人気のコースです。

洋食資格取得講座

同時取得できる洋食ソムリエとは

2つの特別講座で西洋料理ソムリエ資格と同時取得可能な洋食ソムリエ資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が発行している資格です。

洋食ソムリエ資格は、日本での洋食の歴史・洋食で使用する食材・道具・調味料などの基礎知識からレシピまで、洋食に関する幅広い知識を証明できます。

2つの資格の同時取得で知識の幅が広がるため、欧米の料理が大好きな方にはふさわしいといえるでしょう。

洋食ソムリエ

西洋料理ソムリエ資格の取得で変わる存在価値

西洋料理ソムリエ資格取得は、西洋料理の講師や食品会社の商品開発担当など、西洋料理に関わる業界への就職を目指している方が活用できる資格です。

また資格取得の過程で得た知識や経験により、家族や友人にふるまう手料理のレベルが上がり、料理上手と称賛される機会も増えるでしょう。

西洋料理ソムリエ資格や資格の取得に向けた通信講座に興味をもたれた方は、資格を発行する協会や協会が認定する通信講座のサイトにて詳細をご覧ください。